24vトラックのバッテリー接続方法と充電方法|2つのやり方

う~寒くなってきましたね~^^;

24Vトラックのバッテリーが弱くなってきた。

ディーゼルのトラックは出だしにパワー使うので寒い日は充電満タンでありたいものです。

仕事で必要なのに毎朝のあの不安はいや~なものですね。。。

という事でバッテリー充電しましたが、国産の24Vバッテリーの充電方法と接続方法は2種類あります。

  1. 24v充電器で充電する場合
  2. 12v充電器で充電する場合

の2つです。

スポンサーリンク

24vトラックに「24v充電器」で充電する接続方法と充電方法

24v車には24v用の充電器があるとかなり「楽」です。

なぜなら普通の車と同じようにプラスとマイナスを繋いでスイッチポンするだけだからです。

但しバッテリーには直列と並列があります。

まずは確認しましょう。(ま~24vの時点で全て直列なんですが)

こうなってますね。プラスとマイナスが繋がっている、つまり直列です。

並列の場合はプラスとプラス、マイナスとマイナスが繋がってます。

  • 並列で12vのまま容量を大きくするやり方(一部パジェロなど)。
  • 直列で24vで使用しているやり方があります(トラック等全般)。

ま~ほぼ全車直列が普通なのですが、バッテリーのつなぎ方はこうなります。

※12Vバッテリーですが直列なので2つを1つと判断して24Vとみます。

よって24v用バッテリー充電器で(プラス)と(マイナス)をつないでスイッチon。

この充電器は12v24v自動判別、全自動。これで勝手に満タンになるので完了です。

誰でもできる簡単です★

過充電防止最適化機能付きつなぎっぱOKです^^

スポンサーリンク

24vトラックに「12v充電器」で充電する接続方法と充電方法

ちょっと面倒になります。そして時間もかかります。

しかし一般の人は12v用の充電器しか持ってない人も多いので説明します。

てか、24v用の充電器買いましょう(笑)

方法は12vバッテリーが2つ直列でつないでいるのでまずは繋いでいる直列端子を外します。

かなりめんどくさいですが、ショート暴発しないように必ずしましょう。

まずはここ3か所を外します。

そしてバッテリーは2個あるので一個づつ充電します。

まずは左側バッテリーを12v充電器で充電します。

次に右側バッテリーを12v充電器で充電します。

自動判別でこのつなぎ方だと12vが点滅します。

端子同士も近くあるのでワニクリップが接触したりしないようにも注意が必要で、なんにせよ時間も倍かかるのと手間がかかります。

冬場だけは毎週充電したいとかあるかもしれませんが面倒で出来ませんね^^;

もう一つの理由は、12v単体の場合はフロートパルス充電器などの方が良いです。

24v用のバッテリー充電器はたいてい12vも出来るのがほとんどでお得に感じますが、12vと24v兼用のものは15Aとかの電流を流すので12vバッテリー充電にはそこそこのバッテリー痛みは生じます。

 

なので安全と利便性と寿命を考慮したうえでも、24v車両には24用バッテリーを使用した方が良いです。

12v車にはフロート充電器が良いです。(これは間違いない。)

超便利!一家に一台フロート式バッテリー充電器

しか~しこんな2つを一個づつ充電なんて面倒なことしなくてもつなぎっぱなOKの24vバッテリー充電器があれば関係ありません(笑)

トラック持ちや業者さんなら必ず持ってますが一つは持っておきましょう。

 

フロートパルス式では全メーカーワニクリップのみです。

端子をつなぐだけのタイプは「24v」には全てのメーカー存在しません。

こういうやつです↓(便利ですがどのメーカーも24vには存在なし)

毎回ワニクリップが面倒ですがしょうがない。

そもそも正規の充電方法は車から外して12vで一つづつするのがメーカー推奨の正規の充電方法なのだからです。

なのでこの商品はコード関係も収納出来て急速セル充電もできるのでおススメです。

冬のバッテリー対策は万全に!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です