amazon出店vsヤフオク出店|個人出店者目線ならどっちを選ぶ

これから出店したい人、すでに商品を持っている人や、せどり、転売、中古品の販売など、いち個人が出店したい場合メリットはamazon?ヤフオク?

を解決します。

企業になり商品が多い場合は楽天やyahooショップなどもでてきますが、楽天は基本出品者泣かせの会社です。

あくまで今回は個人。かつ出品者目線。

この場合、新参のメルカリなども候補に出てきますがまずはどう考えても王道サイトの2つです。

AMAZONヤフオクです。

 

自分の出品したい商品と照らし合わせてみて下さい。

 

なぜこの2つか。

「手数料比較?手間?規模の大きさ?」

どれも合ってますがちょっと違います。

書いて見ます、その理由。

しかし楽天は出品負担がでかく、商品到着にも時間がかかるため、(出品者目線でも消費者目線でも)amazonにどんどん売上差がひらかれていてます。2017年10月現在。

楽天は頑張らないとポイント重視の客だけになりつつあります。

スポンサーリンク

自分の出品したいものを決める

まずは何にせよ自分の商品は何ですか。

自社製品ですか? 他社製品転売? それともレアもの?

ひろぱぱは他社製品転売です。

そして商品は多数商品?、10品以内?、1点もの?

ひろぱぱは1商品の中利益多売商品です。

 

このような感じで作り上げていきます。

 

次に消費者動向を調べる

ECサイトには向き不向きがあります。

例えば中古アパレルだけならメルカリ(ヤフオクで代用可なので省略)。

■中古品や1点レアもの、一点高額商品ならヤフオク。

■多種、多数、薄利多売商品ならamazon。

この法則は鉄板です。

消費者は安く安くを求めるので全サイト比較しますよね。

楽天、amazon、ヤフオクと順繰り順繰りと。

ただし楽天は出品者側泣かせの為無視。

出品料を調べてみて下さい(笑)。企業向けです。

次にamazon。

そして無ければヤフオク。

という流れがネットショッピングの現在の流れと動向です。

で、

消費者は最終的に送料を見て楽天かamazonかヤフオクに決定します。

yahooショッピングは出品者にはとても良いのですが集客が弱いです。楽天とamazonには到底勝てません。

なのでyahooショッピングとメルカリはアパレル以外はひとまず効率が落ちるので削除です。

楽天も出品者の高額負担により削除。

消去法で実際にamazonとヤフオクだけが残るんです。

そうなっているんです(笑)

 

ここで自分の消品を当てはめます。

ひろぱぱは新品商品転売の中利益商品なので中間なんですよね。どっちにも当てはまります。

つまり薄利多売でもなければ超高額商品でもないかつ、消耗品ですがそんなに減らない。

スポンサーリンク

Amazon・ヤフオクのECサイトの手数料および料金体制と仕組みを調査

これも大事なことですよね。

ヤフオク:ヤフープレミアムの月496円、販売額の5%の手数料、送料を相手持ちかこちらかに指定できる。

付加サービス:特になし、クレジット代行。

手間:質問には答える、個人間やり取りが必要(個人)、返品クレームがあった時の問題対策。受注、発送、発送連絡。評価作業。

感想:お金がかからない分めんどうが多い、なので高額商品などはメリットがある。

 

amazon:出店料の月5000円+手数料7~20%(商品による)などをとられる。

付加サービス、FBA(あらかじめ商品をamazonに置けて、発送もしてくれる)、クレジット代行。

手間:FBAを使わない場合は受注と発送のみ。FBAを使う場合出品のみ。

感想:とにかくネット出品が楽。が、とにかくお金がかかる。

 

ま~どちらもきちんと把握しておくことはとても大事です。

 

まとめ:けっきょく個人がamazonとヤフオクどっちで出店?

答えはどっちも参加です。

これは2つ理由があります。

1・amazonとヤフオクは競合しない。

出店サイド目線でamazonと競合するのは楽天です。

消費者目線で顧客動向より先にamazonを見た後、ヤフオクを検索するのが現在の消費者ですが、送料の関係でレアもの以外amazonの方が消費者にとって安くなりやすいのでamazonで買います。

なのでamazonでこぼれた人をヤフオクで拾う程度の感覚でOKです。楽天にポイント重視の人にお客を持っていかれたらこれはしょうがないレベルです。

消費者も手間が省けて、早く商品を手に入れる方法を取る傾向が出てきている。のでamazonがやはり有利なんです。

 

2・ヤフオクはヤフープレミアムだけが固定経費

つまり固定経費負担が極端に少ないんです。

amazonを出店するなら、どうせならヤフオクも出してた方が良いという事です。

 

このように根本がどっちが安いからとかだけではなく、amazonは絶対必要なのでせっかくならお金のかからないヤフオクもという考え方がベストとなります。

私的にめちゃ分かりやすく書いたつもりですが分かりにくかったらすみません。

けど、商売目線の方であれば伝わると思っております^^

あなたに繁盛あれ!

では。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です