ダイソンハンディDC62 VS 東芝 トルネオ V VC-CL1300|使い勝手ならどっち買う?

何だかライバルのようですね。

2017,10月現在はダイソン社はEV自動車市場へ2020年までに資本30億投入して参入と発表のノリノリ企業。

一方東芝は粉飾に重ねて粉飾。終わってますね。。。

ただしこれは投資の世界の話。

 

この前2階用にトルネオVコードレスを購入したのでダイソンDC62と比較してみます。

結論だけ言うとダイソンDC62の方が正直圧勝です。

 

ま~ダイソンDC62は4年前くらいに買ったのでしょうか?

4年前のダイソンと最新2017年のトルネオVコードレスではダイソンに分があります。

う~んもったいなかったけどトルネオも大事に使いますよもちろん。

 

ダイソンはバッテリーもヘタレずに一回も故障もせず、2017最新の東芝Vコードレスより使い勝手吸引力ともに勝ってますね~。

けどせっかくトルネオVコードレスVC-CL1300も購入したので2階専用にしてサブで大事に使いたいと思います。

今回は実家に持ってきてみたので(笑:暇か!)使い勝手をメインに書いてみようかと思います。

 

スポンサーリンク

 

ダイソンDC62とトルネオVコードレスの使いやすさ

私はどちらも嫌いではないですが、嫁さんも私も意見は一致でダイソンの方がだいぶ使いやすいです。

生活必需品の一部である掃除機。

コードレスハンディの売れ行きは年々増加をたどる一方究極を求めていく方向へとなっていくでしょう。

高級ハンディのパイオニアのダイソンの便利さは一度使うと止めれなくなります。

 

ダイソンDC62とトルネオVコードレスの吸引仕事率

ダイソン社は通常28WAでMAX時100WAと発表してますが、東芝は発表してません。

東芝が発表しない以上実際どちらも持っている私としては体感でダイソンの方がだいぶ吸引力があります。

持続力も強いですね。タンクとフィルタの形状と位置関係が関係しているかもしれません。

例えばコインなどを吸う場合はたいして違いが現れません。

が、畳の微細なごみやダニ、カーペットの隙間の吸引などの粉塵にたいしての吸引仕事率は100対10のレベルでダイソンが優れています。これはカップにたまるごみを見れば一目瞭然となります。

 

ダイソンDC62とトルネオVコードレスのハンディとしての使用感

ダイソンの別記事でも書きましたが、ダイソンの圧勝なんです。

何でですかね。これはトリガー式の良い所と重心に関係してると思います。

トルネオは腰より下の掃除は疲れません。

ボタンも一回押せば電源はついてますので。

一方ダイソンはトリガーの為指が疲れるという人がいますが慣れです。その分気軽さと小回りがなぜか優れているのでわざわざダイソン使っちゃうんですよね。

その為頭より上のエアコン、窓、あと腰下ですが車の中などはダイソンの圧勝でトルネオを使う気がしません(笑)。 せっかく買ったので使いたいのですが・・・

 

ダイソンDC62とトルネオVコードレスの重さ

ダイソンDC62は2.1kgの方が数字的には重いのですが持った感じはトルネオVコードレス1.9kgの方が重く感じます。

これは結構皆ブログなどで比較されてますがなぜだろう。

掃除機一つを真剣に考えてきた会社だからでしょうか。

どう考えてもダイソンの方が体感軽いし、疲れません。

これは皆さんそう思ってるようですね、重心の違いに理由があると思います。

ただし腰下で使用する一般的な床やカーペット部分には、たいして重さの体感は変わりません。

 

ダイソンDC62とトルネオVコードレスのスイッチ

ダイソンがトリガー式で、長時間掃除すると疲れるとありますが慣れます。

が、確かに5部屋とか一戸建てをすると疲れますね。

コードレスの弱点である細かくバッテリー節約はできます。

ダイソンは最新式はトリガースイッチ式で引きっぱなしができるようです。

一方トルネオはま~普通のボタンなので可もなく不可もなく。

長時間「床のみ」を掃除する分には疲れにくいです。

けどコードレスタイプは充電がもちませんから、長時間「床のみ掃除」ならコード式の方が良いという話になっちゃいます。

ダイソンはトリガーとMAXターボボタンのみのシンプル、トルネオはセーブモードや強など豊富です。

特にトルネオのごみセンサーのみは便利です。(安心感)

 

スポンサーリンク

 

ダイソンDC62とトルネオVコードレスの騒音

ダイソンはうるさい。トルネオは普通。

これに関してはダイソンが甲高い音でトルネオの方が音が低いため静かに聞こえます。

実騒音はトルネオの方が私はマシです。

ダイソンはCMで音を全く消すのはいただけませんでしたね。当初は話題になりたたかれていたものです。

 

ダイソンDC62とトルネオVコードレスのごみ捨て

もうここはとても大事。

正直ダイソン使うとトルネオ使う気が失せます。

コードレス自体紙パックのキャニスター式のようにごみをため込んで捨てるわけではないので簡単に捨てれることが非常に重要です。

ダイソンがワンタッチ式に対して、トルネオVコードレスが3段階です。

いちいち本体から外さないといけないのが難点です。

もう一つは、サイクロンの甘さがトルネオはあるのでフィルタの方も掃除が必要です。

この部分に関してはさすがダイソンという感じです。

特許がどうこうとかではなく実際にフィルタまでは超微細なホコリ程度しか到達しません。

トルネオVコードレスは普通に猫の毛まで最終フィルタに到達します。

なんじゃこりゃって感じです。排気は大丈夫かな?

ダイソン7万(当時)で高いなって思ってましたが、トルネオVコードレス(4万)の方がだいぶ高く感じます。

 

ダイソンのごみ捨て方法

ワンタッチ式です。

 

トルネオVコードレスのごみ捨て方法

3ステップです。

トルネオはサイクロンが甘いので分離がきちんとできません。

ダイソンのサイクロンと比較すると天と地の差です。

トルネオもパンフレットなどで見るとサイクロン凄いように書いてますけどね^^;

私のように分解する人には一撃で違いが判ります。

逆にダイソン凄いなとなります。(分解すれば一目瞭然です笑)

分解しなくとも実際使用して取れるごみの種類をみればダイソンの凄さとトルネオの甘さが判明します。

なのでフィルタ側にも普通に大きいごみがきますのでごみ捨て箇所とメンテ回数がダイソンより必ず多くなります。・・・なってます。

私のように気になる人は毎回なのでちょっと厳しいですね。最初サイクロン詐欺かと思いました^^;

 

ダイソンDC62とトルネオVコードレスの設置

ダイソンは専用台にかけるだけでワンアクションです。

トルネオは専用台に乗せて、コードを刺す必要があります。立てかけるだけで充電できる専用台も存在しません。

 

ダイソンが「パッ」ととって「サッ」と掃除して「パッ」と片付けれるのに対して、トルネオはコード式充電なので面倒です。

これ結構な大事なウェイトを占めていますよ。

 

ダイソンDC62とトルネオVコードレスのバッテリー

ダイソンは自分で取り換えができます。amazonなどで安く買えますので手軽に交換できますし2つもってマキタのコードレスのように連続使用を長くする人もいるようです。私は4年使ってますがなぜか一回も交換せずずっと使えてます(笑)

トルネオは寿命が8年とあります。交換はダイソンのように自分でできないのでカスタマーへ連絡して郵送か購入店での持ち込み修理のみです。購入からまだ8年たってないので良いですが気分的に好きではないですねこの囲い込みの感じの商売方法は。

基本的にバッテリーのリチウム電池の性能がダイソンの方がだいぶグレードが上です。

全くの余談ですが、ダイソンは3年以内にEV自動車業界へ行くので電池に関しては提携先との連携で東芝より先を走っています。あの日本電機メーカートップ東芝よりもです。

 

ダイソンDC62とトルネオVコードレスの充電時間

充電時間はダイソンが30分でトルネオが4時間。

使用時間はダイソンが26分、トルネオが25分(セーブモード)

なのでトルネオを使う場合きちんと計算する必要があります。

バッテリーを二つ買えて自分で交換できるダイソンはここは有利ですね。

トルネオはバッテリーも東芝が発表してませんのでとにかくカスタマーです。

ただし、掃除機を除外してバッテリー寿命目線のみでいうと、ゆっくり微電流で充電するほうがバッテリーに優しく長持ちします。

そんなダイソンは私は4年交換不要で故障無しですが(笑)

 

 

ダイソンハンディとトルネオVコードレス買うならどっち?

どっちも買った自分からいうとダイソンが約7万くらいでした2013年当時。

トルネオが約4万でした。2017年8月。

費用対効果と使いやすさを考えると私はダイソンをおすすめします。

音などのデメリットを差し引いてもお世辞にもトルネオは掃除機の機能としてはお薦め出来ません。

 

「ただしダイソン新型V8を8万出して買うのは費用対効果が合わないかな」と思います。

「DC62なら新品で4万」これはおすすめですね(コストパフォーマンス的に)

 

掃除機としての①吸引力用途、②めんどうの無さ、③手軽さ

をきちんとクリアしてます。

改善点として❶もっと静かに、❷もっと軽く、❸もっと長時間。

でしょうか。

 

どちらもメーカー屈指の掃除機ですのでどんどん進化していくでしょう。


 


で、私見ですが型落ちのDC62と最新のトルネオVコードレスなら私は絶対にDC62をお勧めします。

それはどっちも使えばわかります。

ダイソンV8の新品を8万や10万出して買うよりDC62を38000円で買うのは超お得と思ってます。

今はやりの型落ち見直し買いですね。^^

 

どちらも買ったので正直に言います。

トルネオ買ったのは後悔してます^^;汗

「型落ちのダイソンDC62の2台目を買えばよかったな」というのが私の本音です。

ですが、こればかりはネットだけじゃわからない実際使用してみないことにはですね。。。

 

では、「毎日の気軽に使用できる」快適なお掃除生活をお過ごしください。

 

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です