巨大投資出資法違反事件⑫|初裁判後

スポンサーリンク

2017年12/26日

の裁判後とかく変化はありません

内容は当然ですが書けませんのであしからず。

次回は口座の資金の流れと証人尋問のようなものがあるとの事です。

いまだ被害者たちの死にそうな状況は変わらず続いているという事です。

容疑者のうち2人は前後警備員に挟まれ、更に手錠を掛けられ奥の部屋からロープで繋がれた状態で出てきました。

一人は傍聴席のドアから入るという違和感ある形と座り方。

席順としては以下の通りです。

傍聴席には3人に騙された被害者たちがぞろぞろいました。

ざっと数えましたが立ち見踏まえて20人超してました。

裁判の部屋が小さい為立ち見の方もいましたが、記者・警察・被害者の方たちです。

流れとしては初回なのでおおざっぱには「本人確認→事実確認→友人証言→次回予定打合せ」で大方時間が来てしまいました。

事実関係の部分に関しては、大まか全て認めていましたが、一部否定部分有り。

容疑者①キョロキョロして時折首をかしげたりうなづいたりブツブツ言ってました。

容疑者②はうなだれてました。

容疑者③は背筋をピンと伸ばしてやり取りを聞いていました。

席順の理由などはさだかではありませんが主犯だからか、もしくは前科があるから危険とみなされているのか。

ちなみに裁判官の読み上げた容疑者たちの前科数はとんでもないものでした。

 

新たに知った前科真実でまた騙されてました。

本人たちの言っていた事と全然違うという。

そう、重ねて嘘つかれて騙されていました私たちは。

感想としては誰も反省してる感じには見えるわけでもなく俺も被害者だよ的態度というべきでしょうかね。(個人の感想)

国選弁護士は1名のみ他は私選弁護士です。

スポンサーリンク

次回の裁判日程

2018年2月9日10:15~12:00予定

今回来る事が出来なかった被害者たちは全員来ます。

仕事にも支障をきたすというどこまでも迷惑で皆さん当たり前ですが怒り心頭の状況でした。

今回の出資法事件とは関係ない人達からの問い合わせ状況

納得です。

前科の数を聞いてそりゃそうかと納得しました。

テレビを見てたら知ったとか、だいぶ昔に騙された人達も定期的にネットなどで調べていたそうです。

ほとんどの人が今回の容疑者からお金をだまし取られているという腐った内容ですね。

それにしても本当に反省しているのだろうか。

それを裁く所が裁判所ですのでたくしますが本当に公正・適正である事を祈ります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です