ランドローバーディフェンダーの魅力|外観編

ディフェンダーとベルファイヤーの購入で悩んでての記事を書いて結構な人がディフェンダーが良いよって話を前に書いた。

何なんでしょうねこの魅力。

男性にしかわからないと思ってたら女性受けも良かった。

ただ家族受けは、運転側でなく乗せられる側なので快適で車高が低く(乗り降り)、便利ならとの事(笑)

 

スポンサーリンク

 

そうなると1択じゃん(^^;)

今日は外観について書いてみようと思う。

ディフェンダーの外観は向こう40年間はマイナーチェンジしかしてない。

作り手側も20世紀に入りハイブリットが広がり、水素、電気自動車となるなか皆が未来に向かうんだぞ~って時に当然デザインも未来化を想定して作る。

ディフェンダーはそれを停滞している。

つまり40年前から完成されたスクウェアデザインらしい。

ちょっとわかる気がする。

世界にはコアなファンがかなりいて内装の改造や外観の改造などのブログも多数ある。

別に岩山登ったり、湖を横断するつもりはない。

欲しいものは欲しい。

 

トヨタは10先を見据えたデザインを作り時代遅れにならないように作っていると聞いたことがあるだろうか?

確かに日産や三菱なんかと比べるとそうだな~って思う。

なかなか目が目移りしにくい。世界のトヨタの一つの魅力だろうね。

 

国産車はうわ~未来的でかっこいい~って思って買っても、どんなに新型がでても5年10年たてば良い車は町に溢れ出し100%古く感じる。

そうでないと車が売れない(売り続けれない)しメーカー側も計算して外装も作る。

下の写真は世界初のハイブリッド車プリウス。当時超未来的でかっこいいと・・・

prius

まずならない(笑)。私には当時から。

 

ディフェンダーはその辺りの小賢しさがないから周りが未来化していけば行くほど、どんどん目立ちかっこよくなって魅力的になっていく。

ちなみに2016年をもって今の形を終了し2018年からはメジャーチェンジをいよいよ入れていくらしい。

同社のフリーランダーちっくだった。

こうなると魅力はないので馬車のような品格のある形のがほしいのだ。↓(中期)defender

 

やっぱり外観の心を掴むレベルが違う。

これはあくまで外観編なので機能、内観、故障率、燃費などはさておきの話。

気になった四駆の初期系→新型の変形を見てみたが、ランクルかディフェンダーしか惹かれない。

メガクルーザー(初期ハマー)は楽しそうだけどハマーの時点で品のなさが少し滲む。(かっこいいけどね)

 

スポンサーリンク

 

ランドローバー ディフェンダー
defender-1
defender-3

 

 

ベンツGクラス ゲレンデヴァーゲン
gclass
gclass2

 

ハマー
hummer
hummer2

 

ランドクルーザー
landcluse
landcluse2

 

パジェロ
pajyero

 

メガクルーザー
mega

世界のランクルと言わしめたのはこの方の後だが、アフリカや世界各国で救急車や緊急車両に多様されているのはトヨタのランドクルーザーと、ランドローバー車のディフェンダー。

軍等に強いのがハマー、ディフェンダー。(自衛隊でよく見るのはメガクルーザー)

つまり必要最小限装備かつ絶対的実力の持ち主なのだ。

あ~魅力的。

 

もちろんデザインは好みなので外観ではって話であるけど採用実績はトータルでは無視できない。

多分だけどコアファンが多いのは写真のトヨタランクル40とディフェンダー。

ミーハーと軟派が多いのがハマーメッキジャキジャキ仕様とベンツGクラス。

優しいお父さん臭が強いかなパジェロ!?最近みないけどサイズ小さくしてパジェロミニとイオは日本では絶大な人気を誇った(事もある)。

正直ハマーもノーマルはかっこよかったけど金持ちに見せたがり仕様が広がってしまったので家族で乗ってると恥ずかしいw。

 

多分ディフェンダー好きはスクウェアが好きなのでベンツのGクラスとランクルの70系辺りと迷うのかな?

どれに惹かれます?

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です