多ボタンマウスを比較。M-DUX70BKゲーミングマウスを購入!|決め手は多ボタン、大き目、横スクロールホイール♪

スポンサーリンク

参考記事:高級M-DUX70BKゲーミングマウスで超快適便利に仕事効率3倍速へ♪|神マウスに割当設定

 

最近マウスがチャタリング発生して調子が悪くなってきたので買い替えを検討しました。
今まではロジクール 「Logicool MX2100sGR」を使用してました。

ちょうど2年で壊れました。

これは悪くはなかったです。

ロジクールの最高峰マウスとして君臨するマウスですがかなり精度が高く使いやすかったですが、頻繁にチャタリングでバグ発生。

費用対効果が悪すぎて13000円だして2年か><ウ~ン

というのはあります。

マウスというのは最初どんなに使いにくくても1か月で慣れます。

なので2年で壊れると正直・・・困ります(笑)

思えば昔の何でもないマウスは壊れにくかったですよね。

最近のマウスはマクロや無線など機能が良すぎて本当に良く壊れる。

いかにシンプル壊れにくくて、便利かを追求すると結論がでます。

あとはMXは平べったい仕様の為、指が腱鞘炎になりかけました。

 

たいだい指が痛くなるのは小さいタイプですが、今回は大き目の、多ボタンマウスで探そうと思ってました。

傾向としてパソコンを長時間する人、腱鞘炎予防や、手首が痛い人、大抵マウスが小さめです。

なのでエルゴノミクス系マウスは大きいのしかありません。↓こういうの。

小さいマウスのメリット:精細、絵を描くなどに向いている。

大きいマウスのメリット:細かいのが苦手だが疲れない。

と、おおざっぱな目安があります。

 

と前置きはさておき今回注文したのはこれ★

 

結果としてはLogicool MX2100sGRよりもオススメ度600%マジです★

パソコンライフのスピードが倍速になります!

エクセルの処理が3倍速になります!

腱鞘炎になりにくくなります!

親指も動かせるので人差し指の負担がかなり軽減します!

 

 

多ボタンマウスの決め方

まずは目安が必要ですので自分の悩みを決めてそれに見合うものを探します。

ひろしぱぱは一つしかなかったので簡単でした^^

 

条件は以下の通り。

  1. 大き目(腱鞘炎、手首予防)
  2. 多ボタンで最低8個
  3. スクロールが2つ(ロジクールMXが便利だった為)
  4. 有線(調べるとチャタリング発生率が少ない、壊れにくいというデータ有り)
  5. クリックが軽め(抑え込む力が軽い方が疲れない)
  6. コストパフォーマンス(実はこれは壊れにくいならそんな気にしない)
  7. マクロ不要(シンプルでとにかく壊れにくい事)

と大事なところはこんな感じです。

 

 

今回はMXが壊れたので重視せざるを得ない点として

シンプル単純で壊れにくい!!

これかなり大事な条件として入れます。

慣れてから壊れるのはもう勘弁して”(-“”-)”

 

 

早速絞り込み開始

1.大きいはクリア。ボタンを詰めているので、多ボタンマウスは全部大きいです。

2.最低8つ以上これも8個より少ない方が見つかりませんでした。

3.スクロールが2つ。実はこれ、エレコムのM-DUX70BKしか存在しません。

4.有線。これは何故かほとんど有線でした。

5.クリックが軽め。購入前なのでレビューから判断するしかない。

6.コストパフォーマンス。基本多ボタンは高いですがエレコムは安い。

7.マクロ不要。これもほとんど使えますがM-DUX70BKは使えません。

 

スポンサーリンク

 

多ボタンマウスの絞り込み結果

色々絞り込みする間もなく上記条件の多ボタンマウスは実は一つしかありません。

上記項目で言うところの

3.スクロールが2つ(ロジクールMXが便利だった為)

というところです。

これ(横スクロールホイール)のめちゃくちゃ便利さはロジクールのMXを使ってたのでいやというほど理解してます★

ただ調べに調べ上げて最後まであがいて最終候補に来たのがこの2つ。

 

ロジクールG600

細かい説明はググればよいので除いて、18固のボタンとGボタンによる拡張性。

Gボタンにより無限の拡張性が楽しめますが、「ボタンが固い」「壊れやすい」というレビューが多いのがあり過ぎて無理でした。

マクロ機能が付いているが故複雑化が災いとなっているのでしょうか。

ロジクールブランドというのもあって多ボタンマウスでは一番売れていると思います。

特にシフトになるGボタン(薬ゆびで押す部分)が重すぎるとのレビューがあり過ぎ。

ブランドイメージが強いですが評価も二分されてる感じで、決定打の横スクロールホイールがありません。

親指部分に詰めすぎていて使いにくいという声も多数ありました。(分散されてないと覚えれないとの事)

特に3段という奇数が良くない。マウスは大抵「進む」があれば「戻る」と前後か上下に設定するとの事。

G600は3段の為ボタン余りが発生します。

これ実はとても大事で親指ボタンが「偶数×偶数」である事が大事です。

 

 

M-DUX70BK

ブランド力は弱いけどシンプルで壊れにくさに定評のエレコム製です。

レビュー段階ではマクロがないのが残念という声が多数。

ひろしぱぱはマクロはむしろ設定しないので、壊れにくく、かつ無い方が良かったので助かります。

もう一つは左クリックが固いというレビューが何個かありましたが、ほとんど絶賛レビューでした。

が、その後慣れましたというレビューもまたほとんどで結局かなり高評価のマウスです。(私含め)

なので私的には欠点は左クリックの固さ一つしかない。これは実は裏技でクリックを軽くするやり方があったので試してみます(笑:分解するので補償利かなくなります。自己責任)

 

 

多ボタンマウスの決定版はこれ!き・・決まった★

M-DUX70BKで決まりました。

同じエレコム製で下位グレードにマクロの使えるのもありますがかなり重要な横スクロールホイールがありません。

あと下位グレードはサイズがだいぶ小さくなるので却下。

マクロは全く不要なので最上位グレードのM-DUX70BKで決定となりました!!

なんと客観レビューの高評価なことと思ってましたが使ってΣ(・ω・ノ)ノ!びっくり!

これは良いというか良すぎる><!スバラシイ

開発者に拍手ものでした^0^

なんとこの値段(笑)

まじでオススメ度★★★★★★★星7つ♪

 

当たり前ですが、

「普通のマウスには絶対戻れません」苦笑!

 

次回にでも、設定方法と割り当てが決まったので記事にしてみますね^0^

 

仕事での使用もゲーミングマウスを強くお勧めします♪

 

正直ゲームより仕事に役立ちます(笑)

 

快適なデジタルライフを^0^/

 

では。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です