車用空気清浄機はこれ一択|パワープラズマクラスターPFDNX-B

スポンサーリンク

車用の空気清浄機、花粉除去機といえばこれ一択です。

はい、最高級の王様です。

当然効果も抜群で、マニアックな一品ですがファミリーカーの方や大き目の方にとても良いんですよ。

とりあえずこんな感じでボクシーにしてますがたったの8分で空気清浄完了およびプラズマクラスター粒子充満となるそうです★

ハイエースやボクシー、ノア、ベルファイヤー、などファミリーボックスなどに最適です。

超パワフルで冬は寒いので切りますが(笑)

抜群のウィルス除去率を誇るプラズマクラスターとデンソーの共同開発です。

これはデンソー主体でシャープが販売ではない特別商品です。

正直店頭では私は一回も見た事有りません。

もしかしたらネットのみの販売なのかもしれませんね。

 

もう8年目でしょうか??

本当に長い事お世話になってます。

今回フィルターを純正からもっと安く、費用対効果の高いフィルタレットプレミアムの脱臭タイプに変更してみました。

 

 

デンソー 車載用空気清浄機 PFDNX-Bのパワー

相当なパワーですがフィルタ能力を更に素晴らしい性能に改造出来ました。

パワーは「弱」「標準」「強」の3段階に出来ます。私は弱でずっと回してます。まだプラズマイオン発生器が生きてます。(一度も交換してません。スゴイ)

そもそも1日8時間使用して6年持つプラズマ発生器を搭載してます。

こいつは本当に高性能な車用空気清浄機ですよ。

タバコ吸う人と喘息、花粉症の人は必須と思います。

 

まず純正フィルターで花粉やたばこのにおいや靴の匂いなどを取ります。

プラズマクラスター同時発生なのでウィルス系も分解します。

デンソーでは水分子コートによりフェイスケアにもなるとの発表もあります。

純正のフィルターでは0.3~2.5マイクロメートルの粒子をキャッチします。

ただし、ちょっと純正フィルターの性能が値段の割に貧弱です。


これを更にグレードの高い空気清浄機に改造します。

下記の方法でフィルタレットを使用すれば花粉除去タイプといわずウィルス粒子レベルまで余裕で吸着できます。

かつ、脱臭機能付きなので完璧な空気清浄機になります。

 

 

デンソー 車載用空気清浄機 PFDNX-Bのフィルター改造方法

これは誰でも出来る超簡単です。

後ろ蓋を開けて取り換えるだけです。

ただ、専用フィルターが「3000円」するのですが、フィルタレット脱臭プレミアムなら性能もUPして1枚300円くらいです。

気兼ねなくガンガンきちんと交換出来ますよ^^

なのでまたまた大活躍してくれるのがダイソンDC62の排気フィルターにも使用しているフィルタレット。

このフィルタの凄さは排気の王様ダイソンページをご覧ください。

<こちら>
ダイソンDC62の臭い匂いを完全に消す方法|
裏技:空気清浄機HEPA脱臭フィルター装着

 

フィルターの位置

後ろがわの2つの爪を開けるだけです。

 

フィルタレットHEPAフィルターをカット

掃除機でしっかり埃などを取り去って、フィルターサイズにカットして乗せるだけです。

蓋をセットして完了です。

 

これにより吸気側から脱臭を行い、さらに0.1マイクロメートルもの粒子をキャッチします。

純正よりさらに3倍の性能にフィルターに改造できてかつ、安い!!

純正の1/3の値段で可能であり、他にもたくさん使いまわしできます★

 

車用空気清浄機の王様を更に最高の性能にグレードUPさせる方法でした。

 

ひろしぱぱ最強のフィルターがこれ。

この値段で勝てるフィルターはないでしょう。

脱臭プレミアムタイプはまだロール式が無く、丸かこの形となります。

 

 

脱臭が不要な場合はこちら

エアコンから掃除機から換気扇から吸気口やら何にでも使用できます。

給気口タイプはベストセラーです★が、ロールの方がだいぶお得ではあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です