株価目線の大統領選の日経平均株価|ヒラリークリントンvsドナルドトランプ

いよいよ本日8:00からどんどん開票される表上の世界一の権力者が決まります。

 

個人投資家目線からいくと、情勢的ニュースは株価目線だけをみるとまずはどうでも良い話で(それはニュースや他のブログにお任せ)とどのつまりどっちに動く?って話。

 

 

ただし、株で遊ぶな。日本の為に日本を下支えし、信用ではなく現物(長期上げのみ)で投資し、日本の未来をささえろよって言う人は一旦無視。きれいごとです。こういう人に限って大暴落したら逃げます。だってロスカット必要じゃんwって。

個人投資家のそれは無意味。おとなしく大口にまかせましょう。

 

現段階ではクリントン若干有利な報道だが、前日ダウ値が気になり早起きした人も多いでしょう。

ひろしもね。

ちなみにダウは高値を目指し上げたがっていますが今一つ山を越えれない感じ。

この選挙で新高値を出せなければ今後が下目線が長引くだろうね。

 

FXを高レバレッジでしてる人はピリピリしてるだろうね。

一瞬で資産失う人もでるでしょう。

もちろんもつれれば夜までかかる可能性もあるので全国が貼りつけになりそう。

一般的にはクリントンが勝てば株価は上がり、トランプが勝てば大暴落と言われている。

が、はたしてそうか?

 

スポンサーリンク

 

過去の例でいくと2000年の泥沼大統領選挙前後はブッシュが勝ったが株価は下げました。

これゴアが勝っていても当然下げたでしょう。

 

2008年はというとオバマが勝利し株価は下がりました。

 

アナリスト発言では日経株価のアルゴリズムでいうと今年は下げで押しに押した所から東京オリンピックへ向けて新高値を目指すという考え方が強いです。

 

何故なら現状の日本株を上げる力の材料が日本にはないのでアメリカ頼み。

アメリカ初の女性大統領が勝とうが、危険発言ヤリチントランプが勝とうが日本自体には力がない。

アメリカが上って、円安ドル高にして為替で自然に決算値を上げて外資企業の業績を伸ばす以外ないから。

 

ここでの強みは日本銀行の下支え。

これが詐欺とも言われているここ2カ月くらいですが、どこまで国民の保険料を垂れ流して使い続けるか?

これ大統領選挙までと言われている部分が大きいです。

 

つまり日本は株価操作によってアメリカを応援してますよ。

なので今後もよろしくお願いしますね。って。

ジンクス的に言うとアメリカ大統領選の前は株価が冴えません。

これは全年度そうです。

そりゃ皆注目して警戒するから様子見が大半だからで当然でしょう。

 

で、自然の流れから行くともしトランプは負けてもクリントンを攻撃し続けるでしょう。

つまりごたごたしながら年末を迎えると。

実際どちらがかってもスキャンダル爆弾を二人とも抱えています。

その入り口が、選挙前なのにヒラリーにはFBIが動き、トランプにはスキャンダル訴訟が。

 

スポンサーリンク

 

これ大統領になった後爆発して出てくるはず。

どこまで揉み消す力があるかはわからないけど市場は必ず下がります。

 

クリントンが勝利の場合

超短期目線では上。

スイング目線では下。

超長期目線では上。

 

トランプが勝利の場合。

超短期目線では下。

スイング目線では下。

超長期目線では下。

 

世論通りに動くと予想。

日本に対しても敵対的発言の強いトランプは日本株の上昇にとっては邪魔の一言でしょう。

 

おっともう7:00になります。

それでは今日を楽しみましょう!!

 

ひろしの動きは本日陽線の大く17500越えてくれば、大引けで売ります。

逆に大きく陰線ならシストレ通り動きます。

 

今日は日中世界中が動きます。

のんびりルール通りに様子見するかもしれませんが。

流石に今日の予定は未定。

 

では!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です