ダイハツタントのエンジンがかからない|プラグ交換方法-セルは元気に回る場合

一気に冬モードで寒くなってきましたね^^

嫁さんのタントのエンジンがかからない~って年末年始で保育園が休みでなんとか助かりました。

結果簡単に治りましたのでUPしときます。

要因を自分に当てはめてみて下さい。

スポンサーリンク

ダイハツタントのエンジンがかからない時見る場所

セルは回る場合の要因は以下の通り。

①バッテリーが弱ってる

②ガス欠、もしくはガソリンルート詰まり

③プラグ劣化・点火系

④ヒューズ切れ

他:他にはパーキングに入れてないとか、ブレーキを踏んでかけてないとか、ハンドルロックがかかっているなど有りますので先にこの確認を。

 

自分の症状はセルは元気に回るので

OK:バッテリーは問題ない。

OK:ガソリンは満タンに入っている。

OK:ヒューズは全て切れてなかった。

と確認したので、ああ点火系だなと判断できます。

あとはプラグ交換のみなので交換して治ります。

治らなければ当然車屋です。

ダイハツタントのプラグ交換方法

1・二か所の爪を外す(エアーダクト外し)

まずは左側のプラスチックの引っ掛けを引っ張って抜きます。固くなってる場合ペンチなどが必要です。
左側のポッチを抜いたら右側はゴム爪で引っかかってるだけなので上に引っこ抜きます。

全体も上に引っ込上げます。するとプラグナットが見えます。御対面。
ここのナットの下にプラグが1本づつの合計3本あります。

2・次に三本ともナット(10mm)を外します。

そしてプラグリレーを引っこ抜いていきます。

プラグの頭が見えます。

専用のプラグレンチ(16mm)が必要です。
きっちりとかまして抜き取ります。

これがめちゃくちゃ固い(T0T) 簡単な作業なのに女性では無理だろレベル。。
持ち手に遠心力がないので適当な雑誌を四つ折りして持ちてを大きくしました。
するとめっちゃ簡単に回りました~^^/

無事1つ引っこ抜けました^^ これを3本ともします。

ちょっとガソリン被ってる感じですがもう3年経ったので新品に交換します。

3・新品プラグを入れる。

使用するのはこれ、RXプレミアムは10年レベルで交換いらず、燃費もUPし加速も良くなります。

あとは逆順序でプラグを入れて行くだけです。

完成★

交換したプラグと新品を比較してみました。

ま~劣化してました。

そりゃそうなんでしょうね(笑)。

さてそれよりエンジンはかかるのでしょうか?

キーを回します。

キュルキュルキュル~。あれっ?かからない。

ブレーキとアクセルを何度も踏みます。

そのあともう一度挑戦。

キュルキュルキュルブオ~~~~ン♡

治りました^^

これで一安心。

ダイハツタントでも種類がありますので車検証で必ず確認しましょう。

http://www.ngk-sparkplugs.jp/search/adjust/car/sp_domestic/result.php

で確認できます。

今回タントのプラグ交換で必要なものはこちら

プラグレンチ:特殊ネジなのでこれは必ず要ります。

タント/カスタム L375S/ L385S KF(DOHC・NA) H23.11~ NGKプレミアムRXプラグ 3本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です