医学的・理論的に考える「線香焼き」と「ベータテープ」と「イソジン軟膏」の効果|ウイルス性イボ[尋常性疣贅]まとめ編❶

ひろぱぱが実践してきた、ウイルス性イボ[尋常性疣贅]の線香焼きとベータテープ方法を紹介します。

まずは、なぜこの方法がイボに効果的なのか理論的に考えてみます。

現に実際に治ったので根拠はあると思います。

そして長期治療には根気が大事であり継続が大事です。

結果的には、早い段階で最初からこの方法をしていれば1/3以下の時間で治ると思います。

※注意:完全自己責任および私見です。

 

もちろんネット上でもたくさん出ていますがどれも自己責任になります。

結果的にみると最後の方で行った、線香焼きとベータテープとイソジン軟膏だけを最初からしてたらもっと早く治ったと思います。

多分というか結構断定できる勢いです。

理論的に考える線香焼きとベータテープとイソジン軟膏の効果|ウイルス性イボ[尋常性疣贅]は以下です。

スポンサーリンク

1・尋常性疣贅[イボ]の線香焼き

まずは、理論的に考える線香焼きについてですが、病院へ行くと液体窒素というもので(ー190℃位)ウィルスイボにやけどを起こしイボを退治するというものです。

これお家でするとなると手に入らないので線香で焼いて(700~800℃位)やけどをさせるというものです。

イメージでいうと液体窒素の変わりです。

早いと1分もしないうちに水ぶくれができますので、それをカットしてウイルス汁を出すという繰り返し。

病院でする液体窒素も、家でする線香焼きも鬼痛いです。

病院でする液体窒素の帰りは歩くのも困難といいますが、自宅線香焼きは調整できます。

液体窒素も治らない事が多いというので治癒率は意外に変わらない「可能性」があります。

 

2・尋常性疣贅[イボ]へのベータテープ(窒息療法)

つぎに、理論的に考えるベータテープについてですが、医学的根拠のある窒息療法という治療の自宅版です。

「粘着テープ閉塞セラピー(DTOT)には、いぼのある場所に局部的に薬を用い、いぼ自体を「窒息」させる狙いがあります。イミキモド 5%配合クリームを塗った後に粘着テープを貼ると尋常性疣贅(いぼ)の治療に効果があることが、ある研究データで分かっています。」

これを自宅用に応用したものです。

ベータテープとは車のエアロを接着したり、外用の器具を固定したりする超強力な粘着テープです。

ダクトテープ治療が有名ですが、比になりません。人間の皮膚は動くのでダントツでベータテープの方が密着と圧着率が高いです。

スポンサーリンク

3・イソジン軟膏(都市伝説)

上記2で出てくる引用文に「イミキモド 5%配合クリームを塗った後に粘着テープを貼ると尋常性疣贅(いぼ)の治療に効果がある」とありますが、これのイミキモド 5%配合クリーム代わりみたいなものです。

イソジン軟膏は線香ヤケドもさせて汁を出すので、本来の消毒傷薬にもなります。

イソジン軟膏もウイルスイボには有名ですが実際にイミキモド5%が含有されてるわけじゃないので医学的根拠はありません。

イソジン軟膏で治ったという人はかなり多くの人がいますが、わざと傷をつけて塗りこまないと有効成分は届かないと思います。

 

4・テーピング(キネシオテープ)

テーピングはベータテープをしっかり止めるものです。

ベータテープの密着性は完璧ですが、イソジン軟膏を塗るので粘着力自体は下がりますので、必ずキネシオテープできっちりとめる必要があります。

あとは単純に、人体なので汗かきますのでスポーツ用などの汗、水に強いやつなら何でもよいです。

キネシオは高いので、スポーツ用の安いテーピングを見つけました。

 

私の実体験では上記4つは有効でした。逆にこの4つを徹底すれば治るのではないかと思ってます。

実際私は10個の尋常性疣贅(いぼ)が治りました。

ちょっとダクトテープを貼ったり、遠回りしたのですが最終的にこの4つにして一気に治癒スピードは上がりました。

そのスピードたるやそうとう早いです。

そういえば他のブログの人で、ダクトテープ治療にして治るスピードが早くなったと書いてあるのを思い出しました。

 

尋常性疣贅(いぼ)自宅治療に必要なのはこの4つだけ。

 1・線香:ダイソー、セリア等100均で充分です。
ネットは高いのしかなく載せてません。

 

2・ベータテープ:3M社製の超強力テープ
約678円

3・イソジン軟膏:ウイルスイボの救世主
約500円

 

4・テーピング:キネシオ等人体用(汗・水対応)
約360円

他にも爪切りや、角質落としなどあると便利ですが、

理論的・物理的に考えてもこの4つが必需で有効と判断します。

ただし、医者でもないただの自己責任でしました。

自分が自宅でしようと思った原因は病院で治らなかったから。現に現代医学をもってしても謎と言われている尋常性疣贅(ウイルスいぼ)は病院治療をしても治らない人がかなり多いのです。

その実情を知ってからは自分で頑張ろうと思った次第です。

ただしだれも責任をとってくれませんのでお気をつけください。

 

具体的なやり方を書きました↓

イボの焼き方・イソジン軟膏・ベータテープの貼り方|ウイルス性イボ[尋常性疣贅]まとめ編❷へ続く

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です