ヤマハギア(GEAR)の4stオイル交換|UA06J・UA07J・UA08J

スポンサーリンク

ヤマハギア様のオイル交換をさぼってて昨年してなかったのでついでにしました。

サクッと簡単なので自分でしましょう。

特に4stオイルは減る事がないから交換しなくても良いと思ってる奇特な人がたまにいます。

減りますよ! 少しづつ本の少しづつですが減ります。

なので結構焼き付き起こしているバイクが来るというのがバイク屋さんの意見です。

この辺の基礎は簡単に誰でも出来るので自分でしましょう。

目安は1500km程度走ったら交換です。大事に!(自分に言い聞かせ)

 

ヤマハギア(GEAR)のドレンボルトの位置とサイズ

ギアの右側に立ちます。青丸部分がオイルを入れる所です。

矢印部分がドレンボルトの位置です(真下のサイドスタンド前)。

真下から見るとこんな感じです。↓

 

ヤマハギア(GEAR)4stオイル交換方法

19mmのメガネレンチかナットソケットを用意して開口します。

例のごとくこの体制。
変質者注意!

 

その際古いオイルがボトボトと落ちてくるので受け皿を用意しておきます。

ヤマハのギアは場所が悪いのでこぼしちゃいました。

ここまで黒くなってるともう危ないです。汗

全部古いのを抜いたら、新しいのを入れます。

HONDAであれYAMAHAであれ4stオイルなら天下HONDAのG4(原付ならG3がおすすめ)です。

G1とG2までは安価ですが鉱物が入ってます。G4は最高級ですね単車には入れて上げたいオイルです。

ヤマハギアのオイルは規定量800ccですのでメモリ容器でしましょう。

ジョウロでもよいですが私は車用のオイルポンプで吸います。(車でも使えるので一個あるとまじ便利)

吸い上げたら、オイル注入口から注入~★

純正規定量なので「当然」多すぎてあふれる事もなく完了。

げっあふれてる(笑)。こぼしただけです^^;

で、きっちりと蓋を閉めて完成。

 

最後にこぼしたお漏らしをバーツクリーナーで掃除して完了です。

廃棄のごみは油の固める吸い取り紙などで吸い取れば燃えるゴミで良いとの事です。

 

以上、ヤマハギアのオイル交換方法でした^0^

自分で色々とやりだしたら大事にしてあげるし、楽しいですよ♪

そしてお財布にも優しいんです。

楽しいバイクライフを。

 

では。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です