【トゥデイAF61】原付のシートカバーの張替え方法|アンコ(スポンジ)見えてる場合注意

シートカバーのアンコが見えだしたら一気に広がっていくので注意が必要です。

その後はアンコの上に直接乗る事になるのでどんどん擦り切れてアンコが削れて無くなっていきます。

スポンジが無いプラスチックシートに直になると、振動で痔になって、前立腺が刺激されてチン●が直立して、運転どころでは無くなるので公道での卑猥な行為はやめましょう。

うじゃうじゃに超ミラクルばい菌だらけですが、乗れるので別に気にしない人はOKです(笑)。

よく見ますよねこれ。圧倒的に破けやすいのは2カ所です。それ以外で破れているのはイタズラ以外で見たことがありません。

貼替えていきます。

トゥデイAF61:原付のシート貼替え方法

使用するのは500円のゴム無しシートですがゴム入りのかぶせるシート(高いけど)でも、綺麗にはなりませんが良いと思います。

メットインを開けてシートを外します。
プラスドライバー一本で外れます。ネジを外してシート固定棒を引っこ抜くだけです。

外れました。
ひっくり返してタッカー用ホッチキスの芯を外していきます。
ホースクリップだと地味にかなり大変です。

圧倒的にネジザウルスがおススメ。スピードが違います。
どちらにせよ普通のペンチでは芯が深いので無理です。
折れたボルトが1mm出ているだけでつかめるペンチです。皿ネジすらつかめる特殊ペンチで、整備自分でする人は多活躍するので必須アイテムです。

外したホッチキスのタッカー用芯は踏んだり、手に刺さったりしたら病気になると思います。
サビがあるので。
きちんと捨てましょう。

シートを引っぺがしていきます。

新品を用意して載せる前にある程度、手アイロンで伸ばしていきます。
ドライヤーなど使うと簡単に伸びます。
この段階でアンコが削れてない事が大事です。日にあたるとボロボロと落ちていきますので。

アンコとシートの縫い目部分を合わせていきます。

ひっくり返します。
耳を折り曲げてタッカーを打っていきます。

パスン!パスン!パスン!と打っていきます。
最初は大まかに位置を合わせるため、幅を広くタッカーで仮止め(2~4箇所)をしていきます。
シート皮のたるみを取るようにタッカーでシートを張っていきます。
慣れるまでコツが要りますが私は下手です。

 

バネ式タッカーで打ち込み実験もパワー不足

エアータッカーの方が圧倒的にパワーがありますが、原付のシートなら通常タッカーでもいけるか実験しました。
どのシートも絶対に固い部分があるので「エアータッカー必須」と思ってください。
横などの薄い部分は通常のタッカーでも入ります。

持っていたのはMAX社のホビータッカー1.000円の奴です。

まるでパワー不足。エアータッカーの凄さが分かりますね。
もっと良い業務用のバネ式タッカーならいけるのかもしれません。(シランケド)
拡大写真です。

さて、いよいよベースシートへカバーをしてタッカーを打ち込んでいきます!

シート貼りは、多少センスの出る作業ですが、細かく気にしすぎるとハゲチャビンになるのでほどほどにです。

私は最初は超下手くそでシワがよりまくりでした。

いよいよ次のページはシートの貼り方とタッカーの打ち方です。

芯針を外すのに必要な工具派これ

ホースクリップは要りませんが、何かと持っておいた方が良いこのネジザウルス。
特許品と思います。レビュー見ればどれほど良いかすぐ分かります。
使いどころはめちゃくちゃ沢山ありますので一つは持っておきましょう。

エンジニア ネジザウルスGT φ3~9.5mm用 PZ-58

エンジニア ネジザウルスGT φ3~9.5mm用 PZ-58

1,522円(12/13 07:07時点)
Amazonの情報を掲載しています
ひろしぱぱ
次のページでタッカー打ち込み方法と、綺麗にシートを張るための打ち込み順序です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です