【トゥデイAF61】完全整備|アクセル開けるとエンストする症状から完全復活する方法

最近の4st原付で良く出る症状ですね。2台同時に整備します。

「信号待ちで発進しようとアクセルを空けるとエンストする。」原因

エアー供給の不具合、キャブレターの不調、チョーク故障で燃料が多すぎ少なすぎ、カーボン噛みで圧縮抜け。他電装。

AF61の良くある症状のど定番ですが原因はここです。

トゥデイAF61の不動原因トップ

 

  1. プラグの寿命
  2. エアクリーナーの汚れ + 2次エアー吸い(ホースひび割れや抜け、緩み)
  3. ダイアフラム(バキュームピストン)のゴムの亀裂
  4. キャブレターのパイロット詰まり
  5. オートチョークの故障
  6. エンジンルーム内のカーボン張り付き
  7. CDIやハーネスの接触不良および故障・アースの腐食など

 

  • その他整備いろいろ
    マフラー詰まり・バッテリー交換・ベルト交換・タペット調整・ヘッドライトバルブ交換・メーター球交換 等

この1~7つのメンテで治ります。
エンスト原因だけでなくこれで最高速やらエンジンがかかりにくいやら、なんやら駆動系以外ほぼ全て治ります。
すぐ治るという、これがこの原付バイクの良い所です。
整備性も悪くありません。
4・5・6を覚えれば最強です♥
上記+ピストン交換とベアリング交換まで覚えれば99%完全に復活します。復活するから次が買えない貧乏性なひろぱぱです。

これで治らなければ捨てます(笑)が、8台ありますが治らなかったことがここ10年ありません。
なので買い替えたくても使えちゃうんです^0^/物は大事に。
中でもほとんどが3・4・5・6の症状ですが、2のエアクリとキャブを繋ぐホースが割れてたこともありました。
2次エアーを吸うとアイドリングもおかしくなります。

5番のチョークと6番のエンジンルーム内のカーボン噛みは有名な症状ですね。
これに関しては分解しても良いのですがもっと簡単な方法と予防で治します。
なぜなら分解掃除してもどうせ持病の為再発はするからです。
トゥデイであれDioであれこの年代4st他メーカー全部。

AF61は壊れやすいと良く言いますが圧倒的に台数が多いので故障報告も圧倒的なだけと判断します。
メンテと壊れる場所さえ分かっていればこんなに部品が安く、長持ちするバイクはないのではないでしょうか。
ちなみにうちは業務で酷使してはや10年もってます(笑)
週4回8時間動いてます。(嘘じゃなく本当ですよ)

 

まずはAF61と長く付き合っていくためのポイントは、「キャブレターのオーバーホールを覚えること」と「エンジンシリンダーのカーボン除去をする方法を覚える事」or「エンジンクリーナーメンテナンスと添加剤予防をする」こと。

この時期の車種はトゥデイであれDioであれ実は同じなんです。
なので上記3点を覚えれば良いだけです。

逆に元値が安いのですぐに元はとれるメリットもあります。
今では愛着すら湧いてます(笑)

1・プラグの交換

基礎中の基礎ですがプラグの交換をします。
蓋を開けて引っこ抜いて新品に交換します。これは誰でも出来ますよね。

プラグが真っ白になってたらエアーが多すぎで焼き付き怖いので注意です!
きつね色もしくは、使い過ぎなら真っ黒が安心。
何気にとても作業しにくい腰痛泣かせの位置にあります。
AF61:スパークプラグは「CR7HSA」です。

 

2・エアクリーナー(エアエレメント)の交換

これも基礎ですね。
ネジをはずすだけです。


新品に交換します。感覚的に1年に1回程度でしょうか。
乾式の為エアーブロー掃除か交換しかできませんので注意。
間違っても水洗いしないようにです。(空気清浄機と同じであれ水洗いして乾かすと地獄になりますw)

AF61エアーエレメント:純正じゃないので安いですが歪みがある場合削ったりが必要(笑)。↓

 

3・ダイアフラム(バキュームピストン)のゴムの亀裂

これも簡単です。
メットインを外すと下図のようにキャブが出てきます。
キャブレターのトップ部分です。ねじを二つ外すとでてきますがばねがあるので無くさないよう注意。
どうせキャブノOHするので外しましたがキャブは外さないでも作業は簡単にできます。

ゴムなので、劣化します。薄いのでゴムの硬化が起こると、穴が空きます。図の点線部分に穴が開きやすい。
AF61のダイヤフラム(バキュームピストン)に穴があくとアクセルのレスポンスがどんどん悪くなり、高回転が回りにくくなります。
また、負圧量も狂い、エンジンの始動性も悪くなります。
破けやすい部品なのでラバープロテクタント(ゴム復活材)でメンテナンスしてあげてください。
ちゃんとメンテしないとなかなかの値段します。
ラバープロテクタントは必ず一つ持っておきましょう。他にはオイルシールなど重要なシール部分の復活に活躍します。
定期的に吹けば硬化も防げて超重宝します。

AF61:バキュームピストン(ダイヤフラム)純正型番16111-GFC-890

ホンダ純正 ピストンCOMP バキューム 16111-GFC-890

ホンダ純正 ピストンCOMP バキューム 16111-GFC-890

5,025円(10/16 16:17時点)
Amazonの情報を掲載しています

ゴム性能復活材・劣化予防保護剤

 

4・キャブレターのパイロット詰まり

パイロットを外すためにはキャブを全部外さないといけませんので実質オーバーホールとなります。
一見複雑に見えますが慣れたらおならがでます。
めんどうなだけで何てことありません。

AF61のキャブレターの外し方

まずはメットインの4本ボルトを外してメットインを取ります。
するとキャブレターが出てきます。
赤丸のボルトとねじを外して、ホース類を引っこ抜きます。
その際ホース関係は元に戻せるように写真などとって思えておきましょう。
写真では見えませんがキャブの後ろ側の下から見るとガソリンのドレンホースボルト(マイナス)があります。
これを緩めて上げてキャブ内のガソリンを出してあげます。
オートチョークの下を唯一透明(黄土色)のホースがあるのでその先に受け皿を用意しておくと良いでしょう。
左側スタンドの辺にキャブ内ガソリンのドレンホースの先っちょがでてます。
そのあとガソリンホースなど抜いてもキックしない限り負圧の関係でタンクからドバドバ漏れることはありませんので安心を。

外れるとこんな感じなります。

丸で囲んだ部分に異物を落とすと最悪なのでキッチンペーパーなどを詰めて穴埋めをします。
これでキャブレターの外しが完了です★

そして、ねじをはずしてキャブクリーナーやエンジンクリーナーで綺麗にします♪
面倒かどうかだけで誰でもできます。

穴という穴を貫通させます。
どぶ付けさせても良いですし私のようにしょっちゅう整備する人はささっとパーツクリーナーやエンジンクリーナーでもOKです★
パイロットジェットだけはマチ針ですら通らない小さな穴なので釣り糸を使用してます。
で、ピカピカにして完成★

パーツクリーナーは安物大量買いで構いません。

エーゼット(AZ) パーツクリーナーブルー840ml Y004

エーゼット(AZ) パーツクリーナーブルー840ml Y004

260円(10/16 16:17時点)
Amazonの情報を掲載しています

酷いこびりつきや漬け置きにはこっちを使いますから。(どちらも必要)

たいがいここまですれば治りますね。
パーツクリーナーは当たり前ですが、エンジンコンディショナーも必ず持っておきましょう。
特に、後述するAF61のエンジンルーム内のバルブのカーボン落としと予防に使用します。キャブでも使えます。パーツクリーナーと違い揮発性が少なくこびりついた汚れをアワアワにします。漬け置きに最適。
こちらにも別の日に作業したのでキャブレターのオーバーホール方法を書いています。

5・オートチョークの故障

これはAF61トゥデイに限ったことではなくスクーターの持病です(笑)
噂によると8割型壊れるそうです。

さくっと交換すれば完了です。
オートチョークのオーバーホールの方法を書きました。

この不具合はAF61だけでなくめちゃくちゃ多い症状です。
なのでもうオートチョークキャンセルという手もあります。
何故かうちの子たちはオートチョーク正常なのでしてませんが。整備する人が良い?w
運が良いだけですね^^
http://minkara.carview.co.jp/userid/527381/car/1608985/2638006/note.aspx
オートチョークを殺すこんなサイトがあります。しかしこれするとエンジンかかりにくくなります。よほどエンジン内がカーボン無しで綺麗でないと利便性も無くなります。

 

6・AF61のエンジンルーム内のカーボン張り付き除去と予防

冒頭にも書きましたが分解しても持病の為再発するので予防と分解無しのメンテナンス方法です。

こびりついたカーボンを除去します。ヘッドを開けないやり方を書きました。応急処置みたいなものです。

 

AF61エンジンコンディショナー(カーボン除去剤)の使い方

まずAF61のプラグを外します。
そこにエンジンコンディショナーをスプレーします。

インマニ部分からもスプレーします。

エンジンコンディショナー:頑固なカーボン落としと漬け置きに。

スプレー後1~2時間放置します。
組み立ててエンジンをかけます。
当然かかりにくいので根気よくキックを頑張ります( ゚Д゚)キックキックキック!
するとエンジンがかかりますので、アイドリングで白煙がもくもくでます。
黒煙が出る場合は燃焼中でかなり多いカーボン詰まりです。
どちらにせよ煙がなくなるまで吹かしてあげます。コレデOK
かなり調子良くなりますいつも。
これもAF61の持病ですので病気を理解していればクソ~っ(# ゚Д゚)何故なんだ!?となりません。
またか!?となるだけです笑^^;
けどうちの酷使する使い方でも1年1回もないかな。

 

きちんとカーボン除去を完璧にするにはエンジン腰上を開ける必要が有りますがゆっくりすれば誰でも出来ますのでまとめてみました。

トゥデイAF61

【完全版!】カーボン除去の方法|エンジン腰上を開ける場合

前準備:AF61のエンジン降しは超簡単。作業をしやすく。

 

エンジン腰上カーボン除去方法【前・中・後】偏

この3工程でエンジンのカーボン除去は完成します。
作業自体は腰がやられるだけで簡単です。

 

エンジン腰上組み立て方法

最後は組み立てて完了です。注意点をまとめています。

 

エンジンルームのピストンバルブのカーボン噛み予防

結局何もしなければ持病なのでまた再発しますがかなり有効なのがこれ。
色んなブログでもありますが使用しだして一気にエンジン整備回数が無くなりました。
最初は気休め程度と思ってましたが、効果覿面です!

<ヤマルーブ ガソリン添加剤 PEAカーボンクリーナー>

1~2か月に一度10mlガソリンが満タン時に入れるだけです。これはオススメです。
信頼のヤマハ製(笑)ホンダはずっとオイルや添加剤ではヤマハに勝てないでしょうね^^;

 

7・CDIやハーネスの接触不良および故障・アースの腐食など

さて、ここまでしてアクセル開くとエンストする場合はもう信号がちゃんと送られていないことになります。
ま~エンジンルームにカーボンが付きすぎてるのがほとんどですが順序的には電装系に移ります。
CDIなどが壊れていますね。
素直に交換します。
TODAYやDIOのCDIユニットは点火だけでなくスターター制御もしてます。
ただ値段が値段なので出来ることを先にボディアースのネジに226(接点復活剤)したりメンテナンスをしてから判断します。
ちなみにひろしぱぱはCDIが壊れた事は一度もありません。壊れない事を祈ります。

AF61CDIユニット:990928 無駄に高いので壊れない事を祈ります。

KURE226接点復活剤
KURE2-26もバイク・車持ちにはかなり必要ですのでもっておきましょう。
セルスイッチの復活や予防、豆球、電球の接点復活および腐食予防など色々と使えます。
既に水が付いている状態でも使える優れものです★

 

トゥデイAF61のその他整備色々

マフラー詰まり/清掃方法

マフラーに関しては基本交換となります。
中途半端に清掃すると間違いなく詰まりますので注意。
中の触媒を全部綺麗にするのはどぶ付けしても不可能ですので焼くしかありません。
エキゾーストパイプ部分を清掃する程度の気持ちで良いと思います。
2stバイクの時はワイドハイターをマフラーに入れてとかしてましたが基本散々な目に遭います(笑)。

 

バッテリー交換方法とバッテリー上がりを無くす方法

 

ドライブベルト交換方法

 

タペットクリアランス調整方法

アイドリングやアクセル回したときにカチカチカチカチ~っと音がしたら注意です。
9割型エンジンヘッドとシリンダーヘッドの間のタペット調整が必要です。
簡単な作業で治ります。

 

ヘッドライトバルブ(電球)交換方法

ヘッドライトバルブの交換方法です。切れていると17:00以降は道路交通法で切符切られる可能性高いので注意です。

 

スピードメーターバルブ(ウェッジ球)交換方法

トゥデイAF61のメーター内のウェッジ球交換方法です。LED化したら3日で壊れた。。。
通常のメーカー推奨ウェッジ球へ戻しました。

 

全部出来ましたか?
ちゃんとエンジンかかりましたよねウンウン。
そりゃそうと思います^^
お役に立てれば幸いですがクワバラクワバラ><!

万が一かからない場合更に深く調べる必要が有りますが、もしかしたら原付ではなくて車のトゥデイと勘違いしてないかもう一度確認をして下さい(笑)。

ひろしぱぱ
トゥデイAF61はメンテナンスしっかりしてれば直っちゃうから次が買えないのです。貧乏性のひろぱぱより。

9 件のコメント

  • コンニチワ、自分はまだプラグ.オイル.エアーフィルターしか交換した事が無い
    ですが、トゥデイ乗りには非常に役に立つブログ?です。
    購入2か月のトゥデイが、エンジンは掛かるけどアクセル吹かすと回転が上がらずエンストするように成り。
    保障内なので修理してもらえたが、これ等のメンテ簡単そうに見えるけど、ここまで自分で出来るかな?
    バッテリーチャージャも購入しました。

    • 豊秋さんわざわざ有難う御座います^^
      バイク屋さんでどこを修理したか聞いておいてください。
      大抵同じ個所が故障していくのがモノなのでのちのち役に立ちます。
      トゥデイはボチボチ故障しますがこんなに簡単に治るバイクと部品が多いバイクもなかなかありませんので貴重です(笑)^^;
      今の台風や、梅雨時期は湿度が多いのでエンストはキャブ車なので多少はしょうがありませんが、限度はありますよね。
      メンテナンスとしては主にカーボンに気を付ける事と(添加材である程度対応予防可能)、キャブレターの清掃オーバーホールの挑戦。
      この2点が出来ればばっちぐ~と思います^^/

  • はじめまして。
    ホンダエンジンがベースの台湾スクーターに乗っております。
    数年間放置された状態でキャブO/Hで復活したのですが、走行中アクセルOFFの状態で時々マフラーからミスファイヤーが出まして最近は高速走行時にアクセルOFF→アクセルONで息継ぎの状態に。
    症状が悪化してきたので本日キャブをO/Hしたのですが、始動とアイドリングはするもののアクセルを開けるとストールしてしまい走行不能になりました。
    再度キャブを分解清掃するも状況は変わらずで、2次エアーやオートチョークも問題無いと思います。
    ちょうど途方に暮れていた時にひろしパパさんのわかりやすい内容のブログを発見しまたやる気が出てきました^ ^
    とりあえず明日は燃料ラインとカーボン溜まりを探ってみようと思います。ありがとうございます!

    • ツヨシさん有難う御座います^^
      キャブのガソリンが出過ぎているような気がしますが、
      オートチョークが効いたまま(短いまま壊れている)か、キャブレターのOHが間違いなくきちんと出来ているなら、腰上清掃とマフラー清掃で治ると思います★
      私も放置車両を譲り受ける事が多いのですが、過去ミスファイヤー症状が出た事は経験ありません。
      基本ガソリン+エアが同時に多すぎてる事が原因が、エンジンから排気に不完全燃焼のガソリンの塊もしくはカーボンがある、このラインでの2次エアーが原因のはずですので、必ずしないといけないのは、
      「オートチョーク確認・キャブOH・エンジン腰上カーボンこそぎ落とし清掃・マフラー穴・取付接部チェック、清掃or交換」
      車両を見てないので分かりませんが、上記4つで治ると思います。
      キャブとチョーク確認済んでるとの事で、

      1・マフラーにひび割れ、もしくは取付不良で2次エアーが入り過ぎてないか。
      2・ピストンにカーボンがこびりついてないか。

      この2点を潰せばOKと思います。
      ごくまれにお手上げの時も確かにあります^^;
      その時はご容赦下さい。
      電装系ではなさそうなので丁寧に潰してしていけば大丈夫と思ってます。
      症状聞くとエアーのエンジン+排気側の2次エアーの気がしますがどうでしょうか。

      ここまで完璧にしたと仮定して、まだなるようならアクセルワイヤーとキャブの連動が怪しいです。
      アイドリングとエンジンがかかるとの事なので、閉じた状態は問題ありません。
      アクセルを開けて一時した高速回転時のとき、ガソリン供給部が異常部に開いていてガソリンが必要以上に出ているのかもしれませんね。
      ガソリンガダダ流しでプラグが被るのを通り越してマフラーにそのまま流れているとか。(経験はありませんが考えれる)
      しかし高速回転時におかしくなる原因の多くはバキュームピストンが多いですがミスファイヤーなら関係ないですよね。(念の為)

      一つづつ潰していけば必ず大丈夫と思います^^
      難しく考えずシンプルに普通に考えるとやはり、マフラーが原因で出口付近の中が詰まりかけてて、不完全燃焼の一酸化炭素(排気)もしくは気化したガソリンが上手く外に出れず爆発してファイヤーになっていると考えるのが普通と思います。
      路頭に迷ったとき、イライラで自暴になりますが、そんな時はあえて「しょせん人間が作ったもの、元通り作れば治るに決まってるじゃん当たり前!」が合言葉です。(笑)

      良いお盆をお過ごしください! 私は今日まで仕事ですw(T0T)w

  • ご親切に返答をしていただきありがとうございます^ ^
    そうですね、今一度オートチョークも確認しようと思います。
    プラグの芯?の根元の部分(ガイシ⁉︎)がカーボンで真っ黒でしたのでカーボン落としは必須ですね。

    本日までお仕事とはお疲れ様です。良い休暇をお過ごしください!

  • 結果報告です。
    予備キャブに交換しても直らず、
    エンジンコンディショナーで徹底したカーボン落としでも直らず、
    予備オートチョークに替えても直らず、
    再度予備キャブを徹底分解清掃しても同じ結果、
    この状態で予備オートチョークに交換したらなんと復活しました!
    なんだかしっくりこない結果ですが恐らくオートチョークですね(^^;
    そう思って振り返ると始動性の微妙な悪化であったり思い当たる節はあったような・・・⁉︎
    色々御伝授いただきありがとうございます。
    単純なトラブルではありましたが非常に勉強になりました。
    これからもブログ楽しみにしております。

  • はじめまして。家族からTODAY(AF61)のエンジンがかからなくなったと言われプラグの交換くらいで治ればいいなぁとものすごく甘い考えで引き受け早速ひろしパパさんのブログを参考にさせていただいてプラグを交換するも火花が飛んでおらずCDIを交換しエンジンが無事始動。しかし、テスト走行中にアクセルを戻しているのに回転数が戻らないことが発覚しキーのon,offを何度かした後にメットインを取りアクセルワイヤー?の動きを確認したところ最後まで戻っておらず手で戻し確認しながらエンジンを始動してみてもアクセルをひねって戻しても回転数が落ちずにそのままの状態。アクセルワイヤーの戻りの調節?(ねじにバネがついている)を緩めたり閉めたりしながら調節をしましたが変わらず、、、ワイヤーの交換をしなければいけないのかと思いながらもエンジンを始動させアクセルを開けたり戻したりを繰り返しているとエンストと引き換えにワイヤーの動きや位置が明らかにいじる前より良くなってたのですが今度はエンジンがかからない、、、火花は飛んでいる、、とりあえずここで切り上げました、、、
    CDIが届く前にカーボン噛みの症状もあれば改善しようと思いインマニ側とプラグ側から一応エンジンコンディショナーを噴霧したりしましたがやはりキャブのOHをしたほうがよいのでしょうか?実は最初にOHしようとした際にオートチョークのねじの片方がなめてしまい断念していました。
    ダラダラ長く書いてしまいましたが回転が落ちない→アクセル開け閉め→エンスト→不動というのが一連の流れになります。
    やっとエンジンがかかったのにまたかからなくなりモチベーションが保てません(笑)
    さっさとOHしろボケ!などなんでもいいので助言を頂けたら嬉しいです!!

    • 健太郎さん有難う御座います(^-^)
      ちょっと外なのですみません見たところアクセルワイヤーはいずれ交換程度で、キャブレターのオーバーホールで直ると思います‼
      明日ゆっくり症状確認します。
      最終的にかからなくなったのはブルブルブルンまでは、いってるけど点火してアイドリング状態にならないという解釈で間違いないでしょうか?
      であればキャブレターとオートチョークのオーバーホールで直るはずです。(経験上)
      燃料の事が書いてないのでキャブレターオーバーホールした時中にガソリンがきちんと有るかも見てみて下さい(無ければタンクからホースが詰まってます)
      あとはブログでも書いてますバキュームピストンにライト(光)を当てて隙間がないか?
      CDI交換で点火確認までされてるようなので間違いないと思います。

      キャブとオートチョークOHして直らなければ2次エアー(全ホース手探りと目を凝らしまくってチェック)とマフラーで直ります。
      それで直らなければエンジン腰上開け清掃です。
      それで直らなければ寿命です。
      【オイルちゃんとしてて】ブルンブルンなるなら寿命は考えにくいです。

      あーだこーだ色々書いてしまいましたが多分キャブとチョークで直ります(^^;
      女性の扱いのように丁寧に作業して下さい(^-^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です