【トゥデイAF67】マフラーの交換方法と清掃方法

トゥデイAF67のマフラーをカーボン除去清掃します。

AF61型のマフラーと違ってマフラーの中の触媒が多く複雑になっていますので、安易にカーボンクリーナーなどをぶち込み過ぎると逆に余計につまりますのである程度です。

基本的にはマフラーは交換します。

2018年現在、鬼の価格します。AF61と違い補修品がまだないので長持ちさせましょう😡  社外品でも1.8万位です(純正4万円)。AF61だと3800円なのに。。。

社外品は抜けが大きいので最高速は伸びる傾向にありますが、若干トルク(出だしや坂道パワー)が落ちて音が大きくなるデメリットがあります。

高校生やないんやから静かな方が当然良い(笑)^^;

トゥデイAF67:マフラーの外し方

2つのボルトと2つのナット=合計4つで止まっています。

まずはマフラーがあるとリアタイヤは外せないので外していきます。
〇部分2つを緩めます。まだ緩めるだけです。
12mmボルト2つです。

↑部分を下から覗くと、マフラーを止める10mmナットが2つがあります。
これを外します。

ラチェットとエクステンションバーが必要です。

下から通してナットを外していきます。腰が痛いので注意!(笑)

ラチェットとエクステンションバーがあればなんちゃ~ないです。
キ~コキ~コ回して外します。

この状態で最初に緩めておいたの2本も外します。

落ちてくるので手で支えながら。

外れました。

トゥデイAF67:マフラーの清掃方法

冒頭で書いた通り、AF61よりも中身は複雑な構造なので基本は交換ですので無理やりハイターやカーボン除去剤で触媒部分までしようとしない方が良いです。
エキパイ(細い部分)の清掃を思った方が良いです。

まずはガスケットを交換します。
トゥデイAF67の場合かなり何度も再利用できますので状況判断ですが、基本は都度交換がマニュアル通りです。

最初にマイナスドライバーや金属たわしでカーボンをこそぎ落とします。
これだけでかなり取れます。
そしてエンジンコンディショナーをぶち込みます。イメージとしてはエキパイ部分を意識します。

泡タイプは壁にまとわりつきながらカーボンを落としてくれますので重宝します。

あんまり長時間しようとせず、ひっくり返して中身を出します。

これだけです。
2stじゃないのでもちろん焼いたりしませんし、ハイター入れたりもしません(笑)イツノジダイ。

トゥデイAF67:マフラーの取付方法

取付も逆手順ですが意識する事はエンジン側の10mmナットを止める部分が細いのでここに負担がかからないようにします。
これが折れたらシリンダーヘッド交換です。泣きます。なので取付の方がさらに丁寧に。
※間違ってもエンジン側10mmナットをイキナリ全部締め込まないように。

まず横側の支えボルトを緩めに手締めします。

キッチリ綺麗にはまっていることを確認して、この状態で10mmナット2つを均等に締めていきます。
ギュウギュウに締めて折れまくってる車両がかなりありますので本当に注意。
10mmナットなのでトルクレンチで10.0nm(ニュートン)程度です。
ここはなめったら最悪ですので超丁寧に!

きちんとエンジン側のナットを締めてから、支えボルト2本を増し締めします。

完成★
エンジンをかけてマフラー音がおかしくないか?、手を近づけて漏れはないか確認でOKです。

最後にクリーナーで清掃した分を乾かしますのでエンジンを吹かします。もしくは近場を何周か走れば完了です。

 

トゥデイAF67のマフラー交換に必要な工具

●ラチェットレンチ+エクステンションバー

単品で買っていく方がよいですが、そんなに作業しない人ならこれがおススメです。
ほぼ一通りそろっています。

 

●ガスケット

実際サイズさえ合えば何でも良いですが、ひろぱぱはこれ使ってます。

 

●交換用マフラー

基本は交換ですが、原付のトゥデイAF67で純正品を買う人はなかなかいないでしょう。
マフラーが割高なのでバイク中古で車体買った方が良いわ~となる可能性が高いからです。
※トゥデイAF61だと激安品たくさんあるんですけどね。

MF-GFC マフラー 【MFGFC】 純正品番:18300-GFC-620

MF-GFC マフラー 【MFGFC】 純正品番:18300-GFC-620

18,608円(11/17 10:14時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

簡単な作業ですが腰痛もちの人は悪化しないように気を付けて下さいね^^;

ひろしぱぱ
「吸気→エンジン内爆発ピストン→排気」循環の中では一番おろそかにしがちですが、排気も大事な一巡なので丁寧に作業します★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です