【トゥデイAF67】パンク!原付リアタイヤ交換方法②|後編:取付方法

前記事の取り外しの記事が長くなったので2記事になってしまいました。
前回は取り外しまでしました。

次はバルブと新品タイヤを取り付けていきます。
と、その前に。。。

パンクの原因を探る
バルブのゴム部分がひび割れしてないかチェック。
明らかに空気抜けパンクの場合はこの可能性もありますのでラバープロテクタントを吹きます。
しかし基本交換しましょう100円程度です。
トゥデイは空気入れとホイールの幅が狭いのでL字バルブに変更しましょう。
空気入れやすく超使い勝手が良くなりますよ♪

※結果的にすり減りもかなりあったので全部交換する事にしました(笑)。

トゥデイAF67のリアタイヤ取り付け方

タイヤバルブの交換方法

まずはバルブの交換です。
これだけの為にいちいちタイヤは外しませんので、タイヤ交換時にしておきましょう。

バルブをしっかりつかんでL字ペンチでテコの原理でグイッとします。

ウオリャ~っと力任せで構いません。滑る場合はネジザウルスで簡単に出来ます。
純正のストレートバルブが外れました。

次にL字バルブのゴム部分にシリコンスプレーを吹きます。
(※シリコンスプレーはゴムを侵さない円滑グリスです)

あとはホイールへ入れて、ロングノズルでグリグリしながら引っ張るだけです。
シリコングリスをしてるので、過度な引っ張りせずともスルンと入ります。
指で押しながら、ペンチで引っ張るだけです。

すぽんっ!
しっかりはまっている事を確認してOK。
L字バルブにすると、ホイールに干渉しないので安い自転車用空気入れでも使用可能になるのでかなり便利です。
ちょっと空気を入れたいだけの時にいちいち準備時間のかかるエアーコンプレッサーは使いません。
超便利なL字バルブ完成★

 

※L字バルブとストレートバルブの違い

L字バルブの場合:

L字バルブにすると邪魔するものが何もないので、自転車の空気入れも可能になります★
L字バルブにデメリットはありません。

 

ストレートバルブの場合:

空気入れを選ぶ必要があります。
トゥデイはバルブとホイール幅が狭すぎて背高空気入れがハメれません。
その場合はひん曲げて抜けるよりも早く空気を入れるか(笑)、エアコンプレッサーのジョイント部の背低のエアチャックが必要です。

 

ホイールへタイヤを取り付ける

外しの逆手順なので取付から開始です。

1:タイヤの向きを確認

タイヤには向きがありますので重々注意して下さい。
間違っても逆に取付しないように注意です。
雨の日に死にそうになって初めて違いが分かります(笑)。
タイヤには矢印が書かれてるのでその矢印の方向が進行方向(前方)です。

 

2:片面側だけをホイールへハメる

シリコンスプレーをリム外側部分に一周グルっと吹きます。(専用グリスでもOK)
タイヤでしか利用しない専用グリスは持ってないのでシリコンスプレーで充分OKです。
むしろすぐ乾くのでおススメです。

タイヤの上にホイールを置きます。(逆の人もいる)
ひろぱぱのやり方はこうですね。

この状態にセットします。
別に後からタイヤレバーを挿しても構いませんがブログ用にこうしてます(笑)。
斜めにして自分側からハメていきます。ヒザで抑えれるので自分側からです。

端から1・2・3とタイヤレバーを引き上げていきます。
ワン!

ツー!

スリー!カポッとハマります。

綺麗にはまって片側が完成。

3:ひっくり返して、もう片面をホイールへハメる

ひっくり返します。

ハメれるだけ、膝と手で押し込んでハメます。
タイヤレバーで傷つけないように、自分側にバルブを持ってきます。
浮いている部分のリム外側に同じくシリコンスプレーを吹きます。

膝で押さえた状態でタイヤレバーを入れていきます。

この状態になります。
①→②→③の順で引き上げていきます。間隔は10~15cm。

①ワンッ!グイッ!
この時ヒザの方のタイヤが浮いて来ようとするのでグッと押さえたままです。

②ツー!

③スリー!!!!カポン。

完成です★
裏も表も綺麗にはまりました。

さて、エアーコンプレッサーを持ってない人はこのままガソリンスタンドに持っていきます。
もちろん無料で入れてくれます。
お疲れさまでした(笑)^^

 

タイヤのビードの上げ方

まだタイヤがホイールに入ってるだけなのでビードが上がってませんので空気を入れても抜けていきます。
その抜ける空気よりも早いスピードで空気を入れればOKです。

バルブを外して。

図体はデカいですが5mロングホースを繋いでますので便利です。
※コンプレッサーなので電源からコンセントが遠かったり、延長したり、ロングホースなど使用するとパワーは落ちていきますのでやり過ぎ注意。

エアーチャックをハメて一気にフルで出します。

ビードが上がる音が「両サイドで1回づつ」合計2回バチン・バチンと鳴るのでそれでOKです。
トゥデイAF67の空気圧は200KPaですので、メーターを見ながら空気圧を調整します。
私はいつも220Kpaにします。

これでビード上げまで全てが完成です★

あとは車体に取り付けていくだけなので取り外しの逆手順です。
タイヤをハメて。
最初に外したワッシャーをハメて、24mmのホイールロックナットを締めます。

マフラーを付けて完了。

うっしゃ^0^

新品タイヤは結構滑る事があるので慣らし運転してからスピード出すように気を付けてください。

 

原付のタイヤ交換に必要な工具

●インパクトレンチ

ひろぱぱブログではお馴染みですが信濃の電動インパクトは超おすすめです。
プロ御用達のツインハンマーでバッテリータイプです。
エンジンなどにもコンパクトで小回りが効きながら使用出来て、足回りなどにもツインハンマーなので対応出来ます。

SHINANO 信濃機販 12.7Sq コードレスインパクトレンチ SI-165W

SHINANO 信濃機販 12.7Sq コードレスインパクトレンチ SI-165W

34,460円(11/17 21:16時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

●インパクト用ソケット24mm

トゥデイAF67のホイールナットは24mmです。
ソケットセットの場合24mmまで大きいのは無いこともあるのでその場合は単品で購入が必要です。
インパクトで使用する場合は鋼鉄のインパクト用じゃないとすぐ割れて砕けるので注意。
ショートの場合運が悪いとホイールナットの場合車種によっては奥まで入らない場合があります。
ディープタイプにしておけば間違いなく大丈夫です。

 

●ビードブレーカー

トゥデイAF67ならこのサイズの安物で充分ビードは落ちます。
車のタイヤなどはサイズの大きいのが必要です。
タイヤ「外しの時のみ」しか出番ないのでなるべく安く!原付10インチはこれでOKです♪

 

●タイヤレバー

タイヤレバーは平型の持ちてゴム無し50cmの3本をおすすめします。
2本だと慣れた人は出来ますが慣れてない人はアルミホイールをひん曲げるでしょう。
30cmはトゥデイでは問題ありませんが50cmの方がもちろん楽です。
持ちてゴム付きは見た目は良いのですが、力を入れるので年月と共にグルグル回って滑りますので腹が立ちます(笑)。

 

●ムシ回し

バルブ交換やタイヤ交換では必須です。
空気抜きにもなりますのでタイヤ交換を自分でするなら一つは必ず持っておきましょう。

アネックス(ANEX) 虫まわしドライバー No.66

アネックス(ANEX) 虫まわしドライバー No.66

130円(11/17 19:15時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

●交換用タイヤ【AF67】

AF67はAF61と共通の「80/100-10」です。
付けれるのは何種類かありますが、おすすめはDUROでしょうか。
鬼安なのでひろぱぱも使用してます。
DUNLOPの技術提携品なので本家より相当安く品質も公道かつ原付にはバッチリ完璧です。

DURO(デューロ) バイクタイヤ スクーター用 80/100-10 46J HF261 T/L

DURO(デューロ) バイクタイヤ スクーター用 80/100-10 46J HF261 T/L

1,490円(11/17 19:15時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

●ホイールL字バルブ

デメリットが無いので交換必須です(笑)。

 

●エアーコンプレッサー+エアーチャック

ガソリンスタンドでも出来ますが、自分で今後も車や工具などそろえたいなら持っていた方が良いです。
ひろしワークで出てくるコンプレッサーは安物ですがもう6年目です^^
なかなか壊れる気配すらなく、メンテほぼ不要のオイルレスエアーコンプレッサーの静音タイプのこれです↓

シンセイ 静音オイルレスコンプレッサー 30L EWS-30

シンセイ 静音オイルレスコンプレッサー 30L EWS-30

23,554円(11/17 16:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

エアーチャックガン分からない人は安物のこれ。
この付属のアダプタータイプのが必要です。

バイクの整備はこの装備があれば正直何でも出来ますが(笑)、楽しんで出来ないなら全てバイク屋さんに任せて買わない方が良いと思います。
楽しんで出来るなら、めちゃくちゃお金が浮きますのでおすすめです♪

ひろしぱぱ
無事タイヤ交換も完了しました★
新品のタイヤは気持ち良いですよね♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です