取引結果と展望

新型ウィルスコロナショックの株式投資対応について

2020年3月15日

何とか息してます。

池上さんのテレビ見てるとインフルエンザやサーズやマーズなんかもコロナ系らしいですね。エボラ出血熱はちょっと特殊のようですが広がらない理由として致死率が高すぎて出歩けないので蔓延化しないとか。

で、この蔓延型は感染力が強い代わりに症状が軽いのが特徴で、いまだ抑えきれないインフルエンザのように共存していく可能性があるとの事です。

またワクチン代がかかるのね~。

コロナショックについての株式運用方法を考える

ここは感情入ると良くないので数字のみから。

今回はシストレでも運用停止報告きたりと不穏な展開です。

シストレでは。

正直ここまで落ち込むとは微塵も思ってませんでした。
日経平均終値が20,749.75円。現在の日経平均終値が17,431.05円。その差は3,318.7円なのでまず1週間で動く量ではありません。

シストレでは5日期間下落でソートしてみたところ、2008年リーマンショックと2011年震災相場のときにしか発生していない規模だということが解ります。
為替の方は5日期間上昇(円高率)でソートしてみたところ、2000年以降では過去最高の酷い状況。
特に為替がリーマンショックを上回る記録を次々に出しています。

FXレバされてる方で逆張りの人は死んだ人かなり多いのではと思います。

もちろんダウの記録的下落「率」やリバウンド「率」もなのですが。

  • 今回のコロナの特徴は目途が立っていない。
    ワクチンは迅速にできても治療薬は一年はかかる。
  • 自主規制企業が多い。=先の半期分程度の業績悪化予想。
    これが怖い。
  • ドイツ銀行の危機的状況加速。
    ずっとやん。
  • オリンピック延期がよぎる。
    日本オリンピックと米選挙が鍵か。

などがあってリバウンドは必ずあるはずですがそれでも先が分からないので個人は少額に切り替えるか、順張り短期へ切り替えるか、いったん運用停止も視野に。など作戦会議です。

延期になって現状価格などが維持できる状況としては、私的には東京が変わらない限りは不動産関係かなと思っています。
しかしそれすら落ちているのでここはなんとも。。。

改めてここ2週間だけの含み損を見てみると-136万円でした。
ガッツリ入れていた空売り分はすでに利益確定済でヘッジは無い状況です。
これに株券原価があるので証券会社に500万円程度の資金拘束となります。

リーマン時の-300万越しを考えるとそもそも入れてる金額が少ないのですが率は同じ位なのか数字はまだゆるいと思います。

一番大事なのは資金管理と常にありますが次のショックが来たときに動ける金額がないと何もできないので次の上げでの見計らいがうまく出来れば損切もしくは売りヘッジを買いの同値以下もしくは同値辺り積立方式で入れて波乗り超長期戦へもっていくかしかないかと思っています。
例えば行くか行かないかではなく、「もし」日経が13000万円付近いくとき1000万ていどの余剰金があるかと言われると余剰金ではありませんので武器が無い状況ですね。

そもそも上で捕まってなければ欲しい銘柄だらけなバーゲンなわけですがそれよりも資金管理が大事と。

 

戦うかの作戦会議もコツコツたんたんとのペース配分は変更へ。

もしくは塩漬けだんまりへ。

理由はリーマン時全てこれでプラスへ持って行けたからです。3~5年かかりましたが。
運?
それもありますが資金管理ではないでしょうか。

ちなみに今回は退場者少ない感じがしているのは私だけでしょうか?私の場合は現状1/3原資をいれて現引き対応してるので無理はできません。
オリンピック延期がもし出た時の対応が出来なくなるのが一番死ぬパターンかなと思っています。
上がればリバ取れずとも助かるわけですしここの欲コントロールが死ぬほど大変なのがこの世界。

・リーマン→現引き長期
・震災時→翌日ヘッジ売り大量でびくともせず。
・新型コロナ→現引き中どうする?

現引きすると平均吸い過ぎて利確可能なうまく入れた玉も吸い上げられてしまうデメリットもあるのですが、一か八かも確かに多少はありますが今回はしょうがないですね。

それでもいきましょうコツコツたんたんと。やはり信じれるは出来高とオシレータとキャッシュのみです。(私見)

さらに落ちた時の為に現状購入額の3倍資金は最低でも管理しておきたい所です。

 

一度しかない人生楽しまなきゃそれこそ損失です。
株価もですが、今は危機感もって現実的コロナにかかってしまわない事の方が大事です。

 

ま~これでも見て落ち着いてください。
株価よりもハムちゃんですよ。くらいの余裕は必要です。

 

ど~でも良いですが個人的に一番死んでいるのはパークシャーです。ブログ奮闘記の方には良く書いてますがこれと出会ってから運命が劇的に悪化(笑)。

関連記事

-取引結果と展望
-

© 2016 ひろしワ~ク