HTTP Status Code|HTTPステータスコード一覧[日本語版]

ワードプレスをしていると良くエラーなど修正が必要なのでHTTPステータスコードを日本語でまとめてみました。

まだあるようですがこれがあれば特に問題ないでしょう。

HTTPステータスコードの割り振り|大枠

大枠の割り振りは以下の通りです。

100番代 : 情報・案内(インフォメーション)コード

200番代 : 成功・正常処理コード

300番代 : リダイレクション・移転通知コード

400番代 : クライアント(こちら側)のエラーコード

500番代 : サーバーのエラーコード

となります。

という事で100・200・300番代がお知らせ連絡みたいなもので、400・500番代が何らかのエラーで注意警告などとなります。

ワードプレスやプラグイン・アナリティクス・コンソールなどでよく見るコードですね。

HTTPステータスコードの割り振り|小枠

100番代  Infomation 情報

100番代一覧
100 Continue 継続。クライアントはリクエストを継続できる。サーバがリクエストの最初の部分を受け取り、まだ拒否していないことを示す。
例として、クライアントがExpect: 100-continueヘッダをつけたリクエストを行い、それをサーバが受理した場合に返される。
101 Switching Protocols プロトコル切替え。サーバはリクエストを理解し、遂行のためにプロトコルの切替えを要求している。
102 Processing 処理中。WebDAVの拡張ステータスコード。処理が継続されて行われていることを示す。
103 Early Hints 早期のヒント。最終的なレスポンスのステータスコードが確定する前に、レスポンスヘッダーのみを伝達する。Linkレスポンスヘッダーと組み合わせて、関連するリソースの先読み・プッシュ配信に利用することが想定されている。

 

200番代 Success 正常処理

200番代一覧
200 OK リクエストは成功し、レスポンスとともに要求に応じた情報が返される。
201 Created 作成。リクエストは完了し、新たに作成されたリソースのURIが返される。
202 Accepted 受理。リクエストは受理されたが、処理は完了していない。
203 Non-Authoritative Information 信頼できない情報。オリジナルのデータではなく、ローカルやプロキシ等からの情報であることを示す。
204 No Content 内容なし。リクエストを受理したが、返すべきレスポンスエンティティが存在しない場合に返される。
205 Reset Content 内容のリセット。リクエストを受理し、ユーザエージェントの画面をリセットする場合に返される。
206 Partial Content 部分的内容。部分的GETリクエストを受理したときに、返される。
207 Multi-Status 複数のステータス。WebDAVの拡張ステータスコード。
208 Already Reported 既に報告。WebDAVの拡張ステータスコード。
226 IM Used IM使用。Delta encoding in HTTPの拡張ステータスコード。

 

300番代 Redirection リダイレクション

300番代一覧
300 Multiple Choices 複数ページの利用が可能です。
301 Moved Parmanently このアドレスは違うアドレスに移動しました。
302 Moved Temporarily このアドレスは一時的に別のアドレスにおいています。
303 See Other 他のページを参照してください。
304 Not Modified アクセスは許可されたが、対象の文書は更新されていなかった。
305 Use Proxy LocationフィールドのProxy経由でないとアクセス許可されません。
307 Temporary Redirect このアドレスは一時的に別のアドレスに属しています。

 

400番代 Client Error クライアントエラー

400番代一覧
400 Bad Request タイプミス等、リクエストにエラーがあります。
401 Unauthorixed 認証に失敗しました。(パスワードを適当に入れてみた時などに発生)
402 Payment Required (将来の使用のための予約コード)
403 Forbidden あなたにはアクセス権がありません。
404 (File)Not Found 該当アドレスのページはありません、またはそのサーバーが落ちている。
405 Method Not Allowed 許可されていないメソッドタイプのリクエストを受けた。
406 Not Acceptable Acceptヘッダから判断された結果、受け入れられない内容を持っていた。
407 Proxy Authentication Required 最初にProxy認証が必要です。
408 Request Time-out リクエストの待ち時間内に反応がなかった。
409 Conflict そのリクエストは現在の状態のリソースと矛盾するため完了できなかった。
410 Gone そのリクエストはサーバでは利用できず転送先のアドレスも分からない。
411 Length Required 定義されたContent-Lengthの無いリクエストを拒否しました。
412 Precondition Failed 1つ以上のリクエストヘッダフィールドで与えられた条件がサーバ上のテストで不正であると判断しました。
413 Request Entity Too Large 処理可能量より大きいリクエストのため拒否しました。
414 Request-URI Too Large リクエストURIが長すぎるため拒否しました。
415 Unsupported Media Type リクエストされたメソッドに対してリクエストされたリソースがサポートしていないフォーマットであるため、サーバはリクエストのサービスを拒否しました。
416 Requested range not satisfiable リクエストにRangeヘッダフィールドは含まれていたが、If-Rangeリクエストヘッダフィールドがありません。
417 Expectation Failed Expectリクエストヘッダフィールド拡張が受け入れられなかった。
418 I’m a teapot 私はティーポット。HTCPCP/1.0の拡張ステータスコード。
421 Misdirected Request 誤ったリクエスト。
422 Unprocessable Entity 処理できないエンティティ。WebDAVの拡張ステータスコード。
423 Locked ロックされている。WebDAVの拡張ステータスコード。リクエストしたリソースがロックされている場合に返す。
424 Failed Dependency 依存関係で失敗。WebDAVの拡張ステータスコード。
426 Upgrade Required アップグレード要求。Upgrading to TLS Within HTTP/1.1の拡張ステータスコード。
451 Unavailable For Legal Reasons 法的理由により利用不可。403 Forbiddenから派生したステータスコード。

 

500番代 Server Error サーバエラー

500番代一覧
500 Internal Server Error CGIスクリプトなどでエラーが出た。
501 Not Implemented リクエストを実行するための必要な機能をサポートしていない。
502 Bad Gateway ゲートウェイやProxyとして動作しているサーバがリクエストを実行しようとしたら不正なレスポンスを受け取った。
503 Service Unavailable そのアドレスは事情によりアクセスできません。
504 Gateway Time-out リクエストを完了するために必要なDNSなどのサーバからレスポンスを受信できなかった。
505 HTTP Version not supported サポートされていないHTTPプロトコルバージョンを受けた。
506 Variant Also Negotiates Transparent Content Negotiation in HTTPで定義されている拡張ステータスコード。
507 Insufficient Storage 容量不足。WebDAVの拡張ステータスコード。リクエストを処理するために必要なストレージの容量が足りない場合に返される。
508 Loop Detected ループを検出。WebDAVの拡張ステータスコード。
509 Bandwidth Limit Exceeded 帯域幅制限超過。そのサーバに設定されている帯域幅(転送量)を使い切った場合に返される。
510 Not Extended 拡張できない。An HTTP Extension Frameworkで定義されている拡張ステータスコード。

 

ま~だいたい一回一回調べますが頭痛くなりますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です