インフルエンザB型の陽性だった|急な発熱兆候でとっさに病院へ

うお~苦しいですね。。。

まずは事の経緯から。

先週、次女がインフルエンザB型にかかりました。その看病のためにせっせこと娘の世話をしていたのですがその時に感染したようです。

現在娘は2日前に直りましたが、今度はひろぱぱがかかりました。

インフルエンザは潜伏期間は3日間くらいあり急な発熱が特徴とのことです。

当然潜伏期間中に病院へ行くと風邪と診断されるのですが、インフルエンザ検査自体は受ける事が可能です。

この期間で薬を飲むと熱が出る前にウィルスの増殖を防ぎ、最短で治療する事が可能だそうです。

今回は結果として出来る最短で病院へ行ける事は出来ました。

症状:

にしても急に関節が痛い。。そして服の擦れが痛いんですよね。

にしても家族がいるって助かりました。とっさに嫁さんが病院へ連れてってくれましたが一人だとめんどくさがって多分高熱出るまで行ってないと思います。

インフルエンザ治療の最短スピードとは

上記で書いた通りウィルスの潜伏帰還中に病院へ行くのが一番ですが、そもそも発熱も無いのに判断するのは不可能に近いですよね。

身体も元気だし。

ただし家庭内感染者がいたりすると疑う事は出来ますので早め早めが大事です。

そもそもが予防接種受けていてもひろぱぱ家は常にかかりますが、大変大変。。。

 

現実的な話をすると高熱が出てからいかに早く病院で薬を処方されるかが最短のコツでしょう。

私は体のダルさはあったのと、家庭内感染者がいたこともあり、36.8℃の時点で少し「んっ!!病院いこっ」とマジでなりました。

夜間緊急病いんなので高熱も無いのに気を使いますが、過去インフルエンザ経験者なのでだいたい「感じ」を把握してます。

って3か月前の話です。

前回はA型の陽性でしたね。
※インフルエンザは毎年「A型のあとにB型が流行します」。

みごとに流行そのままのどちらもかかってしまった。。。

夜間病院の為、ペッパーくんも寝ています。

で、家で体温計で測ったのが19:00です。「36.8℃」

病院について検査時に測るとなんど「38.9℃」

前回の40℃近かったのを考えると、

平熱36.5℃の私が、「36.8℃違和感から病院到着してすぐ38.9℃」は

どう考えても最短です。

※発熱高熱2日目が最大のキツさと言われてますが、1日目に薬を飲んでの2日目の状態では全く軽さが違います。

高熱を発症してからではなく、発熱”兆候”を見逃さない事はとても大切だと思います。

 

インフルエンザの処方薬

現状知っているのはタミフルだけだったのですが、ちがう薬を処方されました。

イナビル吸入粉です。

ちょっと調べてみるとこんな感じです。

引用:役に立つ薬の情報~専門薬学 | 薬・薬学・専門薬学・薬理学

経口薬(口から服用する薬)ではなく、吸入薬として口から吸いこむことでインフルエンザによる感染症を治療する薬がラニナミビル(商品名:イナビル)です。インフルエンザウイルスは肺や気管支に感染しているため、パウダー状の薬を吸い込むことで、ウイルスが存在する肺・気管支に直接作用させるのです。

ラニナミビル(商品名:イナビル)は、1回吸入するだけでインフルエンザの治療が完結します。これは、薬の成分が患部に長くとどまるという性質を有しているためです。薬の投与により、5日間程度は作用が続きます。

タミフルが5日間飲み続けるのに対して、イナビルは初回一回の吸引のみで体内に蓄積して5日間程度インフルエンザウィルスと戦うというものです。

ちなみに余談ですが、本来は自宅でするものですが、イナビルを吸引したことなかったので、大賀薬局の薬剤師さんが一緒にしてくれました^^;
運転は嫁さんなので。
「はい、吸って~。もっと強く。はい3秒間息を止めますよ~。」
と、これを10歳以上は2回です。

翌日以降:インフルエンザの経過状態

ある意味一番きつい時期ですが、発熱後すぐにイナビルを吸入してるのでこれでもマシな方なのかもしれません。
1日目の夜にイナビル吸引なので一日目のみ夜の状態です。

1日目(夜)

  • 食欲有り。
  • 熱「39.1℃」→カロナール「37.5℃」
  • 関節痛・服の擦れ痛み有り
  • 寝つき悪く夜中3回目が覚める。汗だく。

 

2日目(朝)

  • 食欲有り。
  • 熱「37.8℃」→カロナール「36.9℃」
  • 関節痛み軽減
  • 寝つき悪く夜中1回目が覚める。多少汗だく。

とあくまで自分感覚では明日には熱だけは治りそうな感じです。(ウィルスは別)
一番きつい今日がブログ書いてますからねこの記事^^;
ただ昨日の夜は3回も目が覚めました。汗だくになってました。

ウィルスと戦っているのでしょうか。
こまめな水分補給は心掛けています。

 

3日目(朝)

  • 食欲有り。
  • 熱「36.6℃」→カロナール無し
  • 関節痛み無し
  • 寝つきは良いがのどがカラカラになった。

 

4日目(朝)

  • 食欲有り。
  • 熱「36.6℃」→カロナール無し
  • 関節痛み無し
  • 寝つきは良いがのどがカラカラになった。
  • ほぼ直った感有り

 

5日目(朝)

  • 完治
    けっきょくは5日間かかりましたね^^;
    もっと早く治るかなと思いましたが完治というには5日間でした。

 

※保菌期間が5日間あります。
自分が体調良くなり治ったと思っても他の人へは感染させます。
絶対に人混みを避けて、接触禁止。

あなたが良くても周りはたまりませんからね。

絶対安静の徹底をここをがけましょう。

私もちゃんと心掛けます。

 

インフルエンザの型知識|A型・B型・C型

せっかくインフルエンザにかかってしまって調べたのでA型・B型・C型があります。

  • A型
    ウィルスが変異しやすく、たくさんのタイプが存在します。
    毎年少しづつ変化しながら世界中の季節性の流行を引き起こすため、A型は世界中で流行しやすく予防接種がおいつかない最もやっかいなものです。
  • B型
    ウィルスが変異しにくく、限られたタイプしか存在しません。
    そのため、ワクチンによる予防がかなり効果的。
    A型ほどの流行は起さないのと、症状もA型よりも軽いとされています。
  • C型
    他の2つとは形から特徴から大きく異なり、大きな流行も起さないのでワクチンの対象自体から外されている。

これを見ただけでも如何にA型インフルエンザがやっかいか分かります。
端的に、多くの亜科が存在するうえに非常に変異しやすく、爆発的なウイルス増殖速度を持っている事にあります。

これには理由があってA型は「ヒト」以外にも「馬・豚・鳥」など自然宿主が存在するからだともいわれているようです。

 

逆にB型は自然界で「ヒト」のみを宿主としてるため、人間が変異しない限り存在し続けることになります。
にしても「ヒト」のみが自然宿主なら何とか壊滅できそうなものですが出来ないのでしょうね^^;
人類が滅亡すれば宿が無くなるのでインフルエンザBは壊滅します。(理論上)

 

以上の事から、
今回のひろぱぱはB型感染なので症状が比較的に軽い方だったのかもしれません。
前回(3か月前)のA型は確かに死ぬほどきつかった。。。

子供がいるといろいろな病気は避けれませんよね^^;
しかし少しでも予防に関しては知識を増やしていき、自分もそうですし、他人に迷惑かけないようにしたいものです。

ひろしぱぱ
普段から風邪などは引かないのですが、インフルやノロはしょうがないですよね。。。本当にきついものです。最短の最善を心掛けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です