むすめがインフルエンザにかかった|40℃超しの高熱

娘がインフルエンザにかかってしまいました。

病院に行った結果「インフルエンザA型」でした。

発端は幼稚園。

幼稚園に送った後、幼稚園から電話がかかってきて、むすめの調子が良くないとの事。

今流行っているらしく全国でも一斉に感染が広がっているとの事。

帰って熱を測って上げるとなんと。。。。。

40.3℃( ゚Д゚)

これはまずい!!

慌てて病院へ行って座薬の熱さましを処方されました。

高熱による副症状の怖い所は脳挫傷などなんですよね。

例えば高熱が1週間ずっと続いたりすると脳に損傷がおきますので障害になったりします。

これが一番怖い。

子供は伝えるのが下手だったりすることもあるので異変があればすぐに病院に行きましょう。

インフルエンザの種類

今年の流行はA型とB型との事です。

実際にはA型・B型・C型と3種類あり特にA型とB型は少しづつ変化するため免疫作りが難しいそうです。

一方C型は苦しいですが、若いうちに一回かかってしまえば免疫が出来て一生免疫が続くそうです。

重症にはなりにくいという事です。

共通している事項は以下の通り

・38℃を超える高熱
・肺炎を含む、深刻な呼吸器系の合併症
・ものを飲み込むのが困難なほどの、のどの痛み
・関節痛、筋肉痛
・脳炎、脳症の合併症を引き起こすことがある

特に重くなりやすくたちが悪いのがA型という事らしいです。

インフルエンザかと思ったら

そもそもインフルエンザは国を挙げて警戒していますので時期がある程度決まってます。

ですので11月から2月の間は特にニュースも注意しながら子供の様子を監視してあげないといけません。

 

そしてこの時期風邪の症状がでたら無理をせず必ず病院へ行きましょう。

手遅れになってからでは後悔しか残りません。

結果、自己判断せずに病院に行きましょうねという事です。

インフルエンザの予防

うがい手洗い加湿の徹底でかなり防げるそうです。

一番大事なのは予防ですので加湿器のセットを徹底しましょう。

加湿度は60%前後を安定させることでウイルスが蔓延しにくくなります。

したがってエアコンの暖房やヒーターを入れるでしょうが湿度がかなり下がりますので、そのままではウイルスが暴れ出します。

ただし、加湿器で湿度を上げすぎると、ウイルスは減りますがカビが蔓延しますので設定湿度は60%がベストです。

加湿器は安いのでも構いませんが必ずつけるようにしましょう。

ひろぱぱ家はこれが2台とプラズマクラスター型が4台です。

日本で一番売れているであろうハイブリット加湿器です。(プラズマクラスターなど清浄加湿器兼用型除く)

たくさん買ってますが良いですよこれ♪

こちらも参考下さい

ひろしぱぱ
病院でも言われましたがインフルエンザに関わらずウイルスは乾燥すると元気になるので加湿が超大事!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です