映画「ミスミソウ」やばいぜこれ|殺人ざくざく(#^ω^)

なかなかやばい映画を見ました。

2017年4月放映のDVDバージョンですが、大人気ホラーアニメのミスミソウの実写映画バージョンです。

えらい評価高いな~と思い、気になってたんですがこれは凄い映画ですね。

「先生を流産させる会」の内藤瑛亮監督の映画ですがあの映画は面白かったですね。

期待も湧きながら見ましたがバトルロワイヤルの更にグロいバージョンのようなホラーサスペンスです。

ザクザク人間殺していきます。

※注意:子供とは絶対見てはダメです。

面白かった♪

映画「ミスミソウ」のあらすじ

今回はいつもお世話になってる大好きなMIHOシネマ様がまだあらすじ感想が出てなかったので、こちらも大好きなCinemarche様より引用させていただきました。

原作を見るとなお面白いそうですがひろぱぱは漫画の方はまだ読んでいません。先に映画でした。
コミックバージョンも全3巻と短いのに詰め込まれた映画になってます。

ミスミソウ

ミスミソウ

山田杏奈, 清水尋也, 大谷凜香, 大塚れな, 中田青渚
Amazonの情報を掲載しています

Cinemarche様引用
ミスミソウのあらすじ>>

雪に覆われた過疎の町。東京から大津馬中学校に転校してきた野咲春花は、“部外者”として扱われ、日々壮絶なイジメを受けます。
春花の唯一の味方である同じく転校してきたクラスメイトの相場晄。
彼を心の支えに必死に耐える春花だったが、クラスの女王的存在・小黒妙子と取り巻きのイジメグループによる嫌がらせは。エスカレートの度合いを増していきます。
いよいよ登校拒否状態になった春花。
抗議に行った両親に対応する担当教員南京子は、問題を起こしたくない一心でまじめ対応しようとしない。
そんなある日、激しく燃え上がる炎が春花の家を覆い尽くします。
相場の必死の救出作業で春花の妹・祥子は大火傷を負いながらも辛うじて助かるが、両親は命を落としてしまいます。
思いもよらない悲劇に遭遇した春花の心が、次第に崩壊寸前でショックのあまり声を一時的に失います。
事件の真相が露見することを恐れたイジメっ子たちは、春花に自死するよう強要しますが、それによって野咲家の火災がいじめグループの仕業であることが分かります。
それを知った時、春花の中で何かがはじけ、その場にいた三人の女子を一気に殺害します。
三人の女子が行方不明になったことで、春花が絡んでいることを察知した男子たちはモデルガンやクロスボウ、ナイフなどで武装しますが、春花は返り討ちにします。
復讐に走る春花ですが、その一方で相場の優しさに心揺れます。
生徒たちがどんどんと姿を消してくことで学校や、保護者たちは不安がり、残ったいじめグループの面々は恐怖に震えます。
家族を失った春花を支えるために来た祖父は、相場にいずれは都心に春花、入院中の妹を連れて帰ること予定であることを伝えます。
春花を支えると誓っていた相場の表情がにわかに変わりました…。

引用:Cinemarche様

映画「恋空」を見た感想

もろに監督の色も出ている映画ですが、過去作品の「先生を流産させる会」も面白かったのを覚えています。

原作が長編だと映画に収めるには難しいですが、原作コミックも全3巻と短いので忠実に映画化されています。

一番の見どころは、いじめと復習殺人部分の描写にはなると思うのですが、昔と違いこの時代に思い切った所があるなと思います。

バトルロワイヤルを何故か思い出しました。

殺人シーンクオリティは似ていると思います。
コミック版↓

どこかちょっと血出過ぎだろというところとか、はよ逃げろよとか^^;

リアリティはと言われると、ん~となりますがほんとバトルロワイヤル思い出します。シツコイ(笑)。

見終わったあとは当然全くスカッとはしません。

もやもやが残る最後となりますが、このジャンルなら当然であり、見て損はないサスペンスホラーです。

私なら家族全員やられたら、もっと殺すけどなと思いながらも想像して観てました。

一番の気になったことは、登場人物のスタミナすげ~(笑)です。目ん玉に棒ささったまま喋りながら歩くシーンや刺されてから死ぬまでの体力が凄く長い事(笑)。などなど。

原作に忠実が故なんでしょうね^^

ひろしぱぱ
生まれてきて、こんな状況なら気が狂うだろうな~。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です