また朝日新聞記者がやらかした「産経さん、記事に卑猥な広告を出さないで」

久々のニュース記事、面白かった。

また朝日の新聞記者さんがミスった。

 

相手は産経新聞で、産経ネットのニュースを見ていたら卑猥な広告が出る。

こんなの出さないでと産経を批判しながらツイート拡散した。

しかしこれ、リスティング広告で間近の読み手のクリックに反応してその人の趣味趣向に合わせてその人向きの広告が表示されるグーグル提供のシステム。

しかも会社のスマホを使用しての表示と自分で書いています。

これは尚更やばい。

自分の趣向を拡散してとんだ赤っ恥となっているが問題は個人の趣味嗜好ではなく謝罪があるのかどうかの道徳の問題です。

 

産経新聞には当然迷惑な話だけど、自社の朝日新聞にも私用していることをアピールして拡散している。

自分で。

ちなみにこの人。

前日の記事でこんなことも書いてます。

レゴランド運営会社の謝罪に対して、政治家のお詫びになってないお詫びに比べストレートで好感が持てると。

さて、政治家批判者なんて腐るほどいますが自分もきちんと謝罪することが出来るのか見ものです。

きっと書いている以上するのでしょう。

するかな?

ここまで拡散された理由は朝日嫌い派+この人の手記性格か、下手に強気にライバル会社を批判して迷惑をかけた産経に謝罪するのかどうかに焦点があるのでしょう。

産経の社員もイラっとはするでしょうがきっと爆笑しているでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です