サイオのG-7ヘアーローション キャピキシル7%+リジン|自然成分系でエレクトロポレーションとの好相性発毛剤

現時点では最高濃度を誇るキャピキシル配合の発毛剤となります。

意外に知られていないのも実情のはずです。

フィンジアやMARO17なども濃度は5%と高濃度ですが、それを凌駕する濃度の7%です。

加えてタンパク質を結合するための塗布用リジンが加えられてるので組み合わせは抜群です。

※ただし特徴としては、清頭皮成分はありますが浸透圧補助成分は入ってませんのでエレクトロポレーションなどを使用する人に抜群に効果が見込めるであろうキャキピシル発毛剤です。

日本ではマイナーですが日本製のキャピキシル高濃度7%としては唯一無二の存在の位置づけです。

今回は2本入りで到着。

細かい事はここでは紹介しません。
※あくまでエレクトロポレーション使用者は優位性がかなりありますが、その他の人はフィンジアやMARO17などそっち系の方が浸透率が良いです。

サイオのG-7ヘアーローション|キャピキシル7%+リジン

発毛剤:位置づけ

位置づけとしては育毛剤ではなく発毛剤です。

もちろんキャピキシルなので医薬部外品ですし、ミノキシジルのように止めると抜け続けるという副作用もありません。

このスポイト容器はミノキシジルを思い出しますね。

冒頭書いている通り、エレクトロポレーションを使用する人なんかはとても相性の良い発毛剤です。
MARO17のようにメントール系など添加を一切使用しておりませんので安全な成分を毛根へ浸透させることが出来ます。
※MARO17は安いので朝におすすめです。

逆に言うと浸透補助系は入っていない為、単体での使用は効果は見込める気がしません。
ちなみに育毛剤などの浸透率は5%前後というのが定説です。
最低でも80%以上は上げたい所です。

 

 

コスト:費用対効果

正直、”エレクトロポレーション”を持っている人にとっては現段階では最高の費用対効果の発毛剤です。
もちろんフィンジアなどもキャピキシル5%と高濃度ですがいかんせん価格が約2倍しますよね。
ただし、フィンジアなどは頭皮浸透成分も入っているしそれ単体で使えるものですのでそういう意味では良いですが、それなら私は”MARO17コラーゲンショット”がコストパフォーマンス最強です。

キャピキシル5%製品

  • フィンジア:約1万円
  • MARO17コラーゲンショット:約2500円

※ちなみにG7は約6000円ですから。しかも容量は60mlとフィンジアやMARO17の50mlよりも多いというのも特徴です。

コスト理論は一番下のひろぱぱ理論を参照ください。
現状パターンは3種混ぜが多いです。
夜はエレクトロポレーションでG7(キャピキシル7%高濃度)使いますが、朝は勿体ないのでメントール入りのMaro17(キャピキシル5%高濃度)メインです。

 

全成分

一般的育毛成分にプラスした特に特徴あるものとしての「キャピキシル7%濃度」+「リジン」です。

  • エタノール
  • BG
  • アセチルテトラペプチド-3(キャピキシル7%)
  • アカツメクサ花エキス
  • リジン
  • パンテノール
  • キハダ樹皮エキス
  • センブリエキス
  • 褐藻エキス
  • ヒオウギエキス
  • ショウガ根エキス
  • ビワ葉エキス
  • ウンシュウミカン果皮エキス
  • 冬虫夏草エキス
  • アロエベラ液汁-1
  • ベタイン
  • PCA-Na
  • セリン
  • グリシン
  • グルタミン酸
  • アラニン
  • アルギニン
  • トレオニン
  • プロリン
  • ソルビトール
  • レモングラス油
  • ラベンダー油
  • グリチルリチン酸2K
  • グリセリン
  • PEG-40水添ヒマシ油
  • ジフェンヒドラミンHCI
  • デキストラン
  • ラウラミンオキシド
  • クエン酸
  • フェノキシエタノール

 

口コミ:レビュー

口コミは賛否両論。
ここは理論的に考えた話ではキャピキシル7%濃度は、現時点最高成分濃度なのは確かです。
かなり売れている人気商品であるのは確かですがテレビCM商品ではないので知名度は低く知らない人が多い発毛剤です。

レビュー口コミ:G-7 ヘアーローション キャピキシル7%+リジン 

 

販売会社:株式会社SAIO

ミノキシジルなど個人輸入品で日本では有名なアイドラッグストアのみが正規販売店ですが、Amazonでも購入できます。
個人輸入で海外サプリなどを買ってる人はついでにアイドラッグストアでセットで買うならこっちがお得ですが正直価格はどちらも変わりません。

正規販売店:アイドラッグストア

 

ポイントなど気にせず単体で買うならこっちで充分です。

 

※エレクトロポレーションを使用する場合:注意点

G-7発毛剤はMARO17のように浸透成分系は入っていませんが、キャピキシル7%+塗布リジン超高濃度発毛剤でコストパフォーマンスもフィンジアの半額です。
これは浸透率が低いので単体ではおすすめしませんが、エレクトロポレーション使用する人は相性抜群です。
※逆にMARO17は安いですがメントール入ってますので注意!!

 

ベトベトも少ないので風呂上り寝る前がおすすめ♪

ちなみにこの会社のキャピキシル高濃度リジンシャンプーPro Plus
良いですよここ一年で一気に伸びてきているシャンプーです。
理論的シャンプーはこちらをご覧ください。

 

 

ひろしぱぱ
基本的にはコストパフォーマンスを最大限に理論的に考えた場合むやみに使用せず、
・夜:G7ローション(エレクトロポレーション有り)
・朝:MARO17コラーゲンショット
が使い方とコストパフォーマンス的にベストと思います。
私は考えまくった結果それです。

3 件のコメント

  • ひろぱぱ様 
    現在ひろぱぱ様考案の三種混合育毛剤をしていますが
    コラーゲンショットの枠をg7に変えた方がいいのか
    それとも三種混合せずg7単体で使用した方がいいのかご教授よろしくお願いします。
    ドクタースカルプは持っております。
    より効果的で出来ればコストパフォーマンスもいい方法もご教授いただれば幸いです。

    • 予算に余裕があるならコラーゲンショットでは無くてG7の方が絶対に良いです。
      私は3種混合(メインG7)を夜。
      コラーゲンショット単体を朝。
      にしています。
      コスト効率を考えるなら。
      ・バランスなら三種混合(g7メイン)。
      ・金額に有無を言わさないならG7一択でも。
      ・コスト最安なら三種(コラーゲンショットメイン)=エレクトロポレーション使わない

      がベストです。
      とりあえずメントールをエレクトロポレーションすると白髪がめっちゃ増えます。

      • 早急の返信ありがとうございます
        最近白髪の増えたような気がするのはそのせいもあったの
        ですね。
        三種混合(g7)でやってみたいと思います!
        ご教授ありがとうございました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です