株/投資

証券会社より2回目の電話|AIは見張ってるよ!

2021年3月18日

今日は証券会社より電話がありました。

昔も一回あったのですが単刀直入に「悪意ある建て玉操作」を疑われたわけです。

個人でのレベルの場合ゆるいように思われるかもしれませんが、小型株でかつ寄り付き直前のやり方次第では証券システムの検知システムに引っかかります。

例えば一番多いであろう個人レベルの話では「見せ玉」ですね。

メジャーなので聞いた事はあると思います。

どういうのかというと、自分の持ち銘柄に寄り付き前まで10000株とかを小型株に買いを入れておいたとします。

1~2分前にキャンセル取り消しをして、「寄り付きと同時に逆に成り行きで売り払う」というやり方です。

これが悪意ある行為であるかどうかは本人のみぞ知るところの話ですが、頻繁にわたってする人はブラックリストレベルに載るでしょう。

 

私のもまさに今回はこれにあたりますが、過去の1回目のもそうです。

当然朝一予約してたものを板を見て薄いので消しただけなので悪意はありませんが問題はその後の取引方法ですね、証券検知システムは見逃さないので夕方に電話がかかってきました。

証券「今回の○○株の〇〇枚の8時59分15秒の成り買い取り消して、9時00分26秒に成り売りされてますよね? どういう意図でのやり取りかお聞かせ願えますか?」

的な事です。

私の場合はシンプルにこの日はダウ上げにより短期デイ様に入れてたのを板見て薄いなと判断してキャンセルしてスイングに切り替えて下で買い直そうと一回利益確定売りを入れたのでまさにガッチリ悪意ある見せ玉と重なって判断されたという所です。

これですね、ある程度の条件があります。

  • 一度に扱う金額が大きかったこと。
  • 成り売りの利益が大きかった事。
  • 全て成り決済である事。
  • 買い消し直後の売りである事。

条件満たしちゃったというやつです。

かくかくしかじかの一連の流れと、その銘柄をスイングできちんとやり取りしてる履歴がありますので事なきを得て完了となりましたが、正直心臓には良くない話です。

「今後やめてくださいね。」

「ガチャ。」

「だから故意じゃないよ~。プ~プ~プ~。」

これは故意・悪意無くても発生する事例なので、長い事株式投資等してきてる人や動かす額が大きい人は一度は経験してるのではないでしょうか。

なんか寝付き悪い日になりそうだょ。

利益が無く損失だったら絶対かかってこないような電話ですその場合はただの相場のカモですので。

 

薄板の場合1000万円程度でも成り買いで入れれば個人でもとんでもない額が気配値で跳ね上がりますのでつられて順張りで買った人たちに9:00数秒後に売りつけるというやり方ですが、そもそも私は逆張りなのでその辺の説明もしておきましたがこの日に限ってデイもしてましたので。

という事で何事もほどほどにノンビリ行こうよというお話でした。

日本株・米株・中国株バブルです。中国はそうでもないか。

日本人皆コロナショックからみればスガノミクスばりの利益の出ようですが、こんな時こそノンビリですね^^;

皆様はご注意を。

 

一度目を付けられたら嫌ですね記録には確実に残ります。

関連記事

-株/投資
-

© 2016 ひろしワ~ク