VAIO SVZ1311AJ購入した|VAIO Fit 13A と VAIO PRO13 と Duo13で迷ったが・・

前回記事→VAIO Fit 13A と VAIO PRO13 と Duo13|どれにしようか迷ってる>>

で書いたのですが迷いに迷ってsvz1311ajを購入したよ^^

結果的にはめちゃくちゃ正解でした☆

ひろぱぱはそんなに多くは買い物では失敗した事ないですが、今回は大ヒットでしたね!!

スポンサーリンク

2016年なのにVAIO SVZ1311にした理由

当初はVAIO Fit 13A と VAIO PRO13 と Duo13で迷ってたんですが、最終はPRO13と最後まで迷いました。

今回はくそサーフェスPRO3が壊れたので急きょだったのですが、何故か急にSONY時代の4年前のSVZ1311がひろしの中で浮上しました。

理由は高性能なのにヤフオクの値段が2~4万が多かったからです。

あとかっこよかったからです(笑・当時は買おうか迷ったダントツのデザインだったの覚えてました。)

ま~結論は

はい、安かったからです!

22.000円落札(OS無し)でした^^

このPC4年前は最底スペックCorei3のシリーズで12万~最高スペックCorei7で20万~43万でした。

そして今この記事をSVZ1311ajで書いてますがめちゃ良いです♪

amazonだとこんな感じですね↓

amazonはまだ高いよ~。

新品だと(特にVAIOは高級な為)気を使いますがこれは値段が値段なので気になりません。

と、言おうかと思ったのですがあまりのカッコよさに気は使います(^^;)

 

実際のクロック数は今のCPUCoreのUシリーズよりか変わらないか今より良いです。

その代わり、一世代前は発熱が普通で今の方が低電圧でマザーボードや周辺に優しいです。

今のUシリーズの方がパソコンには優しいですが、数字を同じにした場合、処理スピードに関してはむしろMシリーズよりも劣ります。

あと、タッチパネルは使えませんのであくまでノートパソコンが良い人ですが。

 

VAIO-SVZ1311AJの実力は如何に?

今回ヤフオクで購入できたのは、VAIO-SVZ1311AJ CPUは予定通りCorei5 3825M メモリは4GB(当然8GBが良かった)、SSD128GBという構成でした。

OSは

ウィンドウズ10を入れました。実はウィンドウズ7機種なのですがウィンドウズ10にした方が起動スピードから何から全部上がります。

たまに他ブログでだめになったとかありますが、本当なのだろうかと思ってしまいます。

ひろしは会社は全部ウィンドウズ10に変えました2016/12/6と遅めですが(笑)

結果めちゃくちゃ良くなりました。タッチ式タブレットは当然ですが、デスクトップこそ変えるべきでした。
この記事→WINDOWS[ウィンドウズ]7と8と10どれが良い?10にした|予約してたのに始まらない人>>

に、書いてますので一応見てみてください。

 

起動スピード

起動スピードは10秒ちょうど。

サーフェスPRO3が14秒でしたのでかなり早く感じます。

 

サーフェスPRO3とのCPUの差

corei5-3210Mは、サーフェスPRO3よりクロック数は下がるので処理能力は劣はずなのですが体感はないですね。

ウィンドウズ10が良い方に影響してると思います。

むしろ会社のパソコンと同じ感じになったので使いやすくなりました。

やはりノートパソコンVAIOの方が「書く」ことに関してはサーフェスPRO3より使いやすいです^^

読むだけに関しては寝っ転がって使用できる分サーフェスに分があります。

ひろし的にはもともと家でネットサーフィン用とブログ書ければ良いや程度だったのでオーバースペックです(笑)

嬉しい誤算ですが、苦痛になることもない感じです。

 

バッテリーに関して

公表値ではサーフェスPRO3が9時間、VAIO-SVZ1311AJが7.5~9.5時間なのでこっちの方が性能が良いです。

ひろしはサーフェスのバッテリーが壊れて充電出来なくなったのでsonyの方が性能が良いです。

サーフェスPRO4に関しても、現行のVAIO社のPRO13やZシリーズの方が群を抜て性能が良いです。

 

薄さと重さに関して

高さ16.65〜24.75mm/約1.15kgなのでかなり薄いです。

サーフェスがキーボード付きで1kg弱なのでVAIOの方がわずかに重いです。

SVZ1311AJが13.1インチでサーフェスが12.1インチなのでそんなところでしょう。

とりあえずひろしの持っているVAIO-DUO11と比べると画面が大きくなって薄くなり軽くなって使いやすくなったというとこでです。

デザインに関して

やはりVAIOシリーズですね~しかもZシリーズですから。

4年前の機種でも最高です^^ かっこいい!

家でまったり使っております^^(満足)

スポンサーリンク

SVZ1311AJの弱点はどこ?

気になった弱点は4点見てみます。

①タッチパネル

タッチパネルではないこと。ひろしのように気にしない人は関係ないです。

VAIOシリーズは現行でもタッチパネル無しモデルが人気で敢えて最新型でシェル型をだしてます。

当然その分軽量パネルを使用するのでタッチ式よりだいぶん軽くなります。

 

②画像解像度

これは好みの問題でもあります。

DUO11を使ってますがフルHD (1920×1080)ですがタブレットサイズでは使いにくいものです。

ただし動画が超綺麗!ここを追及しなければ1600×900の方が13インチ以下は適正解像度で非常に使いやすいです。

 

③タッチパッド

ここの感度が良すぎてぶれます。

マウス使う人には全く関係ないです。

ちょっと「設定→マウスとタッチパッド→カーソル速度」あたりで適正を見つけてみます。

 

④メモリが追加できない

VAIO特有のオーナーシップで最初に決めるパターンのオンボードのやつですね。

ひろしはCorei5、4GBでしたが、ウィンドウズ10併用でサクサクです^^

ここは運と後付けができないのでしょうがない。

 

弱点としてはこの4つくらい

逆にこの4つだけですね。他はデザイン、性能、重さ、画面サイズ、ドンピシャです。

納得できるならば買いです。ウィンドウズ10との相性もばっちりです。

VAIO-PRO13と似たところが強いですね。

 

 

2016年からみたSVZ1311AJは買い?

・とりあえず使えれば良いって人には超おすすめです。(値段と機能から割り切れる)

・普通に探している人には普通におすすめです。(ただし8GBなら)

・安い高スペック探してる人は一世代コアが古いですがまずまずおすすめです。(安い割に使える)

 

ただし、VAIOシリーズは歴代からメモリやSSDなど簡単に交換できないつくりが多いです。

これは商売方法の一種であり、薄さを追求するとしょうがない部分でもありますが、ここは嫌ですね。

 

ですが結論を言うと2016現在

SVZ1311AJ corei3     20000円なら買い

SVZ1311AJ corei5  30000円なら買い

SVZ1311AJ corei7  40000円ならギリで買い(35000円なら買い)

といった感じです。

実際相場も今年さらに下がって買いやすくなってます。

4年前の高級機種がこんなになってます。

現行機種VAIO社の13~45万円機種か中古の型落ち割安(激安)か!?

どっとも正解でしょうがあなたならどうします?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です