ワードプレスwordpressアドレス触ってログインできない対処法|ロリポップサーバの場合

Oh!No~!ワードプレスアドレス「(注)サイトアドレスではない」を触ったとたん急に画面がぶっ飛んでログイン画面すら到達できない状況になりました。汗(;’∀’)死ぬ。

ログインアドレスを忘れたとかそういうのではなくログイン入力する画面にすら辿りつけないというやつです。

 

で、必死に調べていたら大多数の人が経験している模様。

 

そもそもここを触るという事はhttps(SSL)化に挑戦しようとしたり、アドレスが納得ない人、興味本位の人などでしょう。

やり方は2つありますが根本治療で行きます。

その場合はやり方は一つです。

このやり方で「完璧に」元通りになります。

データベースを触るのでサイトがオジャンになっても責任は取りませんが、ゆっくり冷静にすれば、やる事も少ないので逆に簡単です。

全くデータベースの事をしらないのも良くないので是非触ってみましょう。

触り過ぎると死ぬので充分にお気をつけ下さい。

これで完全に元通りになります。

ワードプレスwordpressアドレス触ってログインできない対処法①

データベースを触ります。

私はロリポップを使用しているのでロリポップの画像で説明します。

サーバにログインして「サーバの管理・設定」からデータベースへ行きます。

パスワード確認をクリックするとダイアログが出ますのでコピーかメモします。

上記画面にあるデータベースのユーザ名と先ほどのパスワードを入力。サーバの種類も先ほどの上の画像に出てますね。
これでデータベースへログインします。

するとこの画面が出てきますので先ほどの自分のユーザー名の所をクリックします。

「wp1_options」をクリックします。

すると一覧が出てくるので「siteurl」を探します。私は一番上にありました。
編集をクリックします。

 

 

ここがいじってしまったアドレスに書き換えられているはずなので元のワードプレスアドレスに書き直します。

これで実行ボタンを押して終了です。

これで全て終了でログイン出来るようになります。

もう一つのやり方もありますが、どっちにせよ「全く同じように元通りにするには」このデータベースへ入らないと結局出来ませんのでこのやり方をきちんと覚えておきましょう。

逆に説明やらいらんけ治したいという人はこれをすれば完璧です。

 

ワードプレスwordpressアドレス触ってログインできない対処法:2

こちらはもう一つの方法です。(別に見なくても構いません)

データベースではなくFTPサーバから「wp-config.php」ファイルを開きます。

define(‘WP_SITEURL’,’http://あなたのワードプレスアドレス’);

を貼りつけます。

これだけでログインできるようになりますが、ワードプレスの設定からワードプレスアドレスを触る事が出来なくなります。

なのでサーバを引越しする時や忘れたころに思わぬ事態を招きかねません。

そもそもログインは出来ますが元々なかった記載を強制的に書き込むわけですから、逆におススメ出来ません。

ただデータベース触るよりは危険が少ないというだけです。

ログインできるようにだけでなく元通りするには結局データベースに入って先ほどの作業をしますので二度手間です。

最初からワードプレスwordpressアドレス触ってログインできない対処法①を実践して下さい。

簡単ですし、二度手間になりませんし、他を触らなければ何も怖くも何ともありません。

 

さ~これで復活^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です