FU×PASフーパス066と069の違い|顔が大きい人と超大きい人用幅広メガネ♪

前回顔が大きい人用のメガネで調べているとFU×PASフーパスが候補にあがりました。

フレームの横幅が幅広なのでかなり楽にかける事が出来ます。

もしかしたら鯖江ブランドメガネかなと思って調べてみるとセルメガネのメッカ鯖江ブランドのやはり枝分かれの顔デカイ人用のブランドでした。

FU×PASフーパスブランド

2006年に福井県鯖江市で誕生したフーパス(FU×PAS)は、どこか懐かしい風合を感じさせながらもモダンな要素を取り入れ、大人で上品な印象を醸し出しています。
デザインから生産まで全て鯖江市でつくられ、細部までこだわり抜かれたフレームは匠の技とも言える完成度を誇ります。
眼鏡の初心者から上級者まで支持をされているブランドです。
未来(FUTURE)と過去(PAST)の融合FU×PAS。クラシックなデザインに最新の技術・素材を使用。

宮本メガネのブランドで、ん~かけてみたいけど近くには無いんですよね~。。。

気になっているのは066と069番。

形上はこてこてスクウェアではなく四角過ぎず、上に丸みを持たせているのでウェリントンとスクウェアの中間という形です。

いわゆる一番ネットで買うなら失敗がない良くあるセルフレームの普通の形という感じです。

特殊すぎず一番求めていた形です。

FU×PASフーパス066と069の比較

形状:スクウェアウェリントン

基本形状は全く同じに見えます。
形状にお互いやり過ぎ間がなく、この定番の形はある程度誰にでも似合うので好きですね。
スクウェア過ぎず、ウェリントン過ぎない中間メガネです。
調べるとウェリントンと書いているショップもあればスクウェアと書いてるショップもあります。まさに中間です。

066と069の形状自体は同じです。

 

サイズ:幅広タイプ

もともと顔の大きい人用に作られているだけあってどちらも大きいですが違いがあります。
066:ビッグ(XL)サイズ
069:Xサイズ
です。ずっと書いてきてるトレミー48の025と近いのは069です。
つまり069は通常顔サイズの人にも大き目ではありますが若干大きい部類です。

 

デザインの違い

基本がデザインを引きついているので全く同じはずですが、飾りビスの違いのみのようです。
加工側目線からいえば大量生産品でないので066の方が手間がかかります。

 

色の違い

4種類から選べますが、スモーク(SM)でしかひろぱぱ的には見てませんのでこれの比較です。
ただでさえデカいメガネなので主張しすぎるとちょっと立体感が半端ないのです。
表コメカミ部分の飾りビス以外全く同じデザインです。

 

価格の違い

FU×PAS:066の方が古いので楽天などのモールで購入が可能です。1.2万円~3万円程度から手に入ります。
FU×PAS:069は取寄せorショップ扱いのみになるので3万円程度になります。
2018.10.14現在

 

2つを踏まえたうえでの選択|FU×PASフーパス066に決定!

難しいですね。トレミー48を追っかけてきただけあって尚更むずかしいです。
サイズ的にトレミーに近いのは069です。
その場合、価格は3倍異なります。
066と069のデザインは飾りビス以外同じ。
なのに069の方が新しいので価格も3倍します。
しかしゆったりかけれるのは絶対に066。

真剣なので手持ちのオークリークロスリンクのサイズを測ってみました。

クロスリンクは自分的には似合います(笑)。
ふちが太いので主張感はありますが、スモーク半透明にすることでかなり軽減はされてます。
しかし、鏡で見る主観と写真などで見る客観は異なります。
あれ!?
こんなクロスリンク小さかったかなと毎回思います。
そう。
顔がデカいんじゃ( ゚Д゚)w

この場合、客観がどう考えても大事で見た目そのものなんですよね。
だから大きいの探してた訳なのです(笑)。

FU-PAS069のサイズと比較すると横幅以外は大きく違わない事が分かります。
縦が2m、レンズ横幅が2mm、全体フレームは7mm大きいだけです。
大きいですがそれ以外はそこまで変わりません。
もちろん形状がクロスリンクはスポーティースクウェアなので形差はありますが、サイズ差に面白みがないという所。

という事でせっかく大き目メガネを買うならFU×PAS066にすることにしました★

決まった!しかし視力が下がって3年位探してたんじゃないでしょうか。

それくらいありませんね~顔デカいと不利です。

おかげで選択しが絞られて厳選はできましたが悲しい悩みだぜ(笑)。

自分の顔の横幅考えると明らかに159mmないと足りんぞ(笑)!!!
しかしメガネ平均幅14mmですが、ほんとに皆そんな顔小さいのか( ゚Д゚)ショック!ヒロパパ

Nanapiさん引用ですがベストな条件はFU×PASには揃ってます。
この理論でいくと目の中心は変えない方が良いので、鼻掛け部分のブリッジ幅は1.7mmのままキープかそれ以下にしてレンズの大きいのにするしかありません。
フレームのブリッジ幅は1.7mmなので平均と同じより1mm程度大きいだけなので問題無し。
形はスクウェアウェリントンなので無難でしょう。

ここでは色は載せてませんが、色白の人は黒ぶちよりも黒系で少し薄目が良いそうです。
フーパスで言うとデミかグレーになりますが色の乗せ方だけがいまいち気に入ってませんが好みもあるので。

あまり書くと抹消されそうだけどこの理論でいくとこの辺も全部だめという事に。
確かにサイズ似合ってない。やまちゃんはわざとですが。
ボソッ「一人は髪型のほうが気になる。」

おいイケメン出すな!と言われそうですが横幅に関しては確かにそうです。しっかり顔幅ちょうど。
惚れてまうやろ!!!!!

そもそも面長の人はメガネに合うイメージあるんですけどね。

それは置いといて、この理論なら
FU×PAS-066は日本で唯一のひろぱぱに合うメガネです。(笑)

※「似合う」かどうかは別(笑)として適正に「合う」です。

 

FU×PASフーパス066の色と注意点

066にはテンプルのみオリジナルでネットでは乗ってませんがモスグリーンやレッドなど選べます。
但しその場合はメガネ屋さんでの購入になるようです。
既存のカラーリングでもテンプルがレッドの部分と通常のブラックの部分などありますので注意して下さい。
メーカー公式カタログ上ではこの3種類になりますが、テンプル部の色違いは存在します。

公式ではありませんが、スモークフレームのテンプルモスグリーンなども。

楽天か実店舗のみでしか購入できませんので限られますが、ちょっと試してみます^^;
色々自分なりにサイズをカットしてみたりしました(大笑)が、やはり実物がないと無理ですね(><)!!
にしてもデカいサイズのメガネの使用感って無いですね~マイッタマイッタ。

この店は実際、愛知県海部郡蟹江町蟹江本町ヤの割に存在する実店舗のメガネーゼ蟹江店。
メーカー取寄せ商品なので安心ながら他店と違い卸価格限界まで頑張ってるとは思います(笑)。
個人店での取り扱いばかりのFU×PASなので助かります。

 

メガネレンズの選択

度数を選ぶ場合はお医者さんに従っての判断なので別ですが、UVカットのみを選択する人はブルーライトカットレンズの方がおススメです。
理由はブルーライトカットはUVもカットするので紫外線だけでなくLEDレーザーもカットしてくれるからです。
特にダテメガネで選択する人はブルーライトタイプならこのスマホ・パソコン時代おススメです★
どうせ外出るならなおさらです。
絶対に外でしか使わない場合に限りUVカットのみレンズで良いでしょう。

 

ここまでくるともう失敗しようが楽しみになってきました(笑)。商品到着を待つ!!!
たまにありますよね?写真より実物の方が良い商品って。
そうである事を祈ります^^;/

 

 

ひろしぱぱ
こりゃもう買って試すしかないですね^^;
しかしかなりデカいので失敗したら家でパソコンメガネにも出来るようにブルーライトカットレンズにします。
どうでも良いですがメガネの利益率は半端なく高いのです(笑)。
最近は見直されましたが昔では「宝石・メガネ・時計」はぼろもうけ商売の鉄板です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です