ひろし不動産売る。。。その1 不動産投資の(な)闇

不動産投資に興味ある人はかなり多いようですね。

私も当時2008年かな、北九州に投資用アパートを購入しました。

利回り25%位でした(運が良い)^^

立地が悪く古い物件でしたので次の売り手が見つからなければアウトでした。

場所が良ければ土地も売れますが悪ければ買い手が付きませんから。

ま~元金回収して利益がでてからただでも手放せばいいや~位の感覚でしたが今思えば危険。

 

スポンサーリンク

 

場所が悪いと馬場抜きと同じで最後の人が建物解体費用だしたり買い手がつかない限り上物解体しても土地の固定資産税は延々と払い続けないといけないから精神上最悪になります。

ちなみに私は解りやすい金額設定で言うと、

年利25%の18部屋の古いアパートを2000万円のキャッシュで買い(借入金利無し))、6年間運用して、2000万円で売れました。

かなり成功しましたね。

一重に不動産屋およびブローカーの人と仲が良かったのでこうできました。

この方今は飯塚市で独立して不動産業を開業して軌道に乗ってます^^

が、今からの不動産はなかなか怖いですよ~。

別に不安をあおるつもりはありませんがピークは東京オリンピックとも言われております。

人口もまだ維持できていますがこれから日本の人口は減っていくばかり。

あげく増やす為に外国人を積極取り入れしようと頑張っています。(特に福岡は多い)

ちなみに福岡市の人口は2016年現在は年々増加しております。

が、聞いたことは有りますよね?

 

スポンサーリンク

 

「2035年問題」

言葉汚くてもとにかくシンプルに書いてみます。

えげつない問題ですがまず団塊世代の方たちが一気に死にます。

ふる~い土地と建物が残されます。

親族が相続するかどうか決めます。

①相続すればいつかは壊れる解体や増築やリフォーム、補強は親族で。
②相続放棄すれば国のものになります。

空き家がめちゃ増える。(人口減少で借りてor買い手減少)

場所が良ければ別だが資産運用には向かない。
住むには耐震などフルメンテが必要。
放棄してれば国に取り上げられる。

そう、今から投資物件を買う人は例えば駅前に買いました。

人は立地が良いため何とか確保できる。

日の丸人口は減る。外人は増える。(回収リスクも日本人より増える)

家賃の高いところには外人はいかない。

治安悪化。

故障いたずらはオーナー負担。

ま~精神衛生上良くない。

そしてがっつりは儲けにくくなっている。

 

マイホームは別。

ただし、キャッシュで好きなところを買う人は当然OK。

ローン組んで買う人は後の事よく考えないと~。

けど、自分で納得できる注文住宅か、その土地が好きな場合は購入した方が良いと思います。

 

ちなみに人口が減れば空き家が増える → 価格が下がる。(賃貸であれ売買であれ)

ちょうど先日福岡銀行○○支店の資産運用の方と話てきました。

その人も30代でしたが僕らの時代はがんがん購入する時代ではないと同じ考え方でしたね。

借りて優位の時代だからです。

マイホームはパパたちの一世一代の夢だから否定はしません。

ちなみに事業者、経営者が高級賃貸が多いのは事業用途入れて経費で落とせるからですね。

こういう人たちはキャッシュで持ち家もあったりなかったりします。

へたくそな文章ですが要は、「不動産運用は慎重に」。

基本は「立地が全て」ですよ。

しっかりとした不動産を通して選びましょう。

が、不動産の収益はオーナーを儲けさすことではないから、手数料を取るためだからなるべく高く買わせて高く手数料を取ることが仕事ですよ~気を付けてそこのあなた!

では。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です