解決:「amp-ad」で必要なタグ「amp-ad extension .js script」がないか、正しくありません。これはまもなくエラーとなります。

ワードプレスでブログをしているとグーグルコンソールでエラーや警告が良く出ますが一般的なエラーであれば時間が解決してくれる場合がほとんどであることが分かりました。

この辺は技術者や初心者、記事を書くのみに専念したい人、などによって対応が色々異なると思いますが最近触らなければ解決することに気づきました。

2018年になってからのほとんどのエラーはAMPに関するものが大半を占めていると思います。

それだけAMPが認知受諾されてきたと言えるのだと思います。

ワードプレスでグーグルコンソールエラー頻発と対処法

基本的には技術者以外は無理なコードなど打たない方が良いと思います。

初心者の人や、忙しい人は仕事に支障をきたす可能性もある位、複雑なことなので時間の無駄が大きいと思います。

当サイトも「重大な警告」「エラー」150個とか60個とかよく出てましたが最近、最クロール送信で0になりました。

結局、入れているプラグイングーグル指定推奨の「AMP for WP – Accelerated Mobile Pages」が更新されるので、ワードプレスの更新とプラグインの更新さえきちんとしていれば勝手に合格と次々になっていってます。

現に160個のエラーが今回のプラグイン更新で「0」になりました。

一番多かったのが

「amp-ad」で必要なタグ「amp-ad extension .js script」がないか、正しくありません。これはまもなくエラーとなります。

というものです。

これは良く出てくるくる。

調べるとどうやらテーマのスクリプトに記述する必要があるようですが、試行錯誤してたらわけわかめになりました。

ですが結局、試行錯誤したものを元に戻してプラグイン更新して、再クロールテストボタンを押すと警告やエラーは全て消えました。

2か月間もの間対処しませんでしたが結果的に勝手に修正されました。

グーグル指定推奨プラグインの今回の「AMP for WP 」の更新で、再クロールボタン押すと全て合格に勝手になりました。

本当はもっと早めに修正されていたかもしれません、コンソール自体見てませんでしたし再クロールテストボタン押したのも久しぶりでしたので。

良かった~というものの自分で色々いじり過ぎていたらんことにならんで良かったという意味もあります。

結果的に解決となりました。

これはエラーが出た時点で自分で修復出来る人は良いですが良く分からない人は触らない方が賢明だなと痛感しました。

ただ、広告のコード関係など自分でしないといけないエラーももちろんありますのでその辺だけ手直ししてあげてあとはプラグインに任せようという結論に至りました。

それが一番の時間の節約になるなと。

何の為にワードプレスとプラグインを使用しているのか。

「便利+時間短縮+面倒は嫌」

のはずなのでこれを使用しない手はない。そのエラーすら解決してくれる。

一応日本人には別バージョンの方が人気のようですがグーグル指定推奨プラグインはこれです。

AMP for WP – Accelerated Mobile Pagesの使い方|
AMP化でのワードプレスPV数の激増と収益の減少について

大事なことは逆らわないこと。

流れにはついていく事。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です