デュプリケータで保育園の配布メモリアルスライドショー作成|圧倒的スピード複製コピー!

保育園の行事のメモリアルスライドショーの作成とそれを配布するためのDVDを作成しました^^

用意するのはデュプリケータとDVD-Rだけです。

編集はパソコンでしてコピーはパソコンで一枚ずつするとラチあきませんが、デュプリケータを使用すると圧倒的なスピードで完成します。

100枚作製するのに30分です^^

パソコンでするとずっとパソコンの近くにいる状態で2日間かかるでしょう。Σ( ̄ロ ̄lll)ヤッテラレネ~

デュプリケータの使い方

ひろぱぱの会社には3台ありますが1回で28枚複製ができます。

時間にして30分物で6分程度です。ハヤッ!

早速まわしてみましょう。3メーカー使ってきましたが全メーカー扱い方は全く同じです。

一番安定していて壊れないのはLG製です。

電源オン → びよ~ん出てきます。 → セット

この際一番上がマスターDVDになります。これ1枚だけをパソコンで作ります。

あとはセット完了したら「コピー」→「OK」を押します。

あとは勝手に開始して勝手に終了してびよーんと出てきます。

途中経過は65%まで完了中など出てきます。100%で完了します。

失敗した段(ドライブ)や、マスターDVDが傷ついていたりすると前もって分かる優れもの。

たしかにマニアックな商品ですが会社や学校などではめちゃくちゃ便利です。

業者でDVD複製を頼むと安い所で100枚1万円程度でしょうか。

30分以上動画などなら1.5~2万円程度します。

結婚式や幼稚園行事のメモリアルスライドショーや動画、またはセミナー用DVDや説明書動画作成など幅広く活躍するディプリケータは超マニアックな商品ですが大活躍します。

さて、そんなディプリケータを使用して今回は保育園の配布用メモリアルスライドショーを100枚複製しました^^/

ご要望有る方はお声掛け下さい^^

 

デュプリケータの注意点

パソコンでもそうですが一番電力と熱を持つときは電源を入れる時とドライブを回すときです。

ディプリケータの場合ドライブを11枚とか回すのでとんでもなく熱を発します。

特に夏場の長時間使用は読み取り部の焼き付きを起こしやすいです。

壊れたら壊れた段だけ買えれば良いのですが結構嫌ですよね。

きちんと排熱を考えてあげましょう。

私の場合は横カバー外して扇風機を直でガンガン回してあげます(笑)。

ディプリケータの故障のほとんどはこの熱による壊れです。

お気をつけてください。

私の場合はこれをしだしてから全く壊れなくなってきました。

カバーしたままだとどうしても長時間に耐えれず壊れますのでご注意を!!!

では、マニアックなデュプリケータのお話でした!(^^)!

安さで言うとこの辺でしょうムリに国産だと倍の値段します。

排熱をきちんとしてあげれば調子は保てます。

ひろしぱぱ
特殊な人の需要しかありませんが便利ですよ~★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です