育毛剤用のロングノズルスプレー容器|日本で2つのみ!超良い★-ひろぱぱ理論④

これは超おススメだぞ~~~~!!!

育・発毛剤の時にはスポイド式・スプレー式・塗布ノズルなどいろいろ有りますが、各メーカー特色を出そうと必死ですね。

全種類を通過してほとんどのメーカーが決断した大多数はスプレー式です。

スプレー式にも2つあって直線ジェット式(フィンジアなど)と霧状式(M1ミストなど)があります。

どう考えても全てを合わせたスプレーノズルが一番良いのですがなぜない!?と思ったらありました。

一カ月以上探しまくりましたが日本で2つしか存在しません。

実際は一年くらい探してたと思います(笑)。

育毛剤のスプレーノズルの色々と研究結果

各社考えまくって育毛剤のスプレーノズルは色々ありますがいまいちこれだっというのに出会えませんでした。

有名どころですが全部髪の毛がびしゃびしゃになってダメなんですよね~。

上の写真のようなショート式やイクオスなんかはショートノズル式で霧状なので良いように宣伝してますが全然ダメダメです。(昔の直付け塗布式より良いだけ)

唯一スポイト式やノズル式は根元で塗布できるのでとても良いのですが衛生面と手間がかかり面倒というデメリットが大きいです。

それもあって、2018年現在ほとんどの会社は一点ジェット噴射のスプレー式となってます。

もっとも育毛剤の浸透に適したノズルはどれなのか?

一番大事なことは、無駄に髪の毛につかず直接頭皮直撃できてかつ、衛生的で手間がかからないノズルが完璧な完成形です。

マニアックな分野ですがそんな都合よいものあるわけないじゃん。

まとめてみました。

スポイド式(ミノキシジル等):衛生面と手間面で劣るが直接頭皮へ届く、保管性質上スポイトをどっぷり付けるので、塗布する際に髪の毛へ絶対ついてベトベトになる。

スプレー式(霧状:M1など):付け心地は良く薄く広く均等に噴射出来るが、髪の毛はベトベトになる決定版。ダメ。

スプレー式(ジェット:フィンジア等):霧状式がダメなので改良されたジェット式。一直線に飛ぶので髪の毛に付きにくい点は良いが点噴射の為全体へまんべんなくするのはしんどいのと、霧状ではなくだまになるので液だれが激しくすぐ目や首まで垂れる。

塗布ノズル式(リアップ等):引っ付けて使用するので不衛生かつ毎日すると痛くなる。こりゃ論外ダメ。

と、まとめると以上の事で「間違いない」でしょう。

そして各社スプレーのジェット式へほとんどの会社が行きつきました。

そして私的にはダメという結果にいきつきました!!

(考えすぎッて!?)

いや、これを使えばびっくりしますよ♪

 

もっとも育毛剤の浸透に適したノズルはこれ一択!!

そもそもなぜ全てを合わせたロングノズル式スプレーがないのだ。。。

色々研究してなぜここにたどり着かない?

実際取り寄せて使ってみました。

結論いうと「完璧」です。

 

ロングノズル式スプレーのメリットとデメリット

メリット:

ジェット式+塗布式+霧状式全てが合わさったものです。

完璧です。

直接根元へ届き、根元で霧状噴射なので髪の毛がベトベトにならずに根本でぶわ~っと広がる感じですね。

そして塗布式のように軽く頭皮につけて軽くスプレーをスライドさせていくだけで頭皮のみをまんべんなく薄めに噴射できます。

デメリット:

本当に売っていない。少なくとも発毛剤メーカーからは売ってません。

育毛剤メーカーから日本では2つしかありません。

しかし、その容器の中身がアルコールポ系なので不要という、これが残念。
別容器へ入れてこれはエレクトロポレーションを使用しない日のみ使用すると良いです。
もしくは朝のみです。
発毛成分はありませんが、頭皮環境は間違いなく良くなるのと匂いだけがアレですが爽快感もあります。

 

育毛剤のロングノズル式スプレーの使いやすさ

ええっそりゃ最高ですというか完璧です♪

まとめてきた条件全てを兼ね備えてますのでこの上ない使い心地です。

なぜこれで発売しないのか意味不明。特許?(ナイナイ)

 

育毛剤のロングノズル式スプレーはどこで買えるの?

これは探しに探し回りました。

大げさに聞こえるでしょうがもたもたしながら一年間以上探してます(笑)

結果的に以下の2つしかありません。

 

amazonでチェック(ノズルついてます)

 

ラボシリーズルートパワー

ラボシリーズ (LAB SERIES) ルート パワー RG 200mL

ラボシリーズ (LAB SERIES) ルート パワー RG 200mL

8,580円(11/12 22:55時点)
Amazonの情報を掲載しています

セリオキシル(青)とアラミス(白)ですが噴射の量が違います。

アラミス(白)の方がオシャレ重視で使いにくいです。

理由はノズルが方位磁石のようにゆるく、くるくる回って変な方へ噴射します。

そして角型なのでめちゃくちゃ持ちにくい。慣れれば問題ないです。しかし私でギリギリなので大きくて女性は無理でしょう。(200ml)

一方セリオキシル(青)はちょうど手に良いサイズ(150ml)で女性もOKでノズルも動きません。かつ大量噴射されないので何度もまんべんなく使用でき、考えられてます。

※中身はどちらもアルコールメントール系なので使いません。エレクトロポレーション使用してる人は特に使わない方が良いです。

浸透します。

もったいないので別容器へ移して朝のみ使用。

中身は使いませんが、レビューでは匂わないとかハーブの良い香りとありますがきっと鼻が麻痺してるんでしょう、どちらも小さいとき臭いと感じてたおじさんのいわゆるあれです(笑)

 

あくまで容器とロングノズルスプレーのみの為に購入です。

私はロレアルの方が容器が良いのでロレアルのロングスプレー容器を使用してます。(150ml)

中身は当然詰め替えますが、その中身はマーロ17(50ml)とM1ミスト(40ml)とクロワスカルプエッセンスEXプラス(60ml)を混ぜたものです。

これの理論的に基づいた組み合わせで、かつ月間コストパフォーマンスが良くなります♪

 

追記:2019年10月21日

最近はこんな組み合わせもしてますが入れ物容器はやはりこれ一択です。

 

ひろぱぱ発毛・育毛理論
成分・コスト・効率全てが大事!
まとめリンク集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です