面倒なので湯たんぽをレンジにかけてみた★|冬の隠れ最強暖房具は湯たんぽ!

冬の必需品湯たんぽ。

必需品。とは必ず必要な品と書く。

はい、使ってない人なんていないですよね??

もしいたらぜひ使うべきです(笑)めちゃくちゃ暖かいですから。

エアコンやファンヒーターと違いのどが痛くなったりしませんし、寝る前に布団の中に入れておくだけで布団暖房機のようなものです。

なので顔は凍えますが(笑)、一度使うとエアコンとか使えなくなるくらいはまります。

根本の暖かさがエアコンと違い、芯から温まる感じです。

ファンヒーターと比較されるとちょっときついですがエアコンには絶対勝てます。

あとはランニングコストがお湯なので激安というメリットもありますね。

私は毎日のお湯入れが急に、まさに急にめんどうになったので電子レンジで通常の湯たんぽを試してみました。
念のため蓋を外して~一分チンっ!

ま~~~~~~~~~~ったく温まりません。

不思議。周りすら全くです。

しょうがないのでいつも通りお湯で(笑)

スポンサーリンク

湯たんぽのメリットとデメリット

現在湯たんぽの存在が見直されているようで商品の多角化も多くなってきましたのでメリットとデメリットを書いてみました。

メリット

  • 本体もランニングコストも安い
  • はまるほどめちゃくちゃ暖かい(布団の中のみ乾燥機かけた後のイメージ)言い過ぎ!?
  • メンテナンス不要で故障がない
  • 火事にならない
  • 体調不良にならない。

などがあります。

ただ色々ありますが、けっきょくなぜ湯たんぽを使うかというと、体調を壊さず布団の中が一番暖かいからです。

デメリット

  • お湯入れがめんどくさい
  • 低温やけどに注意

位しかありません。

ただし、そのうちの一つである低温やけどは気を付ける必要があります。

必ずカバーを付ける必要がありますのでそこは注意が必要です。

そして直に足などに引っ付けない事ですね。

寝るときの暖房器具は、ヒーターでも電気毛布でも何でもすべて気を付ける必要があります。

布団の中全体を温めるものとイメージしておくと良いでしょう。

もう一つはお湯入れがめんどうというところですね。

ちなみにこれ、一人暮らしの方は全く面倒ではありませんのでおすすめします★

問題は家族がいる場合ですね。これは面倒です。

いちいち沸かしてたらラチあきませんので瞬間湯沸かし器がおすすめです♪

これがあれば約1Lの水が1分で沸騰します。

ただし、さすがは現代ですね。

電子レンジ対応湯たんぽがでてました^^

これは便利じゃないか。

水入れてレンジでチンなので、3~7日に一回だけカビ懸念のため水交換すれば良いだけですね!ムムム( ゚Д゚)

これはレンジだけに楽チンッだ~!(苦)

で、実際使用してみると確かに楽じゃないか!!!!!

寝る前にチンッして終わりです^^;

今まで何だったんだ(笑)というくらい楽で便利です。

ただし暖房度が昔ながらの湯たんぽには劣ります。

レンジ使用ゆえ大きいサイズがないようです。

レンジ対応湯たんぽ1L

ただし、私はなんだろ。自分のは昔ながらの湯たんぽの方がやっぱり好きです♪

サイズが大きいというのもありますね。布団の中をぽ~~~~っかぽかにしてくれます♪

昔からの湯たんぽベストセラー


基本必ずカバーは使用してくださいね^^

冬の隠れ最強暖房器具でした★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です