WEB

2020年5月グーグルコアアップデート被弾でブログ撃沈を考察

2020年5月のグーグルさんのコアアップデートが行われてからというものブログPV数が撃沈しています。

他にもブログが死んだ。終わったの声が多数ありというより有りすぎてマイッチングまちこ先生です。

大方ほかの方も書かれてる人多いですが個人はほぼ被弾してると思います。

現実の真実か否かはグーグルさん以外誰もわからないそうですが、最も注視されたと言われているサイトの”信頼性”と”モバイルユーザビリティ”と”表示スピード”の3点。

もちろんタグやメタディスクリプションの複雑性、パーマリンクなんかの一般的SEO部分も上げられてましたが、個人が自由に発信するにはあまりにもハードルが高いのが”信頼性”。

これの存在があまりにも大きすぎる。いわゆる小手先系ではかわせないやつです。

ひろしワークも例外なく撃沈ですが、元々昨年撃沈してたのとバイクブログとユーチューブ動画に力を入れ過ぎてたので久々このブログを見直しました。

元は毎日5000pv程度安定してあったこのサイトですが、昨年のコアアップデートで1000pvまで撃沈してました。

そしてこの2020年5月で一日500pvまで撃沈してます。しかも安定してます(笑)。

SNS時代になり流入がオーガニック検索だけではなく間口が広がったのもあり、色々なリンク融合が必要な昨今一番有効なユーザーは芸能人を除いてやはりオーガニックユーザー。

しかし今のユーチューブ業界など見ても個人が顧客・・いやファンを抱えて導線を引く作業は避けれない時代なのかもしれません。

当然どれだけ上を目指すか次第ですが。

逆に実務で情報宣伝メインではなく、物およびイラストなどの能力技術を提供している人が日の目を見る時代が来るのかもしれません。

グーグルさんのコアアップデートによる改善点と噂

今回の噂の3点のうち2つ「モバイルユーザビリティ」と「表示スピード」に関しては個人の努力で改善できると思います。

私は割り切ってコンセプトが画像重視なので大きな改善は出来ませんが、一般の記事の人は出来るはずですしした方が良いのは明白です。

ブログの画像サイズ縮小・圧縮などで大きければ大きいサイトほど改善できると思います。

気合い入れて削除しまくると超わかりづらい記事になりそうですがある程度は動画と融合させながら頑張ればいけるかもしれませんね。

冒頭で個人には難しいといったサイトの「信頼性」とはどういったものでしょうか?

サイトの「信頼性」とは

これが個人には厳しい時代というには意味があります。

今回のアップデートで明らかに明白に登記企業サイトが優位になりました。これは噂通り明白で聞こえ悪いかもしれませんがどんな薄い内容でもキーワードだけしっかりしてれば上位にガンガン入っています。

登記企業サイトには実業務してる企業やお店が出してるサイトやブログが含まれます。よって電話番号・特定出来る住所・そして代表者名などまで明確に乗っていますよね。

これが個人ブロガー弱みであり一番の弱点なのでこれを改善するという事自体に昔のようなブログの感覚だと置いていかれるのかもしれませんね。

昔はよくコリンせ。。。いや、住所:太陽系・執筆者:マッチョマンとかのニュアンスはよく見たものです。それがブログの良きところでもありましたので。

ただこの場合上記点ではおふざけ程度で良かったにせよ、別の意味での信頼性を無くしたASPアフィサイトの乱発、金だけを追求した1ページ誇大広告商品紹介ゴミアフィリエイターが増えたのも事実です。

人の役に立つのではなく自分の売りたい表現で導線を引き、企業が書けない誇大ギリギリを自己感想として売るみたいな手法でこれも近年淘汰されてきましたので安心してネットショッピングできますが、逆に物を生み出せないアフィリエイターにとってはかなり苦境の時代になるのかもしれませんね。

 

さらに具体的なものでいうと私ひろしぱぱの経営してる会社は当然co.jpなので商品名高品質記事ブログよりもそこそこの記事で当然負けません。

料金も高いながら登記簿から印鑑証明から免許証から全て必要なのでそこの度合いが個人には現状勝てなくなったというのがわかりやすいかもしれませんね。

 

その他謎部分

ただし、それじゃ~匿名ブログはダメじゃん!かというとそんなことはありません。

今回のアップデートで検索良くする人は絶対に気づいてると思いますけど今までグーグル検索との相性最悪だった、アメブロなどがどんどん上位にきています。
その他にもNoteや安定のハテナブログなんかは維持してたりとしていてこの辺も謎と言われている部分だと思います。

ただしその選定はグーグルさんのみぞ知るところなので、正直内容クオリティよりもまだ近々アップデートはあるのではないかと思ってます。

 

その他明確な変化

他の明確な変化として今までは【バイク】と検索すると果てしない数の記事が出ていましたが、今は10ページ程度しか出てきません。
他は全て圏外。
これは個人では絶対に太刀打ちできない壁ですしあまりにもシビア。

メジャー用語入れるとわかりますね【映画】とか【食べ物】とか。
ま~一単語をとれる個人はそうそういないでしょうが、組み合わせ検索も当然シビアになってるから今回の悲鳴が聞こえるのであって、ここは明確な変化と言えると思います。

他には以前よりも圧倒的にユーチューブの動画が引っかかるようになっています。
グーグルさんが今力を入れて置きたいのがなんなのかも垣間見えるような構図ですね。

これからの個人ブログの戦国時代末期として

戦国時代としてはとっくに昨年までに終えていたかもしれませんがこの終戦後のような事態の対応は考えさせられますよね。どぼちよ。

という所ですが、私は生業ではないのでこのままいきますが、それでも何かしらの事はしたいと思っています。

今回の件で既にとも言われてますが、雑記ブログに関してはさらに年々不要の賜物になる可能性が出てきてるので、クオリティに自信のある人は法人化してco.jp化するのも一つの手かもしれませんが育ててきたドメインを簡単に変更するのも宜しくないとも言いますよね。

現実的な話をすると普通に月1000万稼いでたサイトが一気に圏外でとんでいる例もあり戦々恐々の事と思います。

発信者側はその世界にいるというのを忘れないように、変化しながらついていくか離脱かの選択も出てくるのかもしれませんね。

離脱=諦めると聞こえが悪くなりますが時は金なりで、個人によってこの感覚は異なりますので私は否定はしません。

すでに個人離脱者わんさかな事でしょう。

就活が始まるかユーチューバー目指してそうですね(笑)。

 

ひろしぱぱ個人的には

もともとこのブログでは上を目指し過ぎてないので良いのですが当然我関せず続けます。

ただ超力込めているバイクブログ「ひろしバイクどっとこむ」は確実に何かしらの変化をしますね。
まだまだ上を目指してますし、こちらは動画もようやくといった所で月+500人ペースでチャンネル登録者数も再生数もブログとは反比例して増加してますし何より趣味が活きてますのでかなり楽しいのが一番です。
実際の所ユーチューブ収益はデータ出し違反になるので数字のみですが同じアドセンスでもブログとは比にならない位伸びます。
再生回数と再生時間が全てですのである程度人のも予想できます。
登録者だけが多くても再生時間と回数みればおおまかな予測ができてしまうのはなんですが(笑)。

という事でサイトスコアを測ってみたら意外に変化無しという手の打ちようがいまいち見つからないひろしぱぱでした。
皆さんは今回のアップデートでブログはどうでした??

ちなみにPV同様収支も落ちてるのが前回と違う所です。
間近では31万円から11万円に1/3程度落ちてますがまだ落ちると思いますねこれ。フ~ム

 

[voice icon="https://hiroshi.work/wordpress/wp-content/uploads/2019/07/profile-2.gif" name="ひろしぱぱ" type="r"]消されたくないよ~Y0Y[/voice]

-WEB
-

© 2016 ひろしワ~ク Powered by AFFINGER5