夏こそ長袖!UVカット冷感コンプレッション|CW-Xレボリューションとボディタフネスを比較!

夏は暑い。熱い。焼ける。

外現場の仕事の人やランニングする人なんかは分かると思いますが、夏こそ半袖の人暑いだろうな~って思いますよね。

汗かく前提で外にいる場合に限り:これは短時間外にいるか、長時間いるのかによって異なりますが、長時間の場合長袖の方が涼しいんです。

そもそも裸でも焼けるように暑いのですから。

そして、日焼けしませんし体力の消耗を防げます。

一番のお勧めはピッタリフィットするコンプレッション式のアンダーシャツです。

フルマラソンなどランする人は、着ている人多いあれです。

一見暑いだろ~と思いません?私も昔はそうでしたから。

これを着るのと着ないのでは全く体力の消耗が異なります。

涼しげに見えるのはコットンの大き目のTシャツですが、これが逆効果なのです。(私服で短時間外の場合などは除く)

もう汗をかくと分かってる前提ならポリエステル系の密着型にするべきです。

冷感コンプレッションの役割

コンプレッションの本来目的は筋肉の疲労軽減に目を向けられがちですが、冷感タイプの場合最も注目するのは体温調整です。

炎天下で冷たいのか??という疑問。

ちょっと違います。

裸で炎天下で立ってるのを想像して下さい。

太陽の熱をそのまま吸収するのでそのままの暑さです。

コンプレッションの場合は加圧によって汗のかき方と、熱を冷たくするのではなく熱を一定の温度に保つ役割があります。

体内温度は実はたいして変わりませんが表面温度が「全く」違います。

直だと皮膚がジリジリ焼けるのでこんがりしたお肉のように熱くなります。

コンプレッションを着ていると太陽に当たる前の温度に一定に保とうとしますのでその効果で冷たく感じます。

あとはUVカットで日焼けしませんので特に日焼けしたくない人には「超」おすすめです。

一見暑苦しく見えるので牽制しがちですが、一度着るとやめられないやつです。

このクソ暑い夏、ぶっ倒れないように炎天下の外で長時間いる人は着るようにしましょう。

熱中症による脱水症状対策にもなります。

冷感コンプレッションのすすめ|高級品と安価品

一番のおススメはCW-X(ワコール)のJYURYU ジュウリュウトップ レボリューション ハイネックですが高い!

圧倒的な着心地と肌触りですが毎日着るには私は10枚欲しいのですが高い!10枚だと8万位になりますので1枚フルマラソン用にしかもっていません。

今回はジョギング練習用に枚数買うためにボディタフネスの安いのも買って試してみましたが悪くなかったです。

5枚セットで5千円切りました^^

コンセプトがボディタフネスは外現場用でcw-xはスポーツ用です。

予め言うとcw-xの着心地も冷感もダントツで良いですが価格も10倍します。

練習用でUVカット重視でボディタフネス。
本番やここぞの時では、全てに完璧なCW-X。

この使い分けが良いと思います。当然お金持ちはCW-X一択でしょう。レベルが違いますので。

 

ボティタフネスのコンプレッション

ボディタフネスは気軽に着れるという意味でそうとうおススメです。

コンプレッション(加圧)重視なら小さめサイズを選んだ方が良いですが、首元が苦しくなりますので注意。
冷感と日焼け重視なら通常or大き目が良いです。
黒白2種類づつのLとLL着てみました。

LサイズとLLサイズの比較です。

基本的な違いは首回りと胴回りのみの違いです。

コンプレッション加圧効かせて着たいか、ゆったり着たいかによります。

首元の違いが一番分かりやすいと思います。

私的には炎天下で外に出ないといけない場合はLサイズの加圧強めがおすすめです。

着心地は小さめのTシャツというイメージで良いと思います。

低価格加圧コンプレッション
ボディタフネス

仕事・ラン練習用におすすめ★

CW-Xのコンプレッション

圧倒的なシルクの着心地と加圧はイメージではダイバースーツの超薄いバージョンです。

特にJYUURYUシリーズのレボリューションは完璧といってよいレベルのものです。

これはLサイズにしてますがここぞという時にきてます。もう3年位来てますが全くへタレません。

オールシーズンタイプですが夏の冷感はボディタフネスよりも強くお腹こわしそうになります(笑)。

首元はピッタリなのに全く苦しくないという。

ずっと着ていたくなる素材です。加圧も冷感も完璧ですので仕事でもマラソンでも筋肉疲労激減で疲れません。当然日焼けも0です。

着心地はシルク。ずっと着てたくなる気持ち良さ。

ひろぱぱも愛用★★★★★
完璧な加圧コンプレッション

CW-X jyuryuシリーズ
レボリューション

ひろぱぱは一枚しか買えませんでしたがお金持ちは圧倒的にCW-Xをおすすめします。

練習用にどちらも購入してみれば一発で分かります。

CW-Xの圧倒的な素晴らしさを★

もう別物ですね。ただしボディタフネスは価格が魅力♪

使い分け。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です