修理系

東芝壁掛けエアコン大清快RAS-562GDRH の分解方法と洗浄方法

2024年1月4日

東芝エアコンの分解・洗浄方法です。

大掃除の際にまとめてしましたが、洗浄はあらうだけですが多くの方が悩むところは分解部分だと思いますので、その方法です。

洗浄用の分解方法ですのでいつものリサイクル素材までの解体とは全く異なりますのでご注意下さい。

早速作業開始です。

 

東芝壁掛けエアコンRAS-562GDRH の洗浄用分解

※人により順序は異なりますので、当然順不同となります。

前面パネルを開けて外して。

ダストBOXを外して。

網フィルターを引き抜く。

Fケーブルネジを外しカバーを外す。

左側ネジ2つを外してカバーを取る。

右側は4つのネジを外して取る。

手前ルーバー中心をたゆませて外す。

奥側ルーバーも同じ。

下奥のカバーは引くだけで外れます。

両サイドカバー(灰色)を外す。

4つのネジを外して点灯パネルを外して。

パネル用カプラーを外す。

掃除ユニット表面センサーを2つ外す。

モーターアース・基板(電源)アースを外す。

更にネジ4つ外してユニットを外していきます。

上奥両サイドのネジを外します。

天井側の爪と摘みを押して外します。

まだ配線があるので基板を開けます。

真横から見て一番右下のカプラーを抜く。

お掃除ユニットとの接合カプラーを抜く。

最後にモーターカプラー抜いたらOKです。

 

洗浄用の分解完了

これでお掃除ロボユニットが外せます。

基板じゃなくユニット側のカプラー外せばいいじゃん」となりそうですが、ユニット側外す方がかなり大変です。

 

 

東芝壁掛けエアコンRAS-562GDRH の洗浄

洗浄に関しては人により更にやり方や道具が異なりますので、【※動画参照】下さい。

  • 上から熱交換器洗浄→ドレンを通じて外のドレンホースから汚れ出し。
  • 下から熱交換器【裏】+ファン部分の洗浄して、足元のバケツへ汚れ出し。

マスカーで養生して水受けをセット。

漏れ穴塞いで、ビニールを広げる。

あとは高圧で洗浄するだけです。

 

しっかり洗浄

不安な人・初めての人は基板側は水掛けないようにしてみると安心ですよ。

 

 

エアコン分解・洗浄で必要な部品・工具等

あくまで私がDIYで使用している工具などです。

部品類:

この機種はプラズマやナノありませんので、交換部品は不要です。

 

工具類:

●脚立(きゃたつ)|ピカ

100%必要ですが、サイズはこれあれば背の小さい人でもいけます。(ひろしぱぱも使用してます)

 

●高圧洗浄機|丸山製作所

アルミフィンを傷つけない絶妙な力と便利な孫の手ノズル。プロの人の9割これじゃないかな?(私見)

 

●水受け|ホッパー

大事に使用すればず~っと使用できます。

 

●マスカー

初心者の人はセット品でも構いませんが、エアコンサイズも色々対応出来るようにマスカーで養生できるようになればどんなエアコンサイズでも可能になりますよ♪

サイズは550mmと1.100mmがあれば全て対応できます。(※1.100mmだけでもOKです)

 

 

東芝壁掛けエアコンRAS-562GDRH の分解・洗浄作業動画

今回の作業動画ですがメインが分解方法となってます。

 

エアコン熱交換器とファン洗浄したらめ~~~~っちゃスッキリします♪

関連記事

-修理系
-