ダイソンDyson-DC62を使って臭い排気を完全に消す方法④|モーター部の清掃分解方法

関連記事はこちら

①ダイソンDyson-DC62を使って臭い排気を完全に消す方法|匂いの原因箇所

②ダイソンDyson-DC62を使って臭い排気を完全に消す方法|サイクロン部の清掃分解方法

③ダイソンDyson-DC62を使って臭い排気を完全に消す方法|フィルター部の清掃分解方法

④ダイソンDyson-DC62を使って臭い排気を完全に消す方法|モーター部の清掃分解方法

裏技:旧DysonダイソンDC62の臭い匂いを完全に消す方法|空気清浄機HEPA脱臭フィルター装着

 

ここはブログでは探しても見つからなかったので自分でしてみました。

ダイソン社はここは補償外、分解して壊しても見てくれませんので悪しからず自己責任です。

ダイソンで吸うゴミは、ヘッドからサイクロンを通過して大小に分別され、さらに抜けたゴミはフィルターで取り、それでも取れなかった微細なゴミは最終的にモーター部へと行きます。

なので何をしても取れない人や使用年月が1年超えてる人はここのスポンジにも埃、微細ゴミが溜まってます。

ここからも当然悪臭が出ます(+0+)クッサ~

 

スポンサーリンク

 

ダイソンDyson-DC62のモーター部の分解清掃方法

無理やりすると必ず割れますので注意!!

順番通りにして下さい!

 

まずはネジを外す

カップを外して前ネジを外してバッテリーを外します。

バッテリー付けたままだと感電の可能性もあるので必ず外してください。

ここは基礎ですね。

次に後ろの写真部分のねじを外します。

ネジを無くさないようにしてくださいね。

 

次にマイナスドライバーを排気口から突っ込む

ねじを外すとダイソンDC62のモーター部のカバーは爪で引っかかってます。

まずは排気の出る所へマイナスドライバーを突っ込みます。慎重かつ大胆に(笑)いきます。

テコの原理でドライバーの先っちょだけ外側に持っていくイメージです。

爪の位置は頭にイメージしておいてください。(水色の部分が爪です。)
順番通りに①番②番をすればあとはスムーズに外れます。

①番からパキッパキッと外していきますが、ここのプラスチックは割れやすいので重々自己責任で気を付けて下さい。

順番があるので注意!!

1番2番さえ外せばあとはスムーズに外れます。

大体上図の①・②・⑥番で留まっています。他はずれ防止みたいなものです。

 

元に戻すときは逆の手順で、⑥番の爪からはめて①番の順にします。

 

スポンサーリンク

 

慎重にカバーを外した後はスポンジフィルターが2つ出てくるのでこれを取り出して、水洗いします。

モーター側はエアダスターで清掃して下さい。

ただし、悪臭がここまで来てる場合エアダスターだけでは取れないので軽く消毒スプレーをします。

すると完全に匂いは消えます★

スポンジ側は手で優しく良く濯いで下さい。

くれぐれもちぎれたり破れたりしないよう気を付けてください。

ま~スポンジなので何とでもなると思いますが。笑

 

裏技ですがこのスポンジフィルター部分にHEPAフィルターをつければ最新のダイソンコードレスに生まれ変わります^0^


 

ま~これは置いといて、消毒をしてきちんと天日干しします。

きち~んと水気を飛ばしたら完成♪

ここまですれば匂いは完全に消えます。

 

はい^^新品時の匂いになります♪まじです!

 

この作業での必需品

人体無害消毒液


だんだんとやり始めると楽しくなりますよ★

掃除するものを掃除する(笑)

大切にメンテナンス!素敵じゃないですか♪

 

ちらっと上で紹介してますが、このモーター部には裏技もあります。

それがこちらの記事ダイソンDC62の臭い匂いを完全に消す方法|裏技:空気清浄機HEPA脱臭フィルター装着

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です