記事ブロガーの味方!疲れ知らずの赤軸メカニカルキーボードが来ました♪

ここにきてキーボードが不調になるという事態に陥ったのと同時にメカニカルキーボードの茶軸ですら指に負担が出てきだしましたのでいよいよ最終駅である赤軸へとたどり着きました。

赤軸って何?となるかもしれませんがメカニカルキーボードの軸の特徴の事です。

かいつまんで大袈裟に分かりやすくいうと、一番指に負担が無く疲れにくいキーボードの事です。

押しがかなり軽くなるその分、しっかりと押した感などが犠牲になります。

赤軸は音も静かで毎日パソコンをする人にはとても助かる救世主になる事でしょう。

指にサポーターをしてるくらいなのでマウスとキーボード選びには真剣です。

そして茶軸メカニカルキーボードが色々あってこんなになりましたので(笑)。

メカニカルキーボードの特徴

全て根幹はスプリング式なのがメカニカルキーボードです。
その中でも素材の違いによって、「青軸・赤軸・茶軸・黒軸」といった呼び方で分けられています。
素材やスプリングの違いから全てにクリック感の重さ・音の量などが変わってきます。
もちろん全体の耐久性も通常のキーボードよりも圧倒的に耐久性があるのも特徴です。

特徴が強く出る青派と赤派に分かれがちですが、中間の茶軸や黒軸もあります。

 

・青 軸

一番クリック感が強く押し幅も深い。
ただし力も必要で押圧60g。
その分がっちりと押した感が強くしっかりと入力している感じが味わえるのが特徴です。
音も一番煩くなりますが全てがハッキリとした感じとなります。

・赤 軸

赤軸は青軸の真逆です。押し圧45g。
クリック感と押圧は一番軽く、初めて通常のキーボードから赤軸に映る人はクリックが軽すぎてびっくりするそうです。
特徴は疲れにくいというのが最大のメリットで軽く押すだけで入力が可能です。
代わりに犠牲になるのがしっかりと押した感、そして音もかなり静かになります。
※今回は動画で音も出してますので見てみて下さい。

・茶 軸

バランス型です。押圧55g。
赤と青の中間に位置してますので、初めてメカニカルキーボードを使う人はこれが良いでしょうという位置づけにあります。
いわゆるスタンダード。

・黒 軸

一番メンブレンと同じ感じです。押圧60g。
押し圧は青軸と同じですがクリック感が赤軸のように少ないのでこれといった特徴が出にくいです。
これなら安い通常のキーボードで良いじゃんとなってしまいますが重たいですが反発も凄く強いのが特徴です。
音もやや煩め。

指に負担を掛けたくないなら赤軸がおすすめ

もちろん一番クリック感が軽いからですが、物理的に押圧が45g実際に一番負担がかからないからでもあります。
タイピングがめっちゃ早い人が赤軸キーボードを使用すると空回りしませんか??
私は早くないのでむしろちょうど良いですが次から次へとヌルヌルと文字が打ち込める感じです。

茶軸を使用してきたので音も凄く静かに感じるのも特徴ですね。

ということで届きましたよやっと~!
購入したのはオウルテックの赤軸メカニカルキーボードの日本語配列。いわゆる一般的なやつです。

実際に押しても非常に軽い。軽い。軽いタッチ感です。
そして音もメカニカルにしてはかなり静かです。

これなら嫌いな上司がとなりで打ち込みしててもギリ許せるかも。
キーボードの音って自分以外が不快でしょうがないですよね(笑)。
ましてそれが嫌いな人だったら。。。かつ青軸や黒軸だったら(笑)。
苦痛の音でしょう。^^;

ちなみにUSBの先に付けるアダプタも付いてますので使用できるマザーボードの人はUSBポートが一つ開放できるので良いですね。

バチバチ打ち込んでみましたがやはり軽い♪
指の負担がかなり軽減されますので毎日ブロガーにはやはりメカニカル赤軸でしょう。

動画でも言ってますが、もっと早く出会っていれば良かったです。
別に茶軸が悪いとかではありません。
ただただしっかりと特徴が出ていて赤軸キーボードで大きく1万円をきるものはほとんどありませんのでオウルテックのメカニカルは私的にはコストパフォーマンス的にも良いですね。
気兼ねなく壊せます。チガウカ。

がっちり押した感が欲しい人には向いていないかというとそんなこともなくですね、しっかり押した感もあります。
これに関しては動画の方が音込みで伝わるかもしれませんね。

ちなみにこれリストレストも付いています。

 

オウルテック赤軸キーボード|Cherry社製

しっかりとCherry社製ですよ。この価格のコストパフォーマンスは最高ですね。

 

赤軸メカニカルキーボードが来ました♪レビュー動画

嬉しくて動画を撮ったのですが実は早朝です。
いまいち舌が回っていません(笑)^^;
ただし言葉は置いといて音と最後の方の入力感じが伝われば嬉しいです。

 

ひろしぱぱ
こうなってくると青軸も使用してみたくはなりますね。
青軸と赤軸は正反対のタイプですが、どちらも人気です。
一番人気が無いのは黒です。
たしかに人間せっかく買うならどっちかの最大限の特徴に偏らせたいのはありますよね(笑)^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です