検証:スニーカーのラバー系アウトソールを消しゴムで綺麗にしよう|ハードタイプがおすすめ

オシャレの秋になってきましたね♪

別に秋でなくとも春夏でも秋冬でも使える方法なのですが、スニーカーのアウトソールの”汚れ”や”黄ばみ”を取る方法です。

消しゴムは聞いた事あったのですが、実際に自分でしたわけでは無いので今回は本当に綺麗になるのかどうか検証してみました。

お気に入りのシューズがある場合はなかなかの必見です。

消しゴムでも種類によって異なる事が判りました。

革製品の場合、革部分はキィウィなどのワックスがおすすめですがソールに関しては普通のスニーカーはマルっと水洗いでも良いですが革系の場合そうはいきません。

部分的に綺麗にする必要があるので消しゴムはおすすめでした。

動画でも検証しています。

スニーカーのアウトソールを消しゴムで綺麗にするお手入れ

MONO標準消しゴム

出来る部分はここだけです。
他の革の部分をこすると色が剥げていきます。
これは一般的な合皮であれ本革であれ注意です。あくまでソール側面です。

ひたすらこすってあげましょう。
コツは歯ブラシと同じで強くではなく、軽く何度もです。

いまいち分かりにくいですが”ま~ま~”。時間の割にいまいちかなと思いかけています(笑)。

更に続けて。
上:何も無し 下:消しゴム側

かれこれ10分。想像してたよりは取れて無いのです。
消しごむを交換してみました。

 

MONO消しゴム|ハードタイプ

消しゴムを標準からハードタイプに交換しました。

こっちでこすると全然汚れの落ちるスピードが違います。
体感倍速は違いますね。

消しゴムお手入れ前と後の比較

左:無し 右:消しゴム側

左:無し 右:消しゴム側

左:無し 右:消しゴム側

 

ずっと見てたら私もだんだんと分かりにくくなってきたのですが遠目で見ると一目瞭然でした。

と、新品同様の白はもちろん不可能ですがかなりの汚れと黄ばみが実際に落ちる事が判りました。
そして消しゴムはハードタイプが断然良いです。

 

●MONO消しゴム|ハードタイプ

この消しゴムはダイソーで購入できます。ネットだと30円で買えますが。
もしかしたら”砂消しゴム”だともっときれいになる気もしてますが試してません。

 

スニーカーのアウトソールを消しゴムで綺麗にお手入れ|動画

人知れずシャカシャカと頑張って綺麗にしました(笑)。
一人でもくもくと靴底を消しゴムで綺麗にする作業はなかなかシュールな画となりました。
しかし自分で検証できたので何かスッキリしました♪今後も手入れしていってあげたいと思います。

 

ひろしぱぱ
これでお気に入りの靴もさらに愛着がわきますね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です