費用対効果No1のHUAWEIスマホ良いね♪|HUAWEI P20 Lite [vs] Xperia J1 compact

いよいよXperiaJ1compactの調子がおかしくなってきました。
具体的な症状は写真を撮ってたら充電が急に0になって電源が落ちる。
これを頻発するようになりました。

たった2年半たんですけどね~。

ひろぱぱのXperiaJ1compactはサイズが4.5インチと使い易く気に入っていたのですけどね。
しかしブログをするようになってからは小サイズだと超不便というのもありました。
ただし電話重視の人には超使い易いサイズです。

で今回は楽天モバイルのHUAWEI P20 liteへ機種変更しました♪
simフリー機種なので楽天でなくても自分の契約先のsim入れるだけなので、誰でも購入可能です。
2018年中旬から下旬はアンドロイドはTOP10中5機種がHUAWEIで占める独占市場になっています。

ズバッとHUAWEI P20 liteにして良かったことを見てみます。

HUAWEI P20 liteのスペック

OS種類:Android 8.0
CPU:HUAWEI Kirin 659
CPUコア数:オクタコア
内蔵メモリ:ROM 32GB RAM 4GB
インターフェース:USB Type-C
外部メモリタイプ:microSDXCメモリーカード
外部メモリ最大容量:256GB
サイズ:幅x高さx厚み:71.2×148.6×7.4mm
重量:145g
画面解像度:2280×1080
パネル種類:TFT液晶
Bluetooth:Bluetooth 4.2
無線LAN規格:802.11 a/b/g/n/ac
背面カメラ画素数:約1600万画素 + 約200万画素
前面カメラ画素数:約1600万画素
スローモーション撮影:
複数レンズ:
認証機能:指紋/顔認証
デュアルSIM:

その他:デザリング・フラッシュ・GPS・ジャック対応・非防水

となっています。

 

HUAWEIがXperiaより劣っているもの

Xperiaより劣っているものとしては数字上の画素数+非防水+付属機能のみです。

  • カメラ画素数
    しかし画像解像度から分かる通り出力した画像はHUAWEIの方が綺麗です。これはカメラセンサーの違いと言われてますが画素数はスマホにおいてはあるレベルから関係なくなります。かつてのアップルの800万程度だった画素が一番きれいな理由はカメラセンサーのサイズと画素数のバランスが一番良いからだと言われてるのはこのためです。3000万画素数にするなら一眼レフ程度の大きさが必要ですので。
  • 非防水
    これはご存知海外製はアンドロイドもアップルも基本防水がありません。日本だけです。カバーで対応しましょうという考え方です。
  • 付属機能
    お財布やソニー会員しか入れないサービスなどです。非常にど~でも良い。
    これのせいで、削除出来ない要らないシステムアプリがめちゃくちゃ入っています。(プレイステーション/ソニーセレクト/Bookingホテル・プライム)などなどソニーと提携してるもの)

付属はむしろ邪魔なので、この2点くらいでしょうか。他は全てまさっています。
※ただしこのXperiaでしか出来ない機能が必要な人にとっては大切ですけどね。

HUAWEIがXperiaより優れているもの

ほぼ全てです。後発機種なので当然ですが。

■OS/CPU

OS種類:Android 8.0
CPU:HUAWEI Kirin 659
CPUコア数:オクタコア
内蔵メモリ:ROM 32GB RAM 4GB

CPUは不明ですがアンドロイドOSが8.0です。
Xperia J1 compactは4.4以降更新できない仕様になってます。それなら変えるしかないというシステムはどうなの?
メモリはHUAWEIがまさってますので同時に10個程度の処理が出来ます。

そんなこんなもこの辺はあと2年したらまたシーソーゲームのように抜いて抜かれてでしょうが、2年前のXperiaと比較してアプリ一つ一つの速度がサクサク倍速です。

 

■フェイス認証および指紋認証

アップル最新も採用してますが指紋認証やフェイス認証の場合、通常の電源ボタンや画面スライドロックが不要なので早い。

  • Xperia:電源→画面スライド→ホーム画面でしたが
  • HUAWAY:指タッチ(0.01秒くらい)→ホーム画面

素晴らしいです。

 

■シンプルイズベスト

プレインストールされてる無駄なアプリが無いので軽い。
画素数のみ数字上は少ないですがダブルカメラ搭載なので一眼のような演出が可能かつ、実際はXperia J1 compactよりも綺麗。

 

■インターフェースUSB Type-C

何気に超便利。毎日使用するので大切ですね♪
今後の世界基準はこれになっていきますが、ま~データ転送が早い。スマホの写真や動画をパソコンへ繋いでドラッグ&ドロップした時の速度は倍以上早くなります。
もちろん電流量も大きくなるので充電速度も速い。
上下向きもないのでアップルの充電もそうですよね。コード差し込みが一瞬でできます。

 

とま~書いては見ましたが、HUAWEIの方が2年ちょっと後機種なので優れてるのは当然なのですがもう一つ。

  • Xperia J1 compact:59.800円(当時)
  • HUAWEI P20 lite:27.000円(2018.12月時点)

この違いは大きいですね。

これが昨今HUAWEIスマホが一番費用対効果のあるスマホと言われている所以です。

ひろしぱぱ
これから宜しくねファーウェイさん★
なおXperiaは今後ブログ用のサブ写真機として活躍していきます!
根こそぎ元を取ろうとする姿勢(笑)有りと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です