IHクッキングヒーターの取り付け方|じじばばへプレゼント★

前に嫁さんのじじばばにプレゼントしたものですが取付方法が分からないという事で取付です♪

ビルトイン式のクッキングヒーターは一見やり方が分からないという人が多いようです。

取付工事なんて書いてあるからなおさら難しいイメージがあるのかもしれません。

ただし電気コンセントが無い場合に関しては電気工事が必要ですね。

置き型式と全く同じなのですがあのサイズピッタリ感が専用のイメージがあるようです。

プレゼントしたのはパナソニックのKZ-F32ASという機種です。

18年前の東芝のIHビルトインを使用してたのでだいぶ古くなってたからプレゼントしました。

当時は30万したそうですが、いまは4万円です(笑)。

時代ってすごいですね。

しかしひろぱぱ家はガスなのですが、IHは数十秒でお湯が沸騰するから良いですね。

じじばばも喜んでくれました♪

サイズのみを気を付けてください。

基本は規格サイズなので多少の誤差は心配無用です。

IHクッキングヒーターの取り外し方と取付方

当然古いのを取り外してからの新品作業になります。

まずは古いIHクッキングヒーターを外します。

パネルを外していきます。

機種によって違いますが基本構造は同じなので簡単です。
どこかにネジがありますので探してください。
上のパネルも外していきます。

ネジを外しますが、基本的にはビルトインIHコンロは置いているだけと思って大丈夫です。

ただ長年の汚れと油でゴム部分が引っ付いてなかなか剥がれませんのでマイナスドライバーなどでこそいでいきます。

外れました。うお~重い(笑)。ビルトイン式はピッタリサイズなので上手に上げます。
コンセントもあるので注意して下さい。

下にはコンセントがありますので気を付けて外します。

燃えないゴミでポイします。
市区町村のルールに従いましょう。

当然取付も簡単です♪
置いてコンセントにプラグを挿すだけです。
ビルトインはほぼ全部200V高火力なので既に古いのがついている人は心配ありませんが、新しく初めてビルトインIHに切り替える人なんかは200vコンセントをひっぱる電気工事が必要です。
新しいパナソニックのIHクッキングヒーターです。

ポンっと置いてコンセントを挿すだけ、ただそれだけです。

いや~綺麗♪
これは上面パネルなので子供がいてもある程度安全です。

しかしこれが4万円で買えるのは凄い時代になったものですね!

火力も凄い。

うちもガスから交換したいですがひろぱぱ家は賃貸なのでそれが出来ません。

なんという速さで沸騰するのだすご~★

じじばばほんとに喜んでくれました^^

これは楽天で一番売れているIHクッキングヒーターでした♪(2018.06)

実際これを使用してお湯を沸かしましたが小鍋なら30秒でお湯が沸騰します。

朝のコーヒー時とか正直ガスでは考えられない速さで羨ましい。

ひろぱぱ家はガスコンロなのでお湯だけの時はティファールの瞬間湯沸し器を使用しますがやはり200vのビルトインヒーターには絶対勝てません。

私も欲しいけど賃貸なので無理。じじばばい~な~まじで。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です