六輪台車スルーテナーの特徴と動き|四輪台車と六輪台車の違い

業務用の台車には、通常の四輪台車・カゴ台車・六輪台車・その他特殊台車などが有ります。

その中で今回は最も特殊ともいえる六輪台車を見てみます。

この台車にはそれ相応の特殊性があり、一般的な台車では出来ないことができます。

この台車を導入してからというもの四輪台車を使用しなくなるくらい便利な存在です。

※ただし、絶対に出来ない事として、”折り畳み出来ない”ということがあります。(一般的な台車はハンドルを折り畳めて車載可能)

 

六輪台車と通常の台車

六輪台車の特徴

一般的に使う台車とは違うので知らない人も多いと思いますので特徴を書いてみます。
六輪台車は常に六輪接地しているのではなく「四輪+二輪」というのが正確なイメージです。
だからといってカゴ台車ともまた異なる台車です。

 

特徴1:横幅(長さ)と奥行

基本的に六輪台車は”奥行幅”を細く作っているものが多いです。
そしてその分の量を増やす為、一般台車よりも”横幅長さ”が有るものが多いです。(選択可)
そして両サイドに手持ち柵が有る事により、縦方向での荷物を落とさず荷物を高く詰めるようになっています。

いわゆる細長です。

 

特徴2:移動方法と方向転換

六輪台車の移動特徴としては、”直進性”が強い事です。
方向を固定されている車輪は真ん中の車輪”です。なので方向転換する時は一度止まって、時計のように回転させて方向を転換させます。

 

特徴3:ロック機構

基本的には全てロック機構がついてますので、足で一発踏むだけで固定されます。
固定の場合は全てのキャスターがされるので回転すらしない完全固定です。
四輪のようなブレーキとは違いチェーン連結でしっかり止まります。

 

特徴4:耐荷重と安定性

基本的には耐荷重は通常の台車よりも強いです。
これは奥行幅が細いタイプが多いため、キャスター(車輪)同士が近いので重たい荷物に耐えれることができます。
一件見た目では軽いもの専用じゃないか?と思う人がいるかもしれませんが、逆です。

六輪台車の特徴と仕組み

六輪台車も基本原理は4輪台車です。

  • 【積み荷が軽い時】基本的には六輪ありますが、荷物が軽い時は車輪が地面に対して4輪接地となります。
    軽い場合は方向転換がサクサクでき、かなりの回転小回りが利きます。
  • 【積み荷が重い時】荷物がかなり重い時は、地面に対して車輪6輪とも引っ付きます。
    重たい場合は台座はしなって6輪とも地面に引っ付き安定します。その分回転も重くなります。

上記特徴が活かされた「最大の特徴」として、六輪台車の基本は四輪台車+2輪です。
つまり四輪台車に加えて軽い方のキャスターが浮いているので、普通の台車より段差スロープを上がりやすいという特徴もあります。

 

特徴5:ネスティング

パレットを上げる事ができます。
コンパクト収納で場所をとらないように大量収納できます。
6輪中央部の固定輪が接地から外れ、4輪自在となってネスティングが可能になる考えられた台車です。

この辺はカゴ台車とそっくりです。

六輪台車の使い方

特徴を生かした使い方の定番として、奥行幅が狭いため、ほぼどんな扉も重量物を積んで移動できます。
通常の台車では入れない幅の場所を通る事が出来ます。

また、陳列棚の真ん中を移動して両サイドから荷物を積み下ろしすることも可能です。

作業場が大きい幅の場合、正直どの台車でも簡単に荷物の移動と運搬が出来ますよね。
【左:六輪】 【右:四輪】

但し、日本の一般的ドア規格サイズの73センチ幅などとなると大量に荷物を積める四輪台車はありません。
六輪台車最大の特徴の、大容量小回りが活きる一番のメリットとなります。
※400kgの荷物を積載して、この細い規格サイズドアを移動できるのは六輪台車以外ないでしょう。

室内であれスロープがあれば可能です。

 

六輪台車の王様はこれ

六輪台車の製造会社は四輪台車と比べて圧倒的に少ないです。
台車を折りたたんで車載するという持ち運びの必要が無い場合、正直四輪台車よりも便利です。
かつ重量物が有る場合は6輪で安定するのでなおさらです。

メジャー六輪台車の一般耐荷重は”300kg”です。
いわゆる一般台車でいう大型サイズの耐荷重を標準で持っています。

しかしヤマトインダストリーの六輪台車に関しては、業界唯一”400kg”まで耐荷重があります。

私も使うまではこんなに便利な台車があるのか!?と思った位ですので実際に使用しないと分からない事もあります。

 

●スルーテナー SRC3

中間棚は付いてませんのでご注意下さい。中間棚を使用すると荷物が積めるのみではなく強度もあがります。

TRUSCO ヤマトスルーテナー SRC3

TRUSCO ヤマトスルーテナー SRC3

30,413円(07/23 17:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

●スルーテナー SRC3用付属品

更に便利に使用するには付属も有ります。

 

六輪台車ヤマトスルーテナーSRC3の動画

スルーテナーに限らず六輪台車は機能面に関しては、どのメーカーも基本ほぼ共通です。
ただし、耐荷重に関しては上記台車が最耐荷重400kgで一番頑丈となります。

 

ひろしぱぱ
これは使用した人にしか分からないものがありますが頑丈かつ便利性もかなり高いです。
能力自体も四輪台車を覆すものが有ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です