初めての溶接体験記|溶接機HITBOX-AT2000

溶接機や溶接グッズを揃えてから電気工事してなかったので時間が空きましたが先日初めての溶接体験をしました。

見た事も触ったこともないものですが、ユーチューブだけで脳内イメトレだけは出来てました(苦笑)^^;

結論からいうととても難しい。。。

使用したのは、プロの人に教えて頂いた激安機種HITBOX-AT2000という機種ですが使い勝手はパワーも有りすぎなくらいあり、初心者でも使いやすいものでした。

ただ調整をいまいち把握出来てなかったため、パワーがありあ過ぎるので最初調整が全く分からず、溶接物の板の厚みなど考えず瞬間で穴を開けたりしてました^^;

初めて溶接機に電源を入れて、アースも繋いで、溶接棒挟んで、チョンっと触った瞬間です。
ちょっと怖くて手が震えてへっぴり腰なんです。。。

 

どうしてもマッハで造りたいものがあったのでそれだけ練習無しでぶっつけ本番で作業しましたのがこちらです。

ひろしバイクどっとこむ

バイクサイドスタンドに下駄履かせ高さ調整|初溶接編

そこでこれは練習がいるな(当たり前ですが)と思ったので毎日溶接棒1本練習していこうと思います。
これが生業ではないので物を売るつもりも微塵も無いので、見た目はどうでも良いのですが安全に自分が使う上できちんと溶接繋ぎが出来るようにはなりたいのでそのレベルでこなしていこうと思います。

 

溶接体験記

まず最初に全て200vでの設定です。
生まれて初めての溶接棒を持ってチャレンジです。

初日

プラスとマイナスの付け根の挿し方も分かりませんでした(;’∀’)。
ユーチューブの海外で同じ機種の人のを参考にしながら見様見真似で取付できました。

190A:チョン付けしただけで穴が開きました。
角パイプの板圧が1.2mm程度しかないのにMAXパワーでしました。
ブレーカーは落ちませんでしたが5秒程度で一旦止まってしまいます。

角パイプの板圧が1.2mm程度しかないのにMAXパワーの190Aでしました。
溶接棒の方の説明書を見ると2~3mmの場合は30-50Aと書いてる事に気づく。。。(;’∀’)

スピード・回し方など程度は全く分からず溶けていく棒に慌てながらついていくのがやっと。
溶け込んですらいないようですが、それすらはっきりとは私には分かりません。
私からすると溶けとるやん位の気持ちです。本職の人と素人目の”溶ける”の意味は全く違うそうです。

いや、溶けとるやん。ボソ(;’∀’)ボソ
※所謂、プロの”溶接出来ている”と、素人の”引っ付いている”は全く意味が違うとの事です。

 

2日目

朝の10分を利用して毎日1本溶け込ます練習をしたいなと思い開始。
60A:開始、初日となんら大差なく終了。
素人目にも表面に盛った部分に盛ってるだけのように見えます。

一つ成長したのが震えなくなりました^^;💦油断しないように安全第一でいきます。

 

3日目

70A:開始。昨日より深く溶けるようになりました。
なんとか穴は開いておらず。震え無し。

 

5日目

今日はバイクのフロントキャリアの溶接にチャレンジ。
100A:開始。(T0T)ガ~ン
空いちゃいけない所に穴が空く。。。パテで埋めます。。
厚さの異なる金属同士の難しさにも遭遇。先は長そうです。

 

闘いはつづく

ひろしぱぱ
最初は手汗や震えあがりました><!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です